2003年5月5日 モーニング娘。 NON STOP! さいたまスーパーアリーナ

今日は、モーニング娘。コンサートツアー2003春NON STOP!最終公演を見にさいたまスーパーアリーナまで行って来ました。なんといっても保田圭の卒業公演なのでチケット外れたりするかなぁと思っていたらあっさり取れました。ただ200レベル21列というとてもS席とは思えない席でしたが・・・
去年は早く行き過ぎて暇になったのですが、懲りずに今回も早めに家を出てしまいました。さいたま新都心駅に着くとすでに駅前はモーヲタでいっぱいでした。ザ☆ピ〜ス!の金ぴかの衣装を着てる女の人とか、男のくせにタンポポの王子様と雪の夜の時の黄色い衣装を着てるイタい人もました。なかなかみなさん気合いが入っているようで。
まずはグッズを買いに行ったのですが、タイミングが良かったのか空いていてサクサク買えました。っていうか買いすぎです。またうちわが増えました。
席に着くとステージの遠さに愕然としてしまいました。真正面のスタンド席だったのですが、ほんっとに遠いです。席に角度はついてるし真正面のでステージはよく見えることには見えますが。
そういえば、斜め前の方の席にお相撲さん二人組がいました。お相撲さんにあの席は狭いだろうなぁ。
さて、暇な時間は「ブラックジャックによろしく」を読んで落ち込んだりしながら(何やってんだか・・・)時間を潰して、6:30を10分くらい過ぎたところでようやく開始です。会場が暗くなると客席中でサイリウムが綺麗に光ります。今回のツアーは空席の目立つ回もあったようですがさすがに最終は埋まってました。500レベル(5階席)まで光ってます。
・AS FOR ONE DAY
まずは最新曲からです。メンバーがステージに出てきたのですが誰が誰だかなんてさっぱりわかりません。これから2時間ほぼスクリーンを見て過ごす羽目になりました。
・TOP!
アルバム「No.5」からメンバーの名前を順々に呼んでいくちょっと面白い曲です。この曲の後、リーダーがちょこっと挨拶。
・「すっごい仲間」
同じくアルバム曲会場全体なかなかの盛り上がり、会場全体が見渡せるのは後ろの席のいいところです。
MC
メンバーひとりひとりが挨拶。石川と高橋の”押忍!”はまあ面白かったかな。でもやっぱり自然に挨拶して欲しいなぁ。
・モーニング娘。のひょっこりひょうたん島
保田の挨拶での振りからやぐちの台詞が入ってこの曲がスタートです。この曲はコンサートでやらなくても良いと思いません?
・恋愛レボリューション21
そして恋レボへ、これは文句なしに盛り上がりますね。右斜め前にいた静かそうな兄ちゃんもこの曲だけは乗ってました。で「TELL ME TELL ME」の時にサイリウムを合わせて開くっていう振りはやらないんですか?なんか周りの人やってなかったなぁ。
・強気で行こうぜ!
これもアルバム曲です。今回のアルバムはノリの良い曲が多いので良いかも知れません。
この曲の後、次はユニットメドレーです。と言って娘。は一度退場です。
・ズルい女 ココナッツ娘。
シャ乱Qのズルい女の英語バージョンです。”BYE BYE”以外は何を言ってるのか良くわかりませんでした。
新曲作ってあげるか無理に歌わせないかのどちらかが良いのでは無いでしょうか・・・
・初めてのハッピーバースディ! カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)
カン梨華ですが、デビュー曲でした。最近のよりこの方が良いですね。新メンも入ったしそろそろ新曲を出すのでしょうか。
・ オサヴリオ 飯田圭織
飯田のソロです。アルバム買ってないので初めて聞きましたが落ち着いた雰囲気で良かったです。綺麗でした。
・WOW WOW WOW プッチモニ
なぜかCDが発売されないこの曲です。盛り上がれるし良いと思うんですけどね。小川ががんばってるなぁと感じました。
・ ロックンロール県庁所在地 ミニモニ。
新生ミニモニ。です。”札幌ラーメン”、”笹かま笹かま”、”わんこそばわんこそば”のあたりは客席も一緒に歌ってました。ああ、やぐちがミニモニ。にいないぃ〜

ここでユニットメドレーは終わりです。タンポポ無いなと思ったらメロン記念日は後藤真希のコンサートに出てるから柴田がいないわけですね。そりゃ無理だ。
VTR
娘。の衣装替え&休憩時間でしょうか、VTRで娘。のジャンケン大会 が流されました。トーナメントで行われて、新垣が優勝してました。
・LOVEマシーン
ここで娘。再登場です。LOVEマシーンです。やっぱりこの曲は外せないですよね。他の曲より一段階上の盛り上がりを見せるかなと思ったらそうでも無かったので意外でした。いや、Wow!x4,Yeah!x4のところとか十分に盛り上がってはいるんですけどね。私の周りの人達がそうだっただけなのかなぁ。
・ 「すごく好きなのに・・・ね」
アルバム曲です。片想いの女の子を歌ったミドルテンポの曲です。
・YES! POKCY GIRLS
ポッキーのCM曲です。ポッキーガールズの9人が元気に歌ってくれました。
MC
今度はビーナスムースの3人が登場です。飯田、よっすぃーがボケ、やぐちがツッコミ役でセクシーについて漫才というかコントをやりました。途中、飯田が娘。の人数を11人と言い間違って、「12人ね。」とやぐちに突っ込まれたのはマジボケぽかったです。(^_^;
コントのネタ自体は別に面白くなかったですが、やぐちが「集合!」と言って3人がそろった時に飯田、やぐち、よっすぃーの順番に縦に並んでやぐちが埋もれてしまって「見えない!」とやったところはうけました。やぐちはコントとかやらせるとうまいですよね。特にツッコミが。
・女神〜Mousseな優しさ〜
そして、ムースポッキーのCM曲です。この曲は良いです。飯田、やぐちが居てどことなくタンポポっぽい雰囲気ですし。娘。にはこういうのも歌って欲しいですね。
MC
今度はポッキーガールズの9人で石川が司会でメンバーの意識調査というのをやりました。それぞれにスイッチを押すと光るランプが渡され、質問にYESならスイッチを押すというものでした。保田が「普段、私をオバチャンと呼んでるけど本人の居ないところでもそう呼んでる人」と質問、2人くらい除いてスイッチオン。次に辻が「私はいつも移動の時とかいつも誰かと、特になっちと手を繋いでるけど、べたべたするなって思ってる人」と質問。なっちだけスイッチオン、最後に新垣が「まゆげビームは日本では流行ってますが世界では通用しないと思う人」と質問、当然みんなスイッチオンで”FEVER”となって終わりでした。
・・・もう、まゆげビームはやめようよ。
・そうだ!We're ALIVE
全員登場でこの曲です。会場もボルテージも急上昇です。私の周りもかなり盛り上がってました。ラブマや恋レボ以上に感じました。
・I WISH
次にI WISHだったのですが前曲の終わりから繋がって入るアレンジで途中からでした。この曲はフルにやって欲しかったです。
・ザ☆ピ〜ス!
やはり、コンサートで一番盛り上がるのはこの曲ですね。スクリーンにも"Yeah!","Peace"などかけ声のタイミングには文字が出てました。
・ここにいるぜぇ!
なっちが最後の曲です。といってこの曲でとりあえずは終了です。前曲からの勢いが続きます。CDで聞くよりコンサートの方が良く感じる曲です。

そして、娘。は退場。これからアンコールです。というかこの公演に関してはこれからが本番です。
後藤卒業コンサートの時のタンポポ祭りと同じように会場中を赤いサイリウムで埋め尽くそうという運動がネット上でありました。
二番煎じだとかなんとか言われてもいましたが、ファンの保田を気持ち良く送り出してあげたいと思いは同じだったようで、徐々に会場中が赤く染まっていきます。となりの女の子達は”何これ、真っ赤でなんかこわーい”とか言ってました。確かにタンポポ祭りの黄色に比べれば発色も弱かったですが、綺麗なものでした。完全に真っ赤とは行きませんでしたが7割程度は赤かったと思います。
この時は席が後ろで良かったと思いました。タンポポ祭りのタンポポ畑に勝るとも劣らない美しさだったと思います。今回は私も赤いサイリュム用意できましたしね。そして会場中”圭ちゃん”コールです。私も大声と思ったものの周りがあまり声が出ていなかったのでちょっとやりにくかったです。(^_^;

そんな中、娘。再登場です。さらに会場中から盛大な”圭ちゃん”コールです。真っ赤な会場を見てまず、飯田が「圭ちゃん、真っ赤だよ。」、なっちも「みんなの愛がいっぱいだ」と言って、飯田かやぐちが「圭ちゃん、赤好きだもんね。」と赤いサイリュムの意味をフォロー、その後、なっちがみんなの挨拶の前にしゃべったのですが、泣けてしまってなかなか言葉が出てきません。保田も泣いてます。なっちがここでそんなに泣いてしまうとは思ってもいなかったので、私もその姿にはジーンときました。
メンバーひとりひとりの挨拶の中でも加護やよっすぃーが”赤”にふれてくれました。よっすぃーの”レッドの炎に火がついたぜ”ってアドリブは良かったです。全員の挨拶が終わった後、なっちの「みんなも一緒に歌ってね」という振りで「卒業旅行」です。
・卒業旅行〜モーニング娘。旅立つ人に贈る唄〜
保田、やぐち、石川で行った温泉旅行を元ネタにしてつんくが作ったという保田に捧げる曲です。アルバムの中では一番好きな曲です。娘。たちは半分泣きながらもしっかり歌ってました。
その後、保田が招き入れて、6期メンの登場です。田中れいなは「モーニング娘。で一番になれるようにがんばります。」道重さゆみは「先輩達と同じステージ立てて嬉しいです。ハイテンションで歌います。」亀井絵里は「野球でいうところの新人王を取れるようにがんばります。」と挨拶、最後は藤本美貴でしたが、当然ひとりだけ満面の笑みでステージ慣れした挨拶で一緒に出てくるのもなんか違和感がありました。そして16人でDINです。
・Do it! Now
最後の16人での曲です。んが、16人は多すぎるってことを確認するために歌ったようなものでした。やはり2分割が妥当だと思わせてくれました。6期メンの踊りがどうだとかはさっぱりわかりませんでした。
曲の後、保田がファンに向けて「1998年5月にモーニング娘。に入ってからの5年間は私にとって大切な5年間でした。ほんとに妹のようなメンバー達、お父さんのように見守ってくれたつんくさん、裏から支えてくれたスタッフ、そしてずっと変わらず声援を送ってくれた仲間(ファンのこと)。ほんとうにありがとうございました。」と挨拶をしてくれました。
その後、リーダーの飯田が保田に花束を渡して、「メンバーひとりひとりからメッセージがあるから」と言って藤本から順番にメッセージを伝えました。藤本はなんて話したか忘れましたが、そこに涙などあるわけはなくサバサバとしていました。逆に泣いてたりしたらウソくさくて嫌だったのでこれで良いと思います。
他の6期メンは「今度踊りを教えて下さい。」「一緒にお弁当を食べて下さい。」とか言ってました。踊りを教えて下さいと言った時の保田の返し「私ので良ければ」にはうけました。やるな圭ちゃん。
新垣は「一緒に温泉旅行行って、卓球してください。」と言い、紺野はなんと言ったかちゃんと覚えてませんが、ボロボロ泣いてました。この紺野あたりからこちらも見ていてもらい泣きしそうになってきました。
次に小川は「辛いときとかいつも相談に乗ってくれて・・・」というような事を言って言葉に詰まり、何とか「今度二人でデートしましょうね。」と言いました。
高橋は喉を潰してしまったようでガラガラ声で「オバチャン・・・卒業おめでとうございます。」と言ったところその声に驚いたのか保田が「なんだ、てってけてー」と頭をなでました。その後なんとか「保田さんにはコンサートの楽しみ方を教えてもらいました。」と言ったものの、泣き崩れてしまいました。それを保田が「ほら、立って!」と言って手を握って立たせてました。この姿を見て、改めて保田の暖かさ、存在の大きさを感じました。
そして、加護は「たぶん無理だと思うけど、卒業しないで欲しい」と言ってしまいました。これは本心だったのでしょうね。こちらも、もうもらい泣きです。保田も涙をぬぐっていました。故郷を離れて暮らす加護にとっての保田は母親のような存在だったのかも知れませんね。
辻も涙でボロボロです。なんとか「ケメちゃんには相談とか乗ってもらってばっかりだったけど、これからはののが相談に乗るからね」と言いました。
普段はサバサバしているよっすぃーもさすがに泣いていて、「圭ちゃんにはいろいろ教えてもらって、時々臭い時もあったけど」というと、保田が「においじゃないよ。」とすかさずツッコミ、よっすぃーは「熱くてクサいってこと」と言ってちょっと笑い涙を拭き「よしこはそんな圭ちゃんが大好きでした」と言って抱き合いました。
石川は保田の手を握りながら「いつもオバチャンオバチャンって言ってたけど、本当は素敵なお姉さんでした」と言っていました。
やぐちはかなり泣いてしまうのではないかと思いましたが、保田と笑顔でハイタッチを交わすと、「卒業おめでとう。お互いがんばっていこうね。」とだけ言いました。これ以上話すと泣いてしまうからかも知れません。
なっちは「つらいこととかさ、一緒にやらないとさ、わからないこととかさ、いっぱいあったけどさ・・・」と言う感じで泣くのを堪えて途切れ途切れに話してくれました。
最後に詳しく覚えてないのですが、飯田は「リーダーになってどうしていいかわからないときに圭ちゃんには助けられたよ。」というようなことを話していました。そして、最後、保田が「この5年間でほんとうに素敵な仲間がたくさんできました。ありがとー。」と言って、なっちの「モーニング娘。の卒業のテーマ曲です。」という紹介でほんとにラストの曲です。
・Never Forget
最後はこの曲を保田がきちんと歌ってくれました。各期毎に固まっていて、そこを順々に保田が歩いていくという演出は各期ごとに表情やリアクションに違いが見えて良かったです。この曲は良い曲ですねぇ。感動的でした。
そして”圭ちゃん”コールの中、階段から退場していきました。退場した後も”圭ちゃん”コールは続きましたが、あっという間に照明をつけられ、係員の誘導が始まりました。前の時の何十分も続いた”ごっちん”コールに懲りたのか主催者側の素早い行動で余韻も何もあったものじゃなかったです。
 とにかく最後のアンコール以降は本当に素晴らしく感動的でした。メンバーひとりひとりのコメントも「今度一緒に〜してください。」とかいうのは全部決められているものなんでしょうけど、それ以外に本当の気持ちが伝わって来たと思いますし、各メンバー、特に5期メンや加護辻はマジ泣きだったと思います。保田がそれだけメンバーに慕われていたかも改めて感じることが出来ましたし、正直なところ後藤卒業コンサートより感動しました。泣けました。今回のコンサートは参加して正解だったと思います。モーヲタやってて良かったなと思いました。自分の学校の卒業なんて全く感動しなかったのに。(笑)
ただ、6期メンを出すタイミングは悪かったと思います。卒業旅行からネバフォゲはそのまま繋いで欲しかったです。無理矢理16人で一曲歌う必要は無かったと思います。藤本はその中でもさすがの存在感を放ってましたが、あの場ではその存在感をふてぶてしいと感じた人達も多かったようです。
”保田圭の卒業”というイベントとしては大成功だったとは思いますがそれ以外の部分では、なぜ曲はテレビサイズなのか、相変わらずお決まりのMCはなんとかならないのか、あのVTRはちょっと・・・など言いたい事もあります。卒業や新メン追加などの特殊なイベントに頼らずにコンサート全体のレベルを上げるようにして欲しいです。(娘。のパフォーマンスに文句があるわけではなく、企画、構成という意味で。)
コンサートが終わった後の虚脱感はなんなのでしょうね。特に今回は何か一区切りついたなと感じちゃいました。

※相変わらずメンバーの名前の表記が名字だったり愛称だったりごちゃごちゃですいません。記憶違い等も多々あるかもしれません。

戻る