2003年9月14日 後藤真希 セクシー!マッキングGOLD 東京厚生年金会館

今日は後藤真希、秋のコンサートツアー”セクシー!マッキングGOLD”を見に(騒ぎに?)新宿厚生年金会館まで行って来ました。
厚生年金会館は初でした。新宿からは遠そうなので、丸ノ内線で新宿三丁目まで行って降りたものの・・・、”??”、さすが地下鉄、自分の位置と方向が良くわかりません。とりあえず地図を見て、伊勢丹のところから地上に出て歩いて行きました。いやぁほんとずっと東京に住んでるくせに新宿苦手なんですよねぇ、情けない。
で、会場につくとちょうど開場の時間くらいでしたので、列に並んで入場、グッズ売り場でパンフ、写真を買って席に着きました。席は6列目でほぼど真ん中。ステージから最前列はそれなりに距離がありますが、それでも6列目なら十分近いです。
2時開演なのですがなかなか始まらず15分ちょい過ぎてやっと暗くなって幕が開きスタートです。
・愛のバカやろう
スクリーンにごっちんの小さい時からの写真が映し出されます。そして「愛のバカやろう」の前奏が始まってごっちんのシルエットがスクリーンに映りました。そして歌い出しの瞬間、ステージが照らされると、シルエットに代わるようにごっちんが赤い衣装で登場です。開場中大歓声です。
春のツアーではラストに持ってきたソロデビュー曲を今回は頭に持ってきてました。初めから開場はかなりのテンションです。
・やる気!IT'S EASY
そこからまたノリの良い曲に繋ぎます。この構成はいきなり客の心を掴みますねぇ。出し惜しみ無しって感じです。
MC
ここで挨拶程度のMCです。(だったと思います。いまいち記憶が・・・)
・溢れちゃう...BE IN LOVE
次は2ndシングルです。ここでステージ上でごっちんがムーンウォークをしていたのですが、仕掛けがあってステージ中央にターンテーブルがあってそれを回してその上でムーンウォークをしているようでした。この仕掛けは上に上がる様になっていました。なかなか凝ってます。
・晴れた日のマリーン
ここでアルバムから「Have a good day!」というおっさんのかけ声から始まる、やはりノリの良い曲です。「フッフー」「ワオワオ」は会場中の声が揃います。この曲を歌うときのごっちんの声がかわいいです。というより実はごっちんはこういうかわいい感じで歌う曲の方が声にあってるように思います。
絵日記
ここで春コンでもあった絵日記です。目覚ましの音で目覚めるごっちん、「うわー寝坊した、遅刻だー、お母さんなんで起こしてくれなかったのぉ」というけど日めくりカレンダーを見たら日曜日。そこで外でひなたぼっこ。
すると自転車に二人乗りしたカップルが通りかかる。ごっちんは「自転車かぁ、そうだ自転車を借りに行こう。」と言って自転車を借りに。
係のおじさんに「自転車貸してください。」頷くおじさん。気持ちよく走り出したように見えたごっちんだけど、下を見るとなんと三輪車。おじさんに「タイヤ3つもいらない。」と文句を言う。再び頷くおじさん。
走り出したけど、今度は・・・一輪車。また借り直し。そしたら次は大人数で乗る自転車(ドロンボーが逃げるときみたいな奴。)。そして最後はまともな自転車を借りられた。と思ったら、ミカン箱で作ったサイドカー付きでそこにはレンタル屋のおっさんが・・・「ごっちんぱーんち」で吹っ飛ばされ、キラーンと星になるおっさん。
となったところでごっちんが自転車に乗ってステージに登場です。
・特等席
自転車と言えばこの曲3rdシングルのカップリングで、これまたかわいらしい曲です。自転車に乗って、気になる野球部の同級生の練習を見に行くという内容の曲です。スクリーンには絵日記の続きで歌の内容が展開されていました。最後の台詞も生で言ってくれて良い感じでした。
・手を握って歩きたい
そして3rdシングルへと繋ぎます。春のような会場大合唱という演出はありませんでしたが、すごく盛り上がります。「晴れた日のマリーン」からかわいらしい雰囲気の曲が続きます。ごっちんは激しい曲もきちんと歌いますが、こういう曲を楽しげに歌う姿も良いですね。
MC
今回のコンサートで一番長いMCが入ります。
まずはごっちんが最近はまっているお茶の話をしていました。今朝もお茶を入れていたらお母さんが欲しそうに見ているので、半分あげました。会場に来る途中で飲もうと思ったら水筒に付いているストローを吸っても吸っても出てきません。仕方ないので楽屋に着いてから飲もうと思ったら車に忘れて来ちゃいました・・・という話でした。
ステージ上には1つと4つの椅子が用意されました。ごっちんの部屋という設定の様です。そこにごっちんが行って、「部屋に帰ってきたから電気をつけよう、ポチッとな」と言って電気をつけて、「クローゼットに洋服をしまいましょと」と言って衣装替えです。するとそこにメロン記念日が訪ねてきます。「9/10に新曲「MI DA RA摩天楼」をリリースするメロン記念日の皆さんじゃないですか。」とごっちん。すると「8/27発売の「抱いてよ!PLEASE GO ON」が好評なごっちんじゃないですか。」と柴田が返します。(笑)
4人を招き入れて、ごっちんが普通か変わっているかという話題に。お風呂でどこから洗うかということで普通かどうか判断することに。ごっちんは最近足から洗うとのこと。するとメロンが変わってると言って、17才の女の子100人に聞きましたというデータをスクリーンに映します。すると、足と答えたのはその他の4%だけでした。
今度はメロンのメンバーに聞いた結果がスクリーンに、村田めぐみ・・・うなじ、柴田あゆみ・・・うで、大谷雅恵・・・へそ、斉藤瞳・・・て・く・び(ハート)となってます。ボスに言わせるとこのハートマークが大事だそうで。でメロンのメンバーもやっぱり変わってるなという話です。
次に、せっかくの良い天気なので楽しいところに行きましょう。と言ってごっちんがメロンのみんなを誘い出します。「大谷さん電気消してください。」とごっちんが言って大谷が「ポチッとな」と電気を消すとステージが真っ暗になります。5人は懐中電灯を持ってステージ上を歩きます。するとどこでもドアの様な扉がいつの間にか置いてありました。「ここです。」とごっちんがその扉を開きます。
・未来の扉
ここで意外な曲です。初期からの娘。ファンなら扉を見た時点でわかったのかも知れません。娘。の1stアルバム「First Time」に収録されている曲を5人で歌います。
こういう演出って良いですよね。ある意味ファンしか楽しめない一見さんお断り的なものがあるかも知れませんがファンからすれば大喜びです。私はその当時はまだファンで無かったんですけどね。(アルバムは持ってるので曲は知ってました。)
ごっちんが「大好きな曲をメロン記念日さんと歌えて嬉しかったです。」と言ってメロン記念日に繋ぎます。
・MI DA RA 摩天楼
まずは新曲からです。前回の「チャンスofLOVE」の流れを引き継いだ大人な曲です。今、ハロプロで大人なセクシーな曲を自然に歌えるのはメロン記念日しか無いですね。さまざまなユニット改変、乱造の中で全くてを加えられずに残っているだけのことはあります。
メロンファンも相当数いるのでかなり盛り上がります。(かく言う私もサイリウムの1本は緑にしてました。)
・チャンス of LOVE
軽い挨拶のMCの後はこの曲です。これもムーディー(?)な曲です。”チャンス of LOVE”のところは会場中が声を出します。
・This is 運命
そして最後はノリの良い曲、メロン躍進の足がかりとも言える曲です。♪ジャジャジャン、ジャジャジャン、ジャジャジャジャーンと始まると会場はすごい熱気です。メロンファン恐るべし。ごっちんを見に来たのかメロンを見に来たのかって感じです。(両方か・・・そうですね。私もそうです。)
ここでもターンテーブルが持ち上がる仕掛けが使われていました。
今回のコンサートでこの曲のノリ方を覚えられました。(笑) でも出来れば「赤いフリージア」も聞きたかったです。
・うわさのSEXY GUY
さあ、後半戦スタートです。ステージ真ん中からポーンと黒いコートを着たごっちんが登場です。さっきまでメロンで大盛り上がりだった会場が今度は一気にごっちんで盛り上がります。この曲、初めて羽付き衣装を見たときに引いてしまいましたがコンサートだと盛り上がる良い曲だと思います。
・SHALL WE LOVE?
コートを脱ぎ捨てて、銀色だったか金色だったかのきらきらした衣装になりました。ごまっとうの曲ですが、ごっちん、あややとソロコンサートで歌ってますね。(ミキティも歌いましたがもう単独コンサートは無さそうなので・・・)
嫌いな曲じゃないですけど、ソロで歌う必要無いと思うんですよねぇ。ごまっとうはまたやりますよって事でしょうか?
・くちづけのその後
その後はちょっと静かな曲でした。これも意外な曲です。ごっちんコンは意外性があって良いです。この曲は娘。の3rdアルバム「3rdLOVEパラダイス」に収録されています。ほんとに久しぶりに聞きましたけど良い曲です。
この曲の後、短いMCが入ってごっちんが「この曲は大好きで今でも寝る前とかに聞いてます。後藤がモーニング娘。に入って初めてレコーディングしたアルバムの曲です。当時はまだ14歳で良くわからなくて大人っぽい曲だなと思ったけど、歌詞をよく見るとかわいい曲だなと思いました。その曲をこうしてソロライブでみんなの前で歌えて嬉しいです。」というようなことを言ってくれました。くぅ〜、泣かせるぜごっちん。
「パパに似てる彼」もそうでしたけどこういう女の子の自然な気持ちを歌った曲がごっちんは好きなんですね。良い曲を提供してあげてよ。>つんく
・盛り上がるしかないでしょ!
そして雰囲気は一転、アルバムからタイトル通り盛り上がる曲です。♪”HEY!HEY!どうだ 気にせずDO DA”は大合唱ですし、”GO UP!”のところはところはジャンプです。サイリウムも高速で振りっぱなしでマジで疲れる曲です。 
・抱いてよ!PLEASE GO ON
そして、「ラスト行くよー。」のかけ声で最新曲です。前曲からこの曲への繋ぎは、「おーいごっちん、俺等を殺すきかい!」 って感じで盛り上がりっぱなしです。ステージが真っ暗になってフラッシュがババッと照らします。その中でごっちんのシルエットが激しく踊り歌います。この曲も良いんですけど、間奏のラップがなぁ。
そして一度退場です。
アンコール
ごっちんコールが響きます。その中、再び照明がついて「アンコールありがとう。」と言ってごっちんが出てきます。
・LIKE A GAME
ここで2ndシングルのカップリング、春コンではメロンと共に格好いいダンスを披露してくれたこの曲です。
メロンも出てきて、ごっちんはターンテーブルで上に上がりながら歌い、踊ります。今回も激しいダンスを見せてくれました。
そして「もう一度メロン記念日に大きな拍手を〜」とごっちんが言ってメロンはここで退場です。
その後はラストのMCです。「今日はすごく楽しかった。最高だったよね?」会場はウォーと反応。「秋のコンサートツアーが決まったとき、春よりだめじゃんと言われないようにがんばろうと思いました。」というような事を言うと会場は拍手です。ごっちんコールがあちこちから飛びます。私が「ごっちんサイコー」と言ったときにちょうどごっちんが「ありがとう。」と言ったのは偶然ですが、自分に答えてくれたと勘違いしておきます。(^_^;
「モーニング娘。を卒業してソロになって約1年、いろんなことがありました。ハロプロコンサート、ソロコンサート、ミュージカル。この一年成長してきたと思いますけど、ひとりで成長してきたわけではなくてこうしていつもファンのみんなが一緒にいてくれたからです。こうしてコンサートでみんなと身近に会えて嬉しいです。これからも後藤を見守ってくださいねぇ。」 てな感じのMCでラストに繋ぎます。
・スクランブル
映画の主題歌にもなっている曲で締めです。「LOVEラブリーごっちん」のかけ声を入れるところがあるんですけどあれはいまいちあってないような気がします。
この時は会場の方がライトに照らされていてステージ上からは客の顔がよく見えたと思います。ごっちんも客席のあちこちに目線をやって手を振ります。ステージ上から顔を見られるのはこっ恥ずかしい気もしますが、ファンを身近に感じたいと思ってくれるごっちんらしい演出だと思います。
曲が終わり、「また会いに来てねぇ。後藤真希でした。」と言いながら、ステージの真ん中からごっちんが下がって行きます。
その後客出しの時もスクランブルが流れ続けたのでファンの声援はちっとも終わりませんでした。(笑)

ということで今回も大満足のコンサートでした。終わったらTシャツが汗でぐしょぐしょでしたよ。春も素晴らしいと思いましたが、本人も言っていたようにそれを超えるパフォーマンスだったと思います。何よりごっちんが本当に楽しそうにしてくれているのが良いです。営業スマイルで無くて本気の笑顔、ファンに対する煽りがあると思うのでこちらも楽しくなります。メロン記念日も当然素晴らしいです。特にボスの笑顔の振り撒き方はハロプロ随一ですね。
そして演出、曲の構成などを見るとスタッフも方々も良いものを、前回と違うものを作ろうと思ってやってくれているんだと思います。それは凝った作りのパンフレットにも現れていると思います。
正直なところ私はモーニング娘。にいるときのごっちんは取り立てて大ファンというわけでも無く普通に感じてました。しかし、春のコンサート、今回のコンサートと参加してその実力を見ると、やっぱりすごかったんだと感じましたし、すっかりファンになってしまいました。
ある程度狭い会場で、わかっているファンばかりという状態だからこその盛り上がりであり、ある意味”閉じて”しまっているという懸念はありますが、思いの外、小さな女の子なんかもいたし支持が広がるといいなと思います。
盛り上がるヲタの中で一般の方が恐怖を感じてしまってもう来たくないって思ってしまったら終わりですが。(^_^;

戻る