2003年11月22日 ハロー!プロジェクト スポーツフェスティバル2003 東京ドーム

チケット

今日は「ハロー!プロジェクトスポーツフェスティバル2003in東京ドーム」を見に、闘強導夢・・・じゃなくて東京ドームに行ってきました。ドームに行くのは馬場さんの三回忌記念興行以来なので2年半ぶりくらいになるでしょうか。
土曜日の水道橋は場外馬券場もあってただでさえ混んでいるので、駅から出た瞬間にもう混んでいて、橋の上は人がギュウギュウです。開演1時間前くらいについたのでグッズ売り場に行ってみたのですが、すごい列で1時間半くらいかかります。というので諦めました。さすがドーム。
で、とりあえず入場すると、やはり中でもグッズは売っていて、たいして混んでいなかったのでパンフは確保できました。
席に着くと39列目なのでかなり後ろでしたが通路側だったのはラッキーでした。隣の席にはやたらと荷物が置いてあって、すごいなぁと思っていたら、そこの人がやってきました。
体格が良くて、歳は20代前半って感じでしょうか。「荷物まとめます。」とか言ってまとめはじめました。それは別に良かったのですが、「誰のファンですか?」と聞くので、「やぐちです。」と答えると、「僕もそうなんですよー」と言って、いろいろと話し始めました。確かにTシャツはやぐち、両手にはやぐちのうちわを持っていました。
サイリウム用意したり、ごちゃごちゃやりながら「ライブの時は暴れるので席換わってもらえませんか?」とか「このペンティングどうですか?」とか(顔にリリパット王国のやぐちのボディシール(っていうのかな、あれ)がありました。)フレンドリーに話して来るんですけど、話の合間の目がなんか笑って無くて、恐いんですよ・・・、それからまわりに人が来るたびに「誰のファンですか?ブルーですか?オレンジですか?」とか話しかけてました。
私は一人で行ってるので少しくらい話しかけられるのは嬉しいですけど、度が過ぎるとなんとも・・・座ると体が大きいから、私は通路に片足出して座るはめになるし・・・
と、まあ、そんなこんなで開演時間になり、選手が入場してきます。ハロプロが2チームに別れています。
ブルーハロー:中澤裕子(リーダー)、飯田圭織(サブリーダー)、辻希美、石川梨華、松浦亜弥、藤本美貴、柴田あゆみ、田中れいな、道重さゆみ、小川麻琴、アヤカ、ミカ、斉藤瞳、前田有紀、キッズが半分
オレンジプロジェクト:保田圭(リーダー)、安倍なつみ(サブリーダー)、後藤真希、矢口真里、高橋愛、加護亜依、吉澤ひとみ、紺野あさ美、亀井絵里、新垣里沙、稲葉貴子、村田めぐみ、大谷雅恵、里田まい、みうな、キッズが半分
という感じに別れています。(キッズは良くわからないので名前は省略で・・・)
選手が入場して、意気込みを語っているころには、席はほぼ埋まりました。9割以上埋まっていたと思います。主催者発表なら超満員と言うと思います。すごいッスね。こんなに埋まるんですね。なんか嬉しくなりました。
隣の兄ちゃんも静かに見てるなぁとか思ってたら、係員がやってきて隣の兄ちゃんに「すいません、そこの席のチケットをお持ちの方がいらっしゃるんですが。」と言います。
兄ちゃんのチケットを確認すると、30列目。ここは39列目。もっと前じゃん!、思わず横から「もっと前ですよ。」と言っちゃいました。兄ちゃんは「すいません」と言いながら移動していきました。ホッとしたような、もうちょっと行動を見たかったような・・・(笑)
いよいよ競技の開始です。
・60M走<予選>
まずは60M走(なんか微妙な距離)の予選です。下は小学生から上は30歳までのメンバーが走ります。
見ていて、速い!と感じたのは、辻、ごっちん、カントリーの面々でしょうか、しかし最年長、中澤もなかなか速かったです。大阪での記録で組み分けをされたらしく、最終組はかなりの好レースでした。
しかし、やぐちが足を痛めてしまいました。調子よく飛び出したかと思ったら、半分ほど来たところで失速、なんとかゴールはしたものの、そのまま座り込んで、おぶさって退場していきました。走る前からふとももにテーピングをしていたので気にはなっていましたが、肉離れでしょうか。その後の競技には全く出られませんでした。
ベンチに座ってはいましたが、足にはギブスのようなかなり大がかりなものがはめられていたようでした。
他に柴田、アヤカ、前田、などなど何人かが負傷したようでした。確かに始まる前からテーピングしているメンバーが多かったです。
・80Mハードル<予選>
次は80Mハードルです。ハードルの方が短距離走より距離が長いっていうのも何か変な気が?
ここで目立ったのは、中澤、ミカの際どい勝負と、みうなのうまさでした。みうなはほんとにハードルの飛び方がうまく、トップを快走していたのですが、最後のハードルを倒して転倒。惜しくも予選落ちになってしまいました。
・とび箱選手権
跳び箱は大阪で8段を跳べたメンバーのみが参加ということでかなりハイレベルでした。大本命のごっちんが11段で失敗。最後はあややと石川のブルーハロー同士の勝負となりました。
跳び箱の時の応援は助走に合わせて手拍子とともに「ハイ、ハイ、ハイ、ハイ・・・」とかけ声をかけるのですが、あややだけは自ら客席を煽り、「あーやや、ハイ、あーやや、ハイ」に変えてしまいました。さすがです。
結局はふたりとも12段を跳んで13段は跳べず引き分けになりました。
2位は11段を跳んだ、ミキティー、辻、みうなでした。
途中、みうなと大谷(だったはず)が手が滑ったのか豪快に跳び箱の上を超えてマットにダイブしてしまったのは危なかったです。
・選抜800Mリレー
大阪では1500M走が行われましたが、メンバーの体力を考慮してか選抜リレーに変更されました。
勝負はオレンジのスタート走者、保田が出遅れ、そのままブルーの勝利となりました。この競技のあと、現時点での両チームの得点が発表され、ブルーハローが大きくリードしていました。
するとオレンジのリーダー保田が責任を感じたのかベンチで泣き出してしまい、みんなで慰めてました。本気やって本気で悔しがる。良いですね。
・80Mハードル<決勝>
ひとり棄権者が出たため、ミカ、高橋、辻のミニモニ。対決となり、高橋が見事金メダルでした。高橋の素のリアクションは良いですね。みうなが予選でこけずに出てれば勝ってたでしょうねぇ。
1位 高橋 愛 16秒03 2位 辻 希美 16秒66 3位 ミカ 24秒22(転倒)
・騎馬戦
騎馬戦は帽子ではなく頭に旗をつけてました。リーダーの旗が取られれば負け、リーダーが墜ちなければ残っていた馬が多い方が勝ちというルールでした。3本勝負で、1本目はブルーのリーダー中澤が旗をさらっと取られオレンジが勝利。
2本目はオレンジのリーダー保田が石川に旗の部分だけを取られ、棒だけ残っている状態に、ただその直前に石川もガキさんに旗を取られたように見えました。みんながあれ?とか思ってるうちに中澤が旗を取られて、オレンジ2連勝になったのですが、ブルーは納得がいかない様子。
中澤、石川、ミキティがかなりマジ切れ気味に「旗の部分は取った」「棒を手で押さえていいのか?」などと抗議、審判に指示を仰ぐも審判はオレンジの勝利を宣言。それでも食い下がるブルー。かなりギスギスした雰囲気になりました。最後は中澤が「大阪ではチャンスをもらったのでここは素直に譲ります。」と大人の発言で納めました。
しかし、さすがにみんな負けず嫌いです。特に石川は「まあ、まあ、空気を読んでここはひとつ」となだめたくなるくらいの切れっぷりでした。
・フットサル
北沢毅を迎えかなり力を入れているフットサルです。よっすぃーを中心としたハロプロ選抜メンバーと本物のクラブチーム対戦です。大阪では1点も取れず惨敗だったそうで、今回はなんとしても1点取るという意気込みです。
しかし、初めから圧され気味。いきなり立て続けに点を取られました。
しかし、石川が念願の初ゴール!後半にはあさみが相手のキーパーのまたを抜くゴールで2点目。
結局、9−2の大差で負けましたが、後半だけ見れば3−1と良い勝負でした。特に目立っていたのはゴールキーパー辻の好セーブ、ごっちんのキープ力などでしょうか、みんながんばってました。よっすぃーは前線でボールを待ってましたが、なかなか回って来なくて、あまり活躍できなかったのは残念でした。
・60M走<決勝>
60M決勝はかなりの好勝負でした。最後は辻とごっちんがほぼ同時にゴール。ほんの僅かの差で辻が優勝、金メダルでした。ゴール後ごっちんが足首を痛めてしまったようでした。辻はフットサルに続き大活躍です。
1位 辻 希美 9秒60 2位 後藤 真希 9秒62 3位 矢島 舞美(キッズ) 9秒63
・混合大リレー
そして、最後は混合大リレーです。両チーム合わせて11人もの欠場者が出る状態で、順番決めに手間取ったのか、かなり時間が空きました。
その間、ベンチにいるメンバーがカメラに向かっていろんな表情を見せてくれたり、客席を煽って応援合戦をしたりしてました。ブルーハローのベンチの後ろになるレフト外野席はすごく盛り上がっていて楽しそうでした。あそこの席が一番楽しかったのではないかな?
さて、やはりリレーは盛り上がります。結果はみうな、里田まい等の活躍でオレンジAチームが1位、アンカーあややの追い上げも届かずブルーAチームが2位、以下、ブルーB3位、オレンジB4位となりました。
得点は1位から100点、80点、60点、40点が入ったので両チームとも同じ加点でした。でもなんかこの配点だと1位があまり得しないような・・・
・表彰式
全競技が終了し、表彰式となりました。結果は850対450でブルーハローの勝利。見事大阪でのリベンジを果たしました。
MIP(印象に残った選手)にはキッズから矢島舞美、ブルーハローから石川梨華、オレンジプロジェクトからあさみが選ばれました。石川はうれし涙を流していました。
審査員特別賞は高橋愛、松浦亜弥、安倍なつみの3人が選ばれました。高橋はハードル、あややは跳び箱で1位でしたし、なっちは目立った活躍はありませんでしたが、その一生懸命な姿は素晴らしかったですから。
そして、MVPは辻希美でした。出ている競技全てで活躍、60M走は見事1位、フットサルでも見事なセービングを魅せてくれました。会場中納得の受賞です。

その後は、ライブです。ここは当然、かなり間があり、ビジョンでは大阪大会のダイジェストが流れていました。
6:10分過ぎ、照明が落とされ、客席にサイリウムの色とりどりの光がつき、まずはさくら組が登場です。
・晴れ 雨 のち スキ さくら組
アリーナ席が無いドームでのライブは空間が広すぎて、ちょっと変に感じます。音響もかなり悪く、音が小さめな上に直接聞こえてくる音と、まわりに反響して聞こえてくる音が混じっていて聞き取り難かったです。
この曲のイントロが始まってもしばらくは良くわかりませんでした。
60M走で足を痛めてしまったやぐちも元気に登場してきたのでホッとしましたが、あまり動けなかったようです。
相当無理をしているんじゃないのかなぁ。
・愛の園 Touch My Heart ! おとめ組
続いてはおとめ組です。この曲も良い曲ですね。客席もかなりテンションが上がってきました。
・ちょこっとLOVE 保田圭&ハロプロキッズ
保田がキッズと共にプッチモニのデビュー曲を歌いました。どうせならごっちんとよっすぃーも出てきて欲しかったですねぇ。絶対にあり得ないでしょうけど・・・保田はソロで曲は出さないんですかね?勿体ないです。
・GET ALONG WITH YOU 中澤裕子
1塁ベース側で歌います。歌った後、スポーツを一生懸命にやることの感動を知りました。というようなコメントをしていました。
・白いTOKYO ZYX!
ZYX!の新曲です。この音の状態だと知らない曲はほんと良くわかりませんでした、が、白い衣装のやぐちがかわいかったのでOKです。
・CRAZY ABOUT YOU ミニモニ。
ミニモニ。最新曲です。サビの部分の振りを覚えられましたw
・原色GAL 派手に行くべ! 後藤真希
・手を握って歩きたい

続いてはごっちんが新曲を3塁側で歌い、真ん中に移動して「手を握って歩きたい」を歌いました。新曲はやはり良く聞き取れません。アップテンポなロック調の曲でした。「手を握って〜」はみんな知っているのですごい盛り上がりです。
・FIRST KISS あぁ!
田中れいなとキッズのユニットです。田中はすごいですね、堂々としてますよ。
・先輩〜LOVE AGAIN〜 カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)
先週発売された新曲です。別れを歌った曲でミキティの台詞が印象的です。ミキティへの声援がすごかったです。
・東京きりぎりす 前田有紀
足を痛めたせいかジャージのまま登場です。「♪きりぎりすー、東京きりぎりすー」の振りはかなり定着してますね。
・宇宙でLatata 稲葉貴子&ココナッツ娘。
アヤカは椅子に座ったまま歌っていました。この曲はあややコンで聞くうちに結構好きになってしまいました。サビの手を左右に振るところは客席中で光が左右に揺れてました。
・かわいい彼 メロン記念日
今度発売になる新曲です。足の怪我で競技には出なかった斎藤も歌ってくれました。ムーディーな曲が続いたメロンでしたが、これはアップテンポな曲です。例によって良く聞き取れませんでしたけど・・・
・THE LAST NIGHT 松浦亜弥
・Yeah!めっちゃホリディ

あやや登場です。歓声がすごいです。まずは1塁側で「THE LAST NIGHT」を歌い上げ、その後真ん中に移動しながらめっちゃホリディを歌いました。「THE LAST〜」は静かに聞くしかないのでその分、めっちゃホリディの時の客席の盛り上がりはすごかったです。
・ここにいるぜぇ! モーニング娘。
・シャボン玉
・GoGirl〜恋のヴィクトリー〜

さあ、最後を締めるのはモーニング娘。です。ノリの良い曲を3曲続けて歌ってくれました。客席も最後なので思い切り盛り上がっていました。GoGirlの「V」はビシッと揃うと気持ちいいですね。

ということで約6時間にも及ぶイベントが終了しました。真剣に競技に取り組む彼女たちの姿には燃えましたし、美しかったです。運動神経のいい人もそうでない人も一生懸命にやっていれば応援したくなりますからね。
今回の主人公はなんといってもMVPを取った辻希美です。客席からの声援もすごく、ほんと輝いていました。ののファン大満足の1日だったのでは無いでしょうか。
あと私が見ていて印象に残ったのは、ごっちん、石川、カントリーの3人(特にみうな)あたりでしょうか。それにしても岡女第3弾では見事クソ女になってしまった加護も十分にがんばってましたし、よっすぃーも東京では足の怪我もあってフットサルくらいしか活躍してませんでしたが大阪ではかなり活躍していたようなので、一体あの岡女は何だったんだろう?と思ってしまいました。体調が悪かったのか?めちゃいけお得意のシナリオだったのか?
楽しいイベントでしたが、やぐちを初めとして怪我人が多かったのは気になりました。きついスケジュールのせいか、準備運動が足りないのか、ドームの人工芝が悪いのか、原因は良くわかりませんが、きっと来年以降も運動会はあるのでしょうから、もう少し考えて欲しいですね。でも、そんな怪我をするまで本気でやってしまう彼女たちのがんばりには頭が下がる思いです。
あと、騎馬戦のルールがいまいちすっきりしていなかったのはイヤでしたね。かなりもめてましたから。

戻る