2003年12月13日  メロン記念日 ’03クリスマススペシャル 超渋メロン 渋谷公会堂

チケット

今日はメロン記念日のコンサート「'03クリスマススペシャル 超渋メロン」に参加しに渋谷公会堂まで行って来ました。7時開演だったので5時半過ぎに渋谷駅に到着、渋谷公会堂に向かったのですが、さすがにすごく混んでいて歩きにくいのなんの。やっと到着すると渋谷公会堂の前はそこまでの渋谷の街とは雰囲気が違いました。(^_^;
6時になっても会場の準備が遅れていると言うことで入場できず、15分くらい並んでいました。この会場の外で並んで待っている時点で、あややコンなどとは空気が違います。年齢はやや高めで女の人はほとんどいなくて濃いぃ感じでした。
開場になったので入場してパンフを買って席へ。5列目だったのでかなり近いです。4列目の前にはドリーム防止柵(勝手に前に行かないように柵がある。)が用意されてました。まわりは服を着替えたり、サイリウムを出したりせっせと準備しています。他のコンサートでもそうなりますが、率が違います。むむ、さすがにメロンヲタは違うなと思わせます。何となく再び売店に行ってタオルと写真セットを買ってきてしまいました・・・
そして7時なったのですが、全然始まりません。だいたい少しは遅れるものですが、それにしても遅いです。ブザーが鳴って時計が消えても、まだです。
ファンはすでに勝手に騒いでます。20分以上過ぎてやっと暗くなり、スタートです。会場が緑色の光で埋め尽くされます。他の色を持っている人も少しはいますが、ほとんど緑一色でした。当然、私も緑のサイリウムを2本持ってました。
・かわいい彼
「お待たせしてごめ〜ん」と金色のドレスで4人が登場。「12月3日に発売になった新曲です。」と言う柴田の紹介で、まずは新曲からです。のっけから開場の盛り上がりはすごいです。PPPHもサビの部分のヒューヒュー(ハイハイ?)もすごい音量です。
・眠らない夜
続いてアルバム曲です。私は聞いたことはありますが、コンサートでは聞いたことがないのでサイリウムは適当に振ってましたが、まわりの人達は振りに迷いがないです、さすがです。
MC(挨拶)
ここで一端袖に下がり、おへそを出した衣装に変えて登場です。いきなり斎藤が「せっかくセクシーお腹の出た衣装にしてもらったのに持病の腰痛が酷くて、こんな格好ですいません。」といって腰痛であることを話しました。腰にはさらしが巻かれています。なるほど、きっと腰痛で動けなくて曲の構成、振りや位置取りを直していたから開場や開演が遅れたのでしょう。
・Wa! かっちょEなッ!
「This is 運命」のカップリングです。私は春コンのDVDでしか聞いたことが無かったので良くわかりませんでした。やはりまわりの人達はきちんとノッているので、きっと今までのコンサートに参加した人達が多いのだろうなと感じました。
他の3人はステージの後ろの高台に登ったりするのですが、斎藤だけはステージ中央で立ったままです。階段の上り下りは出来ないようです。そんな状態でも会場に笑顔を振りまき、出来る範囲の振りをしてくれます。
位置はあまり動かなかったので斎藤を見てる時間がかなり長かったです。
・告白記念日
2ndシングルです。CDで聞くのに比べるとコンサートの方が良いです。みんなうまくなってると感じられます。
・夏の夜はデインジャー!
季節には全くあってないですが、そんなことは関係なく盛り上がります。「♪dangerous night」のところは会場中の声が揃います。
・夏
「チャンス of LOVE」のカップリングでちょっとコミカルな感じの曲です。振り付けも面白かったです。ここでもまわりの人達は当たり前のように振りが揃ってました。
VTR(メロン記念日のクリスマス大作戦)
ここで幕が下りてきてそこのスクリーンに映像が流されました。メロン記念日のクリスマス大作戦というタイトルで4人でクリスマスケーキを作ろうという内容でした。
待ち合わせ時間から30分遅れてると怒っている柴田。そこに3人がやってくる。まずは大谷が向かい風が強くってと言い訳を、次に斎藤がかわいらしく(笑)、「目覚まし時計はちゃんとセットして一度起きたんだけど、また寝ちゃったのぉ」と言い訳。柴田に「ただの二度寝でしょうが!」と突っ込まれました。
最後に村田が身振り手振りで、重たい荷物を持ったおばあさんが・・・と説明してしばらくは柴田も乗ってましたが、「なんでジェスチャーやねん!」と突っ込んで終了でした。
そして今度は材料の確認。柴田が小麦粉を持って「小麦粉」と言うと3人もそれを取り出します。小麦粉、卵までは良かったのですが、何故か村田だけは、天かす、キャベツと続きます。そこで柴田にキャベツぅ?と突っ込まれ、今日はお好み焼きパーティじゃなかったの?ってなオチでした。
その後はみんなでケーキを作ります。でも村田だけは他のメンバーの目を盗んでイチゴをつまみ食いです。徹底的にボケ担当です。
で、完成したところで幕が上がり、4人と巨大なケーキ(当然作り物)が登場です。
・きよしこの夜(4人で合唱)
そして、そのケーキを囲んで4人できよしこの夜を歌いました。クリスマススペシャルらしい展開です。
・MI DA RA 摩天楼
ケーキが退場して雰囲気は一転、この曲でした。
・BE HAPPY 恋のやじろべぇ(柴田・大谷)
ここで村田と斎藤は退場して、柴田と大谷だけが残ってタンポポの曲を歌いました。最近は完全に放置されて無かったことにされているようなタンポポですが柴田はメンバーですからね。
これは意外でした。久しぶりにこの曲を聞きました。さすが会場のファンは動じることなく(笑)ノッていきます。
・BE ALL RIGHT!(村田・斉藤)
次には交代して、今年のシャッフルユニット11WATERの曲です。2人ともメンバーでしたからね。今年のシャッフルの中では一番好きな曲だったので嬉しい選曲でした。
MC(メロン記念日のぶっちゃけ記念日)
ここでMCです。箱にボールが4つ(赤、青、黄2)入っていて、青を引いた人が赤を引いた人のぶっちゃけ話をするというぶっちゃけ記念日というコーナーで大谷が司会で進行していきました。
まずは柴田が青、大谷が赤を引いてぶっちゃけたのは、大谷はメイクをなかなか落とさなくって、お風呂入っても、髪は洗ってもメイクは落とさないという話でした。
次は、またも柴田が青、斎藤が赤で、斎藤はリーダーで、ボスと言われて・・・と言ったところで会場から「ボス」と声援がかかって柴田もちょっと驚いたようで、思わず「ありがと」とお礼を言ってました。
で、しっかりしているようだけどそうでもなくって、この前東北新幹線に乗る時に、品川から乗ろうと言っていました。新しいもの好きなんです。という話でした。
3回目は、大谷が青、村田が赤で、ごっちんの秋コンに参加したしたんですが、その着替えの時に脱いだばっかりのスパッツを顔に投げて来るんです。という話でしたが、実はお互いにやっているという話でした。
最後は斎藤が青で柴田が赤でした。斎藤が柴っちゃんはかわいいけど・・・というと会場はワーと賛同。かわいいけど仕事で疲れた時とか、車の中で口開けて、ガァーとイビキかいてます。という話でした。
と4人分ぶっちゃけてMCは終わりです。
・チャンス of LOVE
この曲はごっちんコンなどでも聞いてるのでノリやすかったです。4人の煽りもあって「♪チャンス OF LOVE」のところはばっちり会場の声が揃いました。
・二人のパラダイス
アルバム曲です。アルバムで聞いた時はなんとなく流して聞いてましたけど、生で聞いたら良く感じました。
VTR(平成メロン劇場)
ここで映像2回目です。平成メロン劇場と題して、まずは白黒でサイレント映画の様な字幕です。まさお(大谷)とひとみ(金髪のカツラをかぶった斎藤)が恋仲でまさおがひとみに告白。身分が違いすぎて無理というひとみ、そこにめぐお(髭をつけた村田)登場。何をやっているんだ!と怒る。と言う辺りで柴田が登場して、何遊んでるの!と突っ込んでカラー音ありの普通の映像に戻りました。
パーティーに遅れちゃうでしょといって準備を始めました。まずは足下からよね。と言って順々に足下が映りますが、村田が履いているのは草履。おまけに鼻緒にメガネまで乗せてます。柴田にメガネは鼻に乗せるもので鼻緒にのせるものじゃありません。とか突っ込まれてました。
衣装を着て、柴田が最後にシュッシュッってやつ取ってと3人言うと・・・まず、大谷が自転車の空気入れを、柴田はこれでシュッシュッとして自転車で・・・って違うとノリツッコミ。
次は斎藤がニオイ消しのスプレーを持ってきて、柴田はそうそう生乾きのものとか臭くなるからね・・・って違う。と返し、最後は村田が虫除けスプレーを渡して、シュッシュッとそれをかける柴田の前でブーンと蚊の格好をします。なんで虫がいるの、と突っ込まれて終了です。
やっと3人がこれでしょ。と言って香水を持ってきます。それを柴田が手首にかけてこすりあわせ、首筋につけるというちょっと色っぽい光景で次の曲に繋ぎます。
・香水
映像のネタフリからも分かるこの曲です。大人な雰囲気の曲を柴田メインで歌います。私はかなり好きな曲です。
・遠慮はなしよ!
一転、アップテンポな曲です。「赤いフリージア」のカップリングです。前の曲が静かだったのでその反動のように盛り上がっていきます。
・さぁ!恋人になろう
そしてお待ちかね(笑)のこの曲です。すごい盛り上がりで終始飛びっぱなしって感じです。4人とも激しく動き回って歌います。「♪さあ、恋人になろうよぉ」のところの振りはバッチリ揃ってますし、「愛のボタンを連打!連打!」「愛してる!」のところは凄まじい大合唱です。
・This is 運命
そして最後の曲です。といってこの曲でした。私はハロプロコンで初めてこの曲を聞いて面白いなと思ってそれからメロンがちょっとずつ気になって行ったので、印象深い曲です。
「さあ!恋人になろう」から「This is 運命」の繋ぎは体力的にきついです。(^_^;
初めの「♪ジャジャジャン、ジャジャジャン、ジャジャジャジャン(ハイ、ハイ)ジャジャジャン運命ジャジャジャジャン」(ハイ、ハイ)から声援がすごい音量です。
その次の4人が1文字ずつ歌っていく「♪お(ハイハイハイハイ)か(ハイハイハイハイ)え(ハイ)り(ハイ)なさい(ハイハイハイハイ)」のところもすごいです。ここは楽しいです。その後もすごい盛り上がりで前曲から続けて飛びっぱなしです。
そして「3,2,1Come on!」のところで特効で銀色のテープが打ち出されて上から振ってきました。みんな手や体に巻き付いたままノッてました。ここまで来ると垂直跳びの記録を狙ってるのかというくらい、みんな飛び上がってました。
そして、ここで一端退場です。アンコールのためにメロンコールが続きます。
アンコール
・赤いフリージア

そしてアンコールはこの曲からです。「♪他に好きな人ができたのごめんなさい。」のところから始まる4人順番のPPPH(まーさえ、ハイ!x2 ひーとみ、ハイ!x2 あーゆみ、ハイ!x2、めーぐみ、はい!x2)は相変わらずすごい盛り上がりです。良い曲ですしねぇ。
MC
そして最後のMCです。ここではまず一人一人今年を振り返ってコメントです。
大谷はヘアースタイルをかなり変えた一年でした。今日も超渋にあわせてきました。と言ったものの渋いというよりかなり派手でみんなにそれじゃ超派手になってしまうとか言われていました。
村田は春コンでの村田博士というキャラとの出会いや夏コンでのマジックなどいろいろなことに挑戦できました。という事でした。
斎藤は金髪にしたり、ROMANSをやったり、写真集を出せたりセクシーな一年でした。とセクシー担当らしいコメントでした。
最後、柴田は今日、ここでコンサートが出来たことが一番だと言っていました。渋谷公会堂でやるのが夢で去年はソロコンサートが出来て一年でこんな大きな会場で出来て最高です。というようなコメントでした。
その後は4人がそれぞれ来年に向けての抱負として、来年もメロン記念日を信じて着いてきて下さいみたいなことを言ってました。柴田は来年は二十歳になるので大人っぽくなりたいと言ってました。
斎藤は腰を治すと言って会場からガンバレーという声援が飛んでました。今日はこんな体調でしたけど、みんなやスタッフの方々のお陰で無事にできて感謝しています、というようなことも言っていました。かなり、うるうる来てました。
・ENDLESS YOUTH
そしてラストはやはりこの曲でした。アルバム曲で、夢を胸に田舎から出てきてがんばっている女の子を歌った曲です。その内容はメロンのメンバーに重なる部分もあるのでしょう(といか彼女たちがモデルかな)。春コンでもこの曲では泣いていました。
今回はみんな泣いていました。まず斎藤の鼻が真っ赤になっていて、泣き出すと、大谷も歌詞をきちんと歌えないほどでしたし、村田も泣いていました。柴田もそれほどではありませんが、泣いていました。
「♪一番星のように」「♪キラーリ眩しい」のところはステージ上の4人も会場中も指もしくはサイリウムを天に突き上げました。
4人の涙を見ながらこの曲を聞いていたら、こちらも目頭が熱くなってきました。
曲が終わり、ありがとーと言いながら退場していく時もみんな泣いていました。柴田はそうでも無いのかと思ったら途中で後ろを向いて泣き出してしまいました。
本当に感動的なステージでした。斎藤は自分の体調が完全で無い悔しさがあったでしょうし、それでも何とかやり遂げられた安堵感もあったのでしょう。
他のメンバーも斎藤の体調で急に内容の変更もあったでしょうし、それでも無事に出来たという思い。渋谷公会堂でのソロコンサートが出来た喜び、今年一年に対する思いもあったのかも知れません。
具体的にどんな理由かはわかりません、曲のせいかも知れないし、ただ盛り上がって気分が高揚しただけかも知れません。でも美しい涙を見せてもらって私達も感動しましたし、素晴らしいコンサートだったと思います。メロン記念日4人の結束の堅さも感じました。ハロプロ内に数あるユニットの中で唯一結成からいじられてないですものね。
今までのコンサートに比べていろいろと文句を言っているメロンヲタの人もいるようですが、少なくとも私はすごく楽しめましたし、感動しました。確かに斎藤の体調が万全でなかったのは残念ですが、かといってそれを攻めようなんて思えません。むしろずっとステージ下段にいてくれたのでよく見えて良かったくらいです。
でも、本人はきっとすごく辛かったのだろうと思います。出来るならきちんと治して欲しいです。
今回、このコンサートに参加して改めてメロン記念日が好きになりました。4人とも良かったですけど、特にボスが良かったかなぁ。テレビで見るよりかわいく見えたし(失礼かな?)、すごくがんばってましたからねぇ。
なんかコンサートに行くたびに、はまっていくとキリが無いんですが・・・
今年のハロプロコンを締めくくるにふさわしいコンサートでした。でも春コンは行きません。オールスタンディングは恐ろしすぎます。(笑)

戻る