2004年2月15日 モーニング娘。さくら組 〜さくら咲く〜 大宮ソニックシティ

チケット

今日は昨日に引き続き、ハロプロ関連の行事です。
モーニング娘。さくら組コンサート「〜さくら咲く〜」を見に大宮ソニックシティまで行ってきました。
FCからチケット申し込みの案内が来たときに、大宮は今まで行ったことはなく結構遠いのかと思ってましたが、それでも一番近い場所での公演がここだったのでとりあえず申し込みました。
東京から近い公演はここなので申し込みが集中し、かなり落選した人が多かったようですが、幸運なことに当選しました。チケットが届いたのは2週間ほど前で、その時点で、手元にはあややミュージカル、なっちミュージカル、そしてさくら組コンサートと3枚のチケットがあり、何やってんだ?オレ。と思うと同時に、こうなればごっちんミュージカルも申し込むべきだったとちょっと後悔してました。(^_^;
さて、いざ大宮までの路線を駅すぱーとで調べてみたら、あれ?近いじゃん。ということで5:30開場、6:30開演の公演で家を出たのは4時ちょっと前でした。で、大宮駅に着いたのが5時10分くらいです。そして会場に向かうとちょうど入場列が出来るころで良いタイミングでした。
風が強くかなり寒い中並んで予定から5分ほど遅れて開場です。そのままグッズ売り場に向かい、パンフレット、写真、うちわ(また買うのかよ!)を購入しました。今回のパンフレットはさくら組、おとめ組共通になっていてミニうちわも入っています。左から開くとさくら組、右から開くとおとめ組という構成になっています。やや高いですが、かなり良い出来なので満足です。
そして席に向かいました。1階の28列目です。後ろから6列目くらいでかなーり後ろの席です。遠いには遠いですけど、アリーナなどの会場でスタンド席で見るのに比べればずっと近いですし、そもそも取れただけでもありがたいと思わないといけません。
そしてPA(っていうんですよね?音や映像を管理している機械)席のちょっと後ろだったので視界が開けていたのは幸運でした。前の席の人は縦横にでかかったですけどねぇ。
ステージは途中から1段上がっていて、後ろの壁は真ん中が出入り口になっていて左右には大きくさくらの花のマークがドーンと描かれていて、さくら組という感じを強調していました。
ほぼ、定刻通りに客席が暗くなり、一気に会場中ヒートアップ、いろいろなメンバーに対するコールが飛び交う中モーニング娘。さくら組が登場です。
・さくら満開
まずは25日発売の新曲です。「晴れ雨のちスキ」に近い感じのややゆっくりとした曲調です。伴奏には鼓のような和風の音も入ります。衣装は着物をアレンジしたような感じになっています。途中で扇子を開いて踊るシーンもあり全体的に和風な作りです。その扇子を使うところで紺野が扇子を落としてしまい慌てて拾うというシーンがありました。
・ここにいるぜぇ!
次は一気に激しい曲になります。メンバーみんなステージの端まで広がって激しく歌い踊ります。客席も盛り上がります。これは前の方の席の人はめちゃくちゃ楽しいだろうなぁと思いました。特に高橋は前の方の人達にかなり目線を配っているように見えました。最後、中心で鼻をスッとこする決めシーンはよっすぃーがなっちの代わりを務めていました。
MC
みんなで並んで挨拶です。やぐちがリーダーらしくビシッと仕切っていました。うん、頼りになるリーダーです。やぐちから順に挨拶をしていきます。それぞれに声援が飛びます、私の席の周りには熱心な紺野ファンが結構しました。よっすぃーは地元なのでそんな感じの声援も多かったです。新垣にはガキさんコールが飛んでました。全体としてはやはり加護に対する声援が一番大きかったかと思います。その次が高橋であとは同じくらいでしょうか。
・壊れない愛が欲しいの
高橋のこの7人で歌うのは初めてです。という振りで7AIRの曲です。
・モーニングコーヒー
なっちがいる時にこの曲を聴きたかったという思いもありますが、さすがデビュー曲声援も一段階違う気がします。
・恋愛レボリューション21
そしてコンサートでは外せないこの曲です。会場は「♪TELL ME TELL ME」も「♪ちょーちょーちょー良い感じ」もばっちり揃ってます。
石川の見せ場「ホイッ」を誰がやるのかよく見ておこうと思ったんですが、よく分かりませんでした、残念。
MC
やぐちのちょーちょーちょーちょー良い感じでしたねぇという感じの短いMCで次に繋ぎます。
・抱いて HOLD ON ME!
なぜか最近コンサートで良く歌われる気がするこの曲です。良い曲だと思いますし古い曲も歌って欲しいから、ありですね。飯田の決めシーン「ねえ、笑って」は紺野がやってました。
・BE ALL RIGHT!
次は11WATERの曲です。11WATERのメンバーがやぐち、よっすぃー、紺野と3人もいますからね。
去年のシャッフルでは一番好きな曲でした。
VTR (モーニング娘。おとめ組「友情〜心のブスにはならねぇ!〜」のPV)
ここで一度全員引っ込んでスクリーンが降りてきました。おとめ組のメンバーが映り新曲のPVが流れました。
「愛の園〜Touch My Heart!〜」のように激しい曲です。さくらはしっとり、おとめは激しくというコンセプトでずっと行くのでしょうか。
パート割りは均等だと思いますが見ていて、道重、田中が目立っていたように思います。重さんは歌えるようになってきたと感じました。
劇 さくら組劇場「勇気をください」
ここで学校のセットが作られてちょっとした劇が始まりました。
幼なじみの高橋愛、加護亜依、吉澤ひとみ、新垣里沙は同じ高校の同じクラス。でも優等生の高橋、加護の2人とちょっとワルの吉澤とその舎弟新垣の間はちょっとギスギスしてます。
そんなところに亀井絵里が転校してきます。紺野先生の英語の授業の後、亀井の呼び名でも亀ちゃんと呼ぶ吉澤達とえりりんと呼ぶ高橋達の間で別れてしまいます。
とぼとぼと帰る亀井の姿を見た購買部のおばちゃん、矢口真里は亀井の相談にのってあげます。
亀井は小さいころから転校ばかりで友達を作るのを諦めてたけど、みんなと友達になりたいと言います。
そこで矢口はなんであの4人が仲が悪くなってしまったのかを説明してあげました。原因は吉澤と加護が小さいころに一緒に買ってもらったひとつだけ願い事を叶えてくれるとぬいぐるみでした。
もうとっくに捨ててしまった吉澤がまだ持っていた加護にまだあんな話を信じてるのか?とからかって加護がムキになってしまい喧嘩になってしまったからでした。
亀井は偶然その時、加護が捨てたぬいぐるみを拾っていました。ちょうど購買部のパンを盗んだ盗まないで言い争いをする4人に出くわした亀井は、そのぬいぐるみに勇気を下さいとお願いします。勇気をもらった亀井は思い切って4人の喧嘩を止めに入ります。矢口、紺野先生のフォローもあり、4人は無事に仲直りして、亀井もすっかりうち解けることが出来ました。
という話でした。なっちがいるときは保健の先生という設定だったようで、途中でやぐちが「あの退職した、”あ”とか”べ”とか”な”とかいう保健の先生だけど、「ひとりぼっち」とかいうアルバム出したり、「おかえり」なんてミュージカルをやってるらしいよぉ。」なんて話してました。
・LOVEマシーン
劇の衣装そのままでLOVEマシーンです。なんか久しぶりに聴いたような気がします。もうリアルタイムで歌っていたメンバーはやぐちしかいないんだなぁとしみじみ思ってしまいました。
最後の「LOVEマシーン」はやぐちだけがステージ上に残り、スポットライトを浴びながら決めてくれました。
・シャボン玉
衣装をシャボン玉のものに替えて、登場しました。道重のパート「なのにどこ行ったんだよー」は紺野が、石川の台詞は加護が担当してました。石川の台詞はやぐちに言って欲しかったなと、ふと岡女第3弾を思い出しましたw
・AS FOR ONE DAY
これは台詞はそのまま加護ですから違和感はありませんでした。石川のパートは亀井だったかな?
MC
後半戦もそのまま盛り上がっていきましょう!という加護の振りで次へ
・そうだ!We're ALIVE
この曲はやぐちがセンターです。こうして見るとやはり、さくら組のメンバーが目立つパートを担当している曲を中心に選んでいるようです。やぐちががんばって激しく踊ってました。
・Go Girl 〜恋のヴィクトリー〜
そのままの流れでGoGirlです。激しい曲が続きます。客席もかなりのテンションです。♪メドーレーのところなどは大音量で掛け声が響き「V」でみんなサイリウムを突き上げます。
ただ、どの曲でもそうですが、PPPHをしようとするとパート割りが違うのでちょっと入りが遅れたりしてました。
・晴れ 雨 のち スキ
私たちの大事なデビュー曲です。聴いてください。というやぐちの振りでラストの曲になりました。
この曲は良いですね。なっちがいなくなった分を誰が受け持ったのかいまいちよく分かりませんでしたが紺野、ガキさんのパートが増えているように感じました。
サビの部分は客席の多くが振りを揃えてました。私もあわててステージを見ながら合わせました。(^_^;
そして、ここで一度退場です。
アンコールを促す掛け声が普通に「アンコール」と言う声と「さくら」という掛け声がどっちつかずでいまいち揃ってませんでした。そりゃ卒業コンサートのように綺麗には揃わないですよね。
そしてしばらくして「アンコールありがとう」という言いながら再び登場です。
さくらんピック2004
やぐちが司会で、「さくらんピック2004」と題して、残り6人でゲームをしました。客席を6つに分けて、それぞれのサポーターとして勝った人のサポーターにはポスターがプレゼントされるというゲームでした。私の席はガキさんになりました。正直決まった瞬間にポスターはもらえないか、よっすぃーが良かったなぁと思ってしまいました。(すまん、ガキさん。)
・長箸ボール掴みゲーム
まず、1回戦はスポンジのボールをながーい箸で掴み透明の筒に入れるというゲームでした。3色に別れていて自分の色のボールを7つ(だったかな?)一番速く入れた人が勝ちです。
一組目は、ガキさん、加護、紺野でした。ガキさんもがんばりましたが、加護が勝利しました。二組目は高橋、よっっすぃー、亀井です。途中、よっすぃーの箸に高橋がぶつかりそうになるハプニングもありましたが、よっすぃーが余裕を見せつつ勝利しました。
・風船早割りゲーム
決勝はよっすぃーと加護で風船を空気入れで膨らませて先に割った方が勝ちというゲームでした。よっすぃーは今までここまでは来ても割ったことは無かったそうです。際どい勝負になりましたがよっすぃーが勝ちました。
・ご当地クイズ
そしてコンサート会場の地方にちなんだご当地クイズです。これに答えられれば優勝です。
そして問題は、「ここ大宮ソニックシティのある埼玉県出身のハロプロメンバーは誰でしょう? 1.吉澤ひとみ 2.斉藤瞳 3.あさみ」でした。
よっすぃーはわざわざ悩んだふりをして勿体ぶります。やぐちに「さあ、もういいですか?」と促されて、「1」と答えました。そりゃ間違えようがありません。見事よっすぃーの優勝です。客席もよっすぃーのサポーターの部分は大盛り上がりでした。
・I WISH
そして最後は終わりの挨拶のMC(亀井が大宮ソニックシティと言うところで噛んでました。(^_^;)の後、この曲でした。歌い出しは加護です。「♪人生って素晴らしい」の後は掛け声とともにジャンプです。この曲は盛り上がるところは盛り上がるし、最後は静かに聴かせてくれるし、ほんと良い曲です。ラストも加護とやぐちがビシッと締めてくれました。
ということで1時間40分ちょいの公演が終了しました。曲はさくら組の持ち歌以外はほぼテレビサイズで曲数も少なかったので劇やゲームを見ている時間が長かったように思います。
そこでふと思ったのですが、ミュージカル+ミニコンサートという公演の形もそうですが、これって演歌歌手の公演に近い形なのではないでしょうか?詳しくは知りませんが、演歌歌手ってちょっとした芝居+歌という形での公演をしますよね。
小さい子供達にはこういう形の方が楽しめるのかも知れませんが、私達ファンには曲はフルサイズでできれば生演奏でというのを希望している人も結構いると思います。その点ではどうも方向性が違うように感じました。ミュージカルにミニコンサートがついているのは大いに賛成なのですが。
今回の分割コンでは新しいパート割り、振りを覚えている暇がないというような理由も考えられますし、劇やゲームもハロモニの公開録画でも見ているような気分で決してつまらなくはないです。
つまらなくはないですが、やはりファンは推しメンを近くで見たい、アリーナではなくホールだから味わえる一体感を感じつつ声援を飛ばして一緒に盛り上がりたいと思って会場に行っていると思います。
一生懸命がんばっているのが伝わる彼女たちに文句を言う気は全くありませんが、せめて曲はフルサイズにするとか公演の形を考えて欲しいと思います。フルサイズになるだけで同じ曲数でも満足感が全然違うと思います。
と、ちょっと文句を書きましたが、さくら、おとめの分割コンは賛成です。むしろ全体よりもこちらをメインにやって欲しいくらいです。やっぱりアリーナよりホールの方が楽しいですし、普段パートが少ないメンバーも多く歌えて、目立つ機会が増えますから。
今回の公演ではやぐちがすごくがんばってました。やはりなっちが抜けた穴というのを意識していたでしょうか、でももうちょっと肩の力を抜いても良いかもしれません。どうもいつもがんばり過ぎてしまうようですから。その点、よっすぃーには余裕を感じました。
今回、もっとパート割りを覚えてこようと思ったのですが、ダメでした。聴いてるときはなるほどね。と思ったりしていたはずなんですがあとになると覚えてませんでした・・・

戻る