2004年3月20日 モーニング娘。おとめ組 〜おとめチック〜 大宮ソニックシティ

チケット

モーニング娘。おとめ組のコンサート〜おとめチック〜を見に大宮ソニックシティに行ってきました。ほぼ一月前さくら組のコンサートを見に行ったのと同じ会場です。
朝、起きるとかなり寒く、雨がしとしと降っていて、しかもその雨が雪に変わりどんどん寒くなっていく感じでした。
うわぁ勘弁してくれよと思いましたが、出掛けるころにはほぼ止んだので助かりました。それでも開場を外で待っている時はかなり寒かったです。数日前の暖かさは何だったんだ・・・
さて、開場時間になり、まずはグッズ売り場へ。パンフはさくら組の時に買ったのでうちわと写真を買おうと思ったら写真は売り切れ。
さくら組のコンサートの時もおとめ組の写真は売り切れだったんですよね。おとめ組の方が売れるのでしょうか?っていうかちゃんと数用意しておいてくれよ。
席は20列目でした。さくら組の時の28列目に比べると結構近く感じられます。それに大宮ソニックシティは段差がきちんとついているので見やすいです。
舞台は南の島の様な感じで後ろの方には椰子の木が立っていました。前の方の両側には白いオブジェが並んでいて(恐竜の肋骨の中にでもいるような感じ?)そこにはおとめのマーク♀が描かれていました。うーん、さっぱり伝わりませんね、これ。DVDが出たら見てください。
開演時間になり、暗くなってみんな立ち上がって、いよいよスタートです。
・友情〜心のブスにはならねぇ!〜
まずは音楽に乗せてメンバーが登場。一度静かになって、道重の歌い出しで”友情〜心のブスにはならねぇ!〜”がスタートです。♪仲間という〜のところの音程がやや怪しい感じもしましたが、無難に決めてくれました。
そこからは「OHI OHI OHI OHI OHI〜U CAN DO」でいきなり会場のテンションは最高潮です。コンサートで盛り上がるために作った曲って感じですからね。とりあえずこの曲で今日来た意味があったかなと。
・ここにいるぜぇ!
盛り上がったまま、この曲です。会場中ジャンプしまくりです。最後のところはメンバーみんなステージの最前で左右に手を振ります。それにあわせてサイリウムが綺麗に揺れてました。
MC
ここでメンバーの挨拶です。今日はカメラが入っていました。そこで飯田が「今日のコンサートがDVDやビデオになります。いつ見てもおとめ組は盛り上がってるなと思えるように、さくら組が見たときにおとめ組は楽しそうだなと思えるように盛り上がっていきましょう!」というようなことを言っていました。
・GET UP! ラッパー
去年のシャッフル曲SALT5のこの曲です。のりやすくは出来ているのですが、ラップがあまり好きではない私としてはちょっと・・・です。メンバーは小川しか居ないですし。
・ふるさと
飯田を中心にこの曲を聞かせてくれました。今回のコンサートでは数少ない盛り上がるのではなく聴く曲でした。この曲は良いですね。ただ最後の♪MOTHERのところは地声でなくなっちみたいに上で歌って欲しかったかな。
・恋愛レボリューション21
そしてさくら組コンサートでも歌われたこの曲です。さくら組とおとめ組の曲を見てみると同じ時期の曲を両方に割り振って歌っている感じですが、この曲は古めな割に両方で歌ってくれました。
「ホイ!」は当然、石川が決めました。
最後の方の♪この星は(なっち)美しい(ごっちん)とコールが入るところは”れいな”と”まこと”だったと思います。
なんとなくこの曲を普通に聴いていても勝手に頭の中で”なっち”と”ごっちん”が聞こえてくるんですけどね。
・サマーナイトタウン
友情〜心のブスにはならねぇ!〜のCDにも収録されている曲です。どうせならさくら組の「抱いて!HOLD ON ME」と逆の方がいい気もするのですが。
・BE ALL RIGHT
そしてなぜかこれも両方で歌われた去年のシャッフル曲です。曲自体は結構好きですけど、娘。の曲を歌って欲しいですね。
VTR (モーニング娘。さくら組「さくら満開」のPV)
ここで全員ステージ横に捌けていきます。VTRでさくら組「さくら満開」のPVが流されました。隣の席の人は急いでトイレに行ったようです。(^_^;
で、このPVですが、かなり良い感じです。CMでちょこっと流れてましたけど、全員着物姿で女らしく魅せてくれます。着物の袖の端を噛んだりして色っぽい姿を披露してくれます。着物に詳しい人からすれば着付けをちゃんとしろとか着物にその髪はなんだとか文句言われそうですけど。
会場では座って見ている人もいましたが、多くがサビの部分などきちんとフリを揃えてサイリウムを振っていました。
・劇 おとめ組劇場「告白シミュレーション」
そしてちょっとした劇になります。おとめ組の方がさくら組に比べて笑いの要素が増えていました。というかギャグ主体でした。
舞台は女子校。道重が近所の男子校で一番人気の綾小路君に告白しようという話です。道重の同級生で協力しようとしている辻と田中、その2人が協力を頼んだ石川、藤本の2人の先輩。そして部員たった一人のクラブ、恋愛研究部の飯田部長。道重の隣のクラスのガリ勉、小川という配役です。
道重、辻、田中、小川がピンクのリボンのセーラー服、石川、藤本、飯田が水色のリボンのセーラー服で登場です。いやぁこれはヤバい、みんなかわいいです。梨華っちかわいすぎ。でも飯田はもう22歳です。22歳でセーラー服はちょっとまずくないッスか?
しかもこんなコテコテのセーラー服、スタッフの趣味ですか?決して良いセンスだとは思えませんが、ありがとうございますm(_ _)m。
で、話は道重が告白できるように、飯田部長が綾小路君を呼び出してあるので、その待ち合わせ時間までに、そのシチュエーションで告白のシミュレーションをしようということです。
飯田部長の割り振りでみんなの配役を決めていきますが、最後一番重要な綾小路君役がいません。はじめは関係なフリをしていたガリマコ(ガリ勉小川)も実は興味津々で中学の時は演劇部だったということで綾小路君役に。
そして綾小路君が友人とやってくるとこからシミュレーションしていきます。まずはとても無難にできましたが、実際は何があるかわからないと言って、再びやり直し、無茶苦茶な話が展開されていきます。
まるでハロモニコントの様に見えてきました。それぞれが良いキャラで笑えました。特に小川は強烈なボケキャラでしたし、石川、飯田も良いボケ具合だったでしょうか。
・恋のダンスサイト
その後はセーラー服のまま、この曲です。さくら組ではLOVEマシーンだったところです。コンサートで聴くのは久しぶりです。その所為なのか、会場の盛り上がり方に若干迷いがあるように感じました。
久しぶりだったからか、新しいファンが増えてこの曲にはあまり思い入れがないからなのかは分かりませんけど、なんとなく時の流れを感じました。
やぐちの見せ場「セクシービィーム」は道重担当でした。
・シャボン玉
曲の前に少しMCがあって、飯田のフリで、シャボン玉です。これは客席が一気に盛り上がりました。そうなんですね。私としては恋ダンの方が良いんだけどなぁ。やはりファン層が変わってきてるんですね。
この曲は「シャボンだまぁ〜」の叫び声と長台詞はオリジナルの道重、石川がいるのでばっちりです。
・Do it! Now
この曲もなっちとごっちんのイメージが残っている曲な気がしますが、田中のパートが多めだったでしょうか。
・ザ☆ピ〜ス!
そして待ってました!この曲です。さくら組の時は無かったですからね。やはりこの曲は石川メインでしたからね。とか、まあそんなことはあまり関係なく、会場みんなで「ピース!ピース!」でした。
・Go Girl 〜恋のヴィクトリー〜
そして今、娘。で一番盛り上がる曲かも知れない GoGirl です。ほとんどがみんなでユニゾンなのでパート割りとか関係ないですしね。さくら組、おとめ組で歌うことも考えてそうしたのでしょうか?
劇の後の流れはかなり体力的にきついです。
・愛の園 〜Touch My Heart!〜
最後の曲になってしまいました。という息を切らしながらの短いMCでラストのおとめ組のデビュー曲 愛の園 です。
この曲はアップテンポでノリやすいですけど合いの手を入れるような部分はあまり無いです。CDで聴いたときは田中がすごく目立っていた気がしたのですが、生で聴くとそうでもなかったりします。そこら辺はやはり、まだまだこれから成長していって欲しいところです。
そしてアンコールですが、さくら組のときと同じように「アンコール」と言う声と「おとめ」コールがどっちつかずでした。
おとめんピック2004
さくら組と同じくゲーム大会です。司会は飯田で、ステージには出場選手、道重、石川、小川、藤本、辻、田中の順に並びました。席の位置からして私のところは辻かな?と思っていたら、ちょっと意外な席番の切り方で田中でした。
後ろの人もあれ?とか言ってました。斜め前の人はれいなTシャツを着ていて田中ファンだったようですが、残念ながら辻担当でした。
・長箸ボール掴みゲーム
まずは1回戦ボールを長い箸で掴んで筒に入れるゲームです。まずは石川、小川、田中の対戦でした。会場からはそれぞれに声援が飛びます。ちょうどちょっと横にかなり激しく、れいなコールをしている一団があってそのお陰もあって田中の応援は盛り上がっています。
田中は初め箸をうまく掴めず、ちょっと出遅れました、が、石川、小川がそれぞれボールを落としたので、ミスしなかった田中が勝ちました。田中を応援する客席からは”れいな、れいな・・・”と大合唱です。(含むオレ)
残りの道重、辻、藤本は全くミス無く素早く入れた藤本が圧勝でした。道重が「えぇ?まだ全然大丈夫だとおもってましたぁ。」とらしいコメントを発してました。
・風船早割りゲーム
そして決勝戦は田中と藤本で風船早割です。足踏みポンプで空気を送って風船を割ります。かなり互角の勝負に見えましたが田中が勝ちました。
・ご当地クイズ
そしてご当地クイズです。これに答えられれば田中の優勝です。問題は「大宮駅にはパスポートセンターがありますが、日本でパスポートが初めて作られたのは何時代でしょう?」です。
さくら組の「埼玉出身のメンバーは誰でしょう?」とはかなりレベルが違います。素でわかりません。(^_^;
選択肢は「A.鎌倉時代 B.江戸時代 C.青春時代」と来ました。もしCでボケが来ないで明治時代とか言われたら本気で間違えそうな問題です。
悩んだあげく会場の後押しもあり、田中はBと回答。見事正解で優勝でした。会場からは再びれいなコールが送られます。
お陰でコンサートツアー告知ポスターをもらえました。ありがとう!れいなちゃん(^O^)/
・I WISH
そして最後のメンバー挨拶MCからラストナンバーです。MCでは飯田が「今日のコンサートはいかがでしたでしょうか。今日の曲、劇、ゲームの内何かががみなさんの心に残ってもらえれば幸せです。」というようなとてもリーダーらしいコメントをしてくれました。
MCの途中、小川がボケをかまして、そこに石川が麻琴、寒いよねぇと突っ込むと他のメンバーから、梨華ちゃんには言われたくないわ。と言われてました。なんかアドリブっぽくて良い感じでした。

I WISHは聴くところ盛り上がるところとあるし、歌詞も良いし好きな曲なのですが、できるならきちんとフルコーラスでお願いしたいです。締めに向いてる曲だとは思いますけど。
最後のところは辻と石川が締めました。石川は見ているこっちが大丈夫かなはずさないかなとちょっと不安だったりしましたが、きちんと決めてくれました。
曲の後はみんなで手を繋いで万歳をした後、順番にひとことずつ挨拶をしながらステージ横に捌けていきました。
石川は「グッチャー!」とやってくれました。最後は飯田の「大宮サイコー!」で終わりでした。とはいえこの中にどれくらい大宮近辺の人がいたのだろう?
そして、当たったポスターをもらって、持ち帰り方に困りましたが、リュックの右側に刺して”ジム”スタイル(片方だから)で帰りました。秋葉原帰りの人みたいだ。(苦笑)

ということで先月のさくら組に続きおとめ組のコンサートにも参加できました。さくら組の時と同じように曲数が少ない、フルコーラスでない、寸劇やゲームはどうなの?というのはありますが十分楽しかったです。
持ち歌がさくら組と比べて激しい分、とても疲れましたが楽しめました。
劇やゲームはアリーナでなくホールならでは楽しみ方なのでそれはそれでありだと思いますので(←決してポスターが当たったから言ってるわけではないですよ?)フルコーラスだけはなんとかお願いしたいところです。
さくら組の時も書きましたが、分割コンはひとりひとりがよく見えて良いです。中でも感じたのは辻の存在感でしょうか、特に良く見ておこうと意識したつもりは無かったのですが、かなりその姿が印象に残りました。
飯田は言うに及ばず石川も会場を良く見ていて落ち着いて全体を考えながらやっているように見えたし、やはり、この3人は違うかなと感じました。
小川はなんか独特のテンションで思い切りノビノビやってる風に見えました。楽しそうで良かったです。
6期メンは田中、道重ともに成長したように見えました。が、その一方でミキティはいまいちその存在が薄かったように思います。
ソロコンサートも経験しているし十分なパフォーマンスは見せてくれていると思うのですが、娘。の曲ではどことなく所在なさげに見えてしまうのは見てる私の気持ちの問題でしょうか。
全体を通してステージ、会場とも良い雰囲気で、ホールらしい一体感があったと思います。次の娘。コンはさいたまスーパーアリーナでの分に参加予定なのですが、今回の分割コンのような感覚が味わえるでしょうか。
夏以降、分割コンサートがあるかどうかわかりませんがぜひ、またやって欲しいです。

戻る