2004年6月28日 安倍なつみ 〜あなた色〜 パシフィコ横浜

チケット

6月28日は安倍なつみファーストコンサートツアー〜あなた色〜を見に、パシフィコ横浜まで行ってきました。
平日で6時開場、7時開演ということで5時が定時の会社ならそれから会場に向かっても間に合うかも知れませんが、うちの会社は違って、どうやっても間に合わないので、有給使いました。
6月19日の中野サンプラザのチケットが取れれば問題無かったのですが、見事に外れたので・・・
パシフィコ横浜はちょっと前に開通したみなとみらい線のおかげで行きやすくなりました。東急東横線から直通でみなとみらい駅まで行けば、徒歩5分で着きます。
以前は桜木町駅から結構な距離を歩く必要がありましたから。ついでに中華街も近づきました。
と、東京近郊のローカルネタでした。
6時ほんの少し前に会場に到着。入場列に並び15分くらい待って入場でした。さすがに平日だけあって、子供は全然いませんでした。
グッズ売り場で、DVDパンフレット、写真、うちわといつも通りのグッズを買って、席へ。
19列目ですが、この会場は前10列は無くなるので実質9列目です。しかし、かなり左端で正面を向くと、そこはステージの左端よりもさらに左です。それに席の傾斜が緩やかなので、みんなが立ち上がるととても見難いです。
この会場は4000人以上入るホールで綺麗なのですが、あまりコンサートなどに向いているとは言い難いと思います。
チケットが届いたときに何か見覚えのあるような席だなと思ったら、あややのファーストコンサートの時の2つ横でした。
すぐ後ろが5,6席続けて空いていたりして、さすがに満員御礼とはいきませんが、3階までほぼ埋まっていました。

DVDパンフの一部や地球温暖化の話の映像が流されて、開演時間を待ちます。ほぼ定刻通り、会場が暗くなってスタートです。
スクリーンにはなっちの娘。での姿など今までの写真が映されます。その姿に会場からはオーと歓声があがります。
・だって生きてかなくちゃ
上が青、下が赤(オレンジ?)っぽいドレスでステージ中央、上の段からなっちが登場です。
まずは最新曲からです。
MC
1曲歌って、軽い挨拶のMCです。ソロコンサートを夢見て上京してきて、ASAYANのオーディションを受けて、モーニング娘。でデビューして、今こうしてソロコンサートをしていることが嬉しいです。というような内容でした。
・恋する女の子どすえ
アルバム曲です。タイトルは??な曲ですが、なかなか軽快で楽しい曲です。
・一人ぼっち
アルバムタイトルにもなっている曲です。じっくりと聞かせてくれます。
MC
ここでMCです。まずは先週の土曜日に終わったドラマ「仔犬のワルツ」の話題でした。リアルタイムで家で見ていて、演じているんだから当然、結末を知っているのにドキドキしながら見てた。と言ってました。
葉音が「これから・・・警察に行って」と言うシーンは「え?芯也が真犯人だったの?それを葉音は知っていたの?」って全国の見てくれてる人は思ったのかな?と言ってましたが、見てない人にはさっぱりわからない話でした。
私は飛ばし飛ばしで適当に見ていたので半分くらいしか分かってませんでした。(^_^;
そして話はNHKのデジタルドリームライブに移りました。娘。を卒業してから、ハロモニ以外で娘。と一緒になるのは初だったそうです。
NHKホールに着いて、車を降りたらすぐにののがなちゅみーと言って抱きついてきて、ハグハグ。だったそうです。
その後、娘。の楽屋に挨拶に行ったら、みんな「仔犬のワルツ」を見ていたようで、最後はどうなったかの質問攻めだったそうです。特にやぐちが真っ先に「どうなったの?死んだの?」と聞いていて、朝からいきなり死んだの?はきつかったなぁと言ってました。
楽屋は扉で無くカーテンだったので、メイク中なのに、ののが悪戯に来たり、あいぼんやかおりが会いに来たり、やぐちが語りに来たりしてた。と話してくれました。
娘。が楽屋の前を通り過ぎるときに、「安倍さん出番ですよー」と言いながら通って行ったそうです。
・サマーナイトタウン〜抱いてHOLD ON ME!〜黄色いお空でBOOM BOOM BOOM
ここで、中澤裕子と保田圭が登場して、3人で歌ってくれました。
3人が並んで歌っていたら、あぁこれって紛れもなくモーニング娘。だよなぁと思って感動でした。
メドレーでどれも短かったのが残念でした。どうせならフルで歌って欲しかったです。
最近はコンサートでここら辺の初期の曲を歌ってくれることが比較的多い気がしますが、「真夏の光線」もお願いしたいです。
MC
そして、3人でMCです。さっきのMCの内容を受けて、中澤が楽しそうに懐かし話してたじゃん。と言って、じゃあ3人で懐かしい話をしようと言うことになり、海外ロケの話になりました。
なっちがバリ島、行ってオイルマッサージしたよね、とかオーストラリア行ったよねとか話し始めて、保田はそれに答えて2人で話が弾みます。中澤は入れず、なっちはすっかり中澤にお尻を向けて保田と話してます。
中澤は客席を向いて、はぁ〜って感じのジェスチャーをしてます。客席がざわめいたのでなっちも気づき、裕ちゃんも行ったよね?と言いますが、行ったはずだけど、オイルマッサージとかしてない。と言い出して、その後もどうも話が噛み合いません。
そこで保田が、海外じゃないけど九州行ったとき、裕ちゃんと電気屋行ったよね?と振ると、あぁ、覚えてる、電気屋と本屋行ったね。その時なっちは何してた?と中澤。
えーと、やぐちちごっつぁんと映画見て、買い物してラーメン食べてた。そういえばかおりって何してたんだろう?なっちが言うと、中澤が交信してたんちゃう?と答えてました。
その後は上海で覚えた挨拶を3人で言おうとなっちが言い出して、3人で中国語の挨拶をしました。
なんか揃ってなかったですけど。(笑)
途中、なっちのマイクが保田の顎にコツンと当たるアクシデントがあったりしましたが、この3人で話していると面白いです。
どこまでがネタでどこからアドリブかわかりませんが自然に楽しそうに話してくれるのが良いです。
そして、保田が次の曲への振りで、ではここからはなっちひとりで・・・というと客席からは”え〜”という声。
当然、2人が引っ込んでしまうことに対する”え〜”なんですが、マイクスタンドを用意していたなっちがちょっとすねて後ろに下がってしまいました。
それを見た中澤が、”ほら、なっちコールしてあげて”、と客席に要求。客席からは、なっちコールがあがります。
気を取り直したなっちは歌います。と言って再びマイクスタンドをセットしました。
・ふるさと
そして、保田の振りでこの曲です。この曲は今の娘。やさくら、おとめなども歌いますが、やはりなっちの持ち歌と言ってもいいですからね。
でも、せっかく、中澤、保田がいるなら一緒に歌って欲しかったです。そりゃ、客席も”え〜”って言いますよ。
・せんこう花火
そして、「セカンドモーニング」からこの曲です。これも好きな曲で、去年の「22歳の私」発売記念イベントでも歌ってくれて嬉しい曲でした。
・男友達
次は「4thいきまっしょい」からです。この曲も好きな曲です。スクリーンにはみんな一緒にと振り付けが表示されてました。
事前に過去のDVDを見ていったので、ばっちりでした。というほど難しくもないですけどね。
・DO MY BEST(中澤裕子)
ここで2人がそれぞれソロで登場です。
・BEST FRIEND(保田 圭)
ソロ曲の無い保田は「FOLK SONGS5」で歌ったKiroroの曲を歌いました。確かにこの曲は良いと思いますけど、ソロ曲を作ってあげて欲しいですね。
MC
中澤が「圭ちゃんのBest Friendはいつ聞いてもいいねぇ」というと保田は「裕ちゃんの曲でみんな元気が出たと思うよ。」と答えて、ちょっとしたMCがありました。
・晴れ 雨 のち スキ
そして後半です。まずはこの曲のなっちソロバージョンです。この曲も客席の振り付けはかなり揃ってました。
聞きながら、なっちがいるときのさくら組コンに行きたかったなぁと思ってしまいました。
・トウモロコシと空と風
次は一転して元気なこの曲です。♪ブルースカイ〜のところはなっちの煽りで客席の振り付けと声が揃います。
間奏のところはクロールの手つきや背泳ぎの格好ですごく楽しそうな笑顔のなっちがステージを左右に走り回ります。
・Memory 青春の光
なっちソロバージョンです。といっても別に変わるところはないですけど。(^_^;
この曲もせっかくなら3人で歌って欲しかったです。
MC
ラスト前の短いMCです。「楽しい時間は・・・」と言った時点で客席からは”え〜”の声。
「楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますが、次が最後の曲です。あなたのために歌います。」という振りでラストへ。
・あなた色
アンコール前ラストはアルバムの中でも激しい方のこの曲でした。ここで一度退場です。
アンコール
アンコールを要求する声は当然”なっち、なっち・・・”でした。
・22歳の私
「アンコールありがとう」と言いながら銀色の衣装で再びなっちが登場です。上げた前髪が可愛いです。
”アンコール、アンコール・・・”って言う声が、”なっち、なっち”って変わったのを聞くと、あぁ違うんだなソロになったんだなと実感するというような事を言ってくれました。
そしてデビュー曲を歌ってくれました。
MC
ラストのMCです。小さい頃から歌うのが好きで、家やお風呂、お父さん、お母さんが運転する車の中、学校の帰り道とかいつも歌ってた。歌うときは大勢のお客さんの前で歌うことを意識してた。
ソロコンサートを夢見て、オーディションを受けて室蘭から上京してきて、今こうしてみんなの前にいることが幸せです。というようなことを話してくれました。
今、こうして1秒1秒過ぎて過去になっていくこの瞬間をこうやってみんなと一緒にいられることが嬉しい。なんかいつも、うまく伝えられないけど・・・
あぁ、いつまでもおしゃべりしてたいなぁ、ダメですか?と舞台の袖の方を見るなっち、ダメだって。と言うと、当然客席からは”え〜”の大合唱でした。
ここパシフィコ横浜は初めて来たけど、また横浜でコンサートをやるときはみんな来てくれる?約束だよと言って小指を挙げるなっち、客席もみんな小指を挙げて指切りです。
そして、今の気持ちです。みんなと「腕組んで帰りたい」と言ってラストの曲に繋ぎました。
・腕組んで帰りたい
アルバムで聞いたときは悪くはないなぁ程度の感覚だったのですが、こうやってコンサートのラストに聞くと、良い曲じゃん!って感じでした。
この曲の間奏で中澤と保田のふたりも出てきて最後に挨拶したのですが、袖から出てくる2人に迎えに行ったなっちがぶつかってました。
ラストは3人で手を繋いでワーと挙げて下ろす。という娘。の時と同じ様な挨拶です。中澤と保田が下がった後はなっちひとりでやってました。当然、客席もみんな合わせて手を挙げました。

ということで約1時間45分のステージは終了しました。短かったです。実際の時間も短かったですし、感覚的にもすごく短く感じました。
メドレーの曲をフルでやってくれるだけでも違ったかなと思いますけど。それにせっかく、中澤、保田がいるんだから「ふるさと」や「Memory青春の光」などの娘。の曲はコーラスとかで一緒に歌って欲しかったです。
でも、3人でのMCはすごくリラックスした感じで楽しげで良かったです。
時間やゲスト2人の使い方など不満はあるにはありますが、とにかくなっちの笑顔を見られたので、それで良いです。
ほんと、なっちの笑顔って良いですねぇ。それだけで全てがどうでも良くなって幸せな気分になっちゃいます。(^_^;

戻る