2004年10月2日 モーニング娘。 〜The BEST of Japan〜 横浜アリーナ

チケット

10月2日(土)はモーニング娘。コンサート、The Best of Japan夏〜秋を見に横浜アリーナに行って来ました。
横アリはなっち卒コン以来なので何か感慨深いものがあります。
新横浜の駅を降りると昼の部が終わって帰ってくる人たちがいて、お、来た来たという気分になってきました。
横アリに着くとたむろしてる集団がいくつもあり、それらしい雰囲気でした。
そのまま、裏手のグッズ売り場へ、今までならある程度行列が出来ていたと思うのですが、ガラガラで余裕で買えました。
DVDパンフやもう買うまいと思いつつメンバー別うちわをちょっと買ったりしました。
今回もトレーディングポスターがあったので、運試しで6枚購入しました。すると、飯田、矢口、石川、新垣x2、田中でした。
やぐち、石川を引いたのは良かったですが、ガキさんダブりか…、ミュージカルの時のキーホルダーもガキさんダブりだったなぁと。
で、入場列に並んだのですが、やはりここも人数少な目です。あれ?こんな感じだったっけ?とか思いながら入場しました。
席に言ってみると、センターの22列目の端っこです。ステージに遠くはないけど、近いとも言えないという感じです。
端で横のアリーナ席までは柵で区切られていてかなり距離があるので自分の横に妙に空間があります。17列目から前がSS席だったようです。
座ってボーっとしていると隣の席の人がやってきて、ここは○○列○○番ですか?と訪ねたので、ええ、それなら隣ですよ。と答えました。
開演時間が近づいて来てもセンター以外なかなか席が埋まりません。スタンド席は未使用の様です。
隣の人とも埋まりませんね、寂しいですね。などと話をしていました。
そして、時間になって、会場が暗くなりいよいよスタートという時になってもセンターすごく寂しい客入りでした。
アリーナのステージに近い方は前の方が親子席になっていて、その後ろには人が居ません。横を見て驚いてしまいました。
アリーナのステージから遠い方はほぼ埋まっていたようですが、トータルで5,6000千人でしょうか。
初めて娘。コンをここ横浜アリーナで見たときは今は閉鎖されているスタンド席のすごく上の方で角度のないところだったのに…
でも、人が少ない分、がんばって応援しないとね。と気を取り直して開演です。
開演直前に隣の人に誰のファンなの?と聞かれたのでもちろん「やぐち一推しです。」と答えました。
スクリーンにメンバー紹介のVTRが流されます。サッカー日本代表風の衣装でひとりひとり映し出されます。
そしてVTRが終わると”がんばれ日本サッカーファイト!”に合わせて、ステージの上に用意された12枚の扉からひとりひとり出てきます。
・女子かしまし物語
まずは、最新シングルからです。はじめにノリの良い曲で一気に会場の雰囲気も盛り上がるかと思ったのですが、なんかいつもと違う感じがします。
後ろの方からは結構盛り上がっている感じの声が聞こえるのですが、自分よりも前がなんかおとなしめです。
しかも、自分の席は端っこで横にすごく空間があってその先もあるのは立てない親子席、全然声援に包まれてる感じがしません。
それにこの曲だと、いきなり辻加護がいなくなったことを感じるんですよねぇ。
そのままラップ風のメンバー紹介です。
・ザ☆ピ〜ス
そして、次も勢いのあるこの曲です。十分に盛り上がっている感じはしましたが、でもこんなもんだっけ?って感じでした。
最近はGo Girl!の方が盛り上がる感もありますしね。とは言ってもやはりこの曲は好きです。
・そうだ!We're ALIVE
スタートから一気に勢いのある曲で繋いできました。やぐちセンター(?)ですから、気張って応援しないとね。
MC
ここでみんな、ステージ上の階段に座ってメンバーひとりひとりがマイブームを話して繋いでいくMCでした。
よっすぃーからスタートです。よっすぃーはインドカレー、次にガキさんに振って、ハムスターを見ること、次はやぐちでフィギュア集め、れいなが8枚切りのパンをトーストして何も付けないで食べること。
とここまではマイブームで来ましたが、小川が急に前の人盛り上がってますかぁ。後ろの人はとなって、流れが変わります。
紺野は変わった味のソフトクリームを探すこと。藤本は笑顔ですてきなコンサートにしたいと思います。だったかな。
亀井はそんなに見つめたら絵理照れちゃいます。高橋はやっぱりコンサートは良いですね。と言ってたと思います。道重はかしまし物語のジャケットでもしてるこの笑顔で、この時の手はLOVEの”L”なんです。プチ情報でした。
と言い、石川はいつの間にかプチ情報に変わってしまいましたけど、と繋いで、飯田が最後に思い出に残るコンサートにしましょう。みたいなことを言って、曲紹介をして次の曲へ。
なんか順番、内容があやふやです。
・恋ing
Go Girl!のカップリング曲です。静かな曲調で恋する女の子の気持ちを歌ったなかなかかわいい曲です。
頭3曲が勢いで来たので、良いのでは無いでしょうか。
・Happy Night
Memory〜青春の光〜のカップリング曲で、♪あぁ〜↑、あぁ〜↓って感じではじまるアップテンポなライブ向きな曲です。
私はコンサートで聞くのは初めてですが初期の頃はかなり盛り上がったナンバーのようです。
この選曲は昔からのファンに対してのアピールでしょうか。
MC(ゴロッキスタンディング大喜利)
やぐちが司会で、高橋、小川、新垣、亀井、道重、田中が参加する大喜利でした。ダメな答えだと後ろに一段下がるというルールです。
最初のお題は「○○温泉に行ってきたよ」と言って、やぐちが「へー変わってるねぇ」と言ったらその温泉ならではの特徴を言うというものでした。
全部は覚えてないので覚えているものだけ、
高橋、「春夏冬温泉」→「何回行っても”あき”が来ない。」
小川、「生卵温泉」→「生卵だらけでした」→意味が分からない、気持ち悪いと言われて、後ろへ
新垣、「小川麻琴温泉」→「良く滑るので注意してください。」
亀井、「自由の女神温泉」→ニューヨークと入浴をかけたネタだとやぐちにばれて、後ろへ
道重、田中は忘れました…
次のお題は草原にポツンと立つモアイ像の写真に吹き出しが書いてあって、そこにモアイ像の気持ちをひとこと入れるというものでした。
新垣、「目隠し取ってよ」→目のあたりが目隠しされているように見えたらしいが賛同が得られずダメ。
道重、「僕友達いなくて寂しいなぁ」→かわいいからOK
小川、「♪ひとりぼっち〜」と歌うが、重さんとネタが被ってダメ、一番後ろに
田中、「埋められてしまったけん、誰か助けて」、足が埋まっているように見えたらしい、OK
高橋、「姿勢が良いんだけど、撫で肩なんだ」、確かに肩幅狭いねで、OK
高橋はあと、もうひとつとっても外したけど、伏せておきますw
最後にやぐちが答えるようにみんなから言われて、客席からもやぐちコールが起きて、やぐちが考えることに。
高橋がこの前、福井に帰ってきました。とか話しているうちに、しばらく考えて、やぐちが答えました。
矢口、「もー、あいぼんと辻ちゃんがいないと寂しいなぁ」→もーあいでモアイと掛けたらしいけど、ゴロッキに分かってもらえず、一番うしろまで下げられる。
ここで、やぐちにその二人が居ないから寂しいとか言われてしまうと、お客さんの入りの寂しさと相まってとても寂しい気持ちにまってしまうので止めて欲しかったです。
洒落になってないですよ。
退場の音楽に合わせてゴロッキは退場、やぐちは後ろにいたので音楽が終わるまでに降りてこられず、「ほら間に合わなかった」と言いながら、手前まで戻ってきて、美勇伝の紹介でした。
・恋のヌケガラ(美勇伝)
石川梨華率いる新ユニットです。テレビにも出てましたし、すでにCDは発売されているので何度も聞いてます。
無難にまとめたのではないでしょうか。
・Doorの向こうでBellが鳴ってた(飯田圭織)
カオリンがしっとりと聞かせてくれます。安心して聞けますね。
・シャイニング(カントリー娘。に紺野に藤本(モーニング娘。))
この曲、きらいじゃないんですけど、あさみとみうなのパートがえらい少ないように感じました。
MC(チャーミーズエンジェル)
飯田、石川、藤本がさっき歌ったままの衣装で出てきて、そこにアクダマン(紺野)の声が響きます。
ひとみ姫が手錠を付けられて、とらえられています。この時のよっすぃーはティアラを付けていてかなりかわいかったです。
ひとみ姫を助けたければ、4人の気持ちを合わせてみろということで、アクダマンの質問に4人で答えます。
まずは船の汽笛はどんな音か言葉で言ってみろ。とアクダマン
すると、藤本「ボー」、石川「ポッポー」、飯田「シーップ」、姫「ボー(だったかな?)」
で全然、あわずにだめ。
次は、マラソン選手がゴールしたときの格好は?
藤本&石川は両手を上げて普通な感じ、飯田は頭のうしろに手を当ててセクシーな感じ、姫は片手を上げてまるで砲丸投げのような感じ。
やはり、これもそろわず。
最後、アクダマンにお世辞を言ってもう一回だけチャンスをもらい、海の魚と言えば?
えー、そんなの揃うわけ無いよと言いながら、4人とも「カジキマグロ」と言って姫の救出に成功しました。
・ハッピーサマーウェディング
前のMCが終わるとすぐに残りのメンバーが出てきて、すぐにこの曲がはじまりました。
台詞とあちゃーはやぐちが担当でした。♪一生懸命、恋しました。は高橋でした。
中澤がいなくなってからは台詞は飯田でしたけど、飯田の次はやっぱりやぐちになりますね。
・抱いて HOLD ON ME!
そのまま、懐かしめの曲が続きます。”ねぇ笑って”は高橋担当ですっかり高橋メインな感じでした。
・サマーナイトタウン
今度はメンバーが入れ替わってサマナイでした。やっぱりミキティの声が目立ちますね。
・AS FOR ONE DAY
ここで全員揃って(たはず)、この曲でした。ここまで3曲の展開はフォーメーションがたいへんだったと思います。
・ここにいるぜぇ!
そして、おとなしめの曲から一気に盛り上がれる楽しい曲です。
よし、来たと思ってピョンと飛んだら、自分の視界に入っている人たちはあんまり飛んでません。
おとめコンの時の時のような盛り上がりをイメージしていたら、あれ?と拍子抜けしてしまいました。
最後のジャンプ、ジャンプ…も全然揃ってなかったですし。
MC(田中司会、飯田、新垣、藤本)
で、またMCです。田中司会で3人にマイブームを聞きます。
まずは、携帯のストラップです。
飯田、マスコットとか好きで、あとはギリシアで買ってきたキーホルダー。お守りで目玉みたいな感じなんだけど、ずっとあなたを見守っていますという意味なんだって。
新垣、愛ちゃんとまこっちゃんが買ってきてくれたストラップ、5期でおそろいです。
藤本、干し柿とかしてますね。と、ボケると
新垣が、干し柿いいですよね。とうけて、飯田もああ、そうねぇ。と続く。そこで田中がいや、ボケないでくださいよ。と納めました。
で、次は携帯のカメラで何を撮りますか?
飯田、変わった衣装の時とかかな。胸にカメラが付いてるのとかw
新垣、お休みの日に出かけたところで、ムービーにして送ったりします。まこっちゃんに送ると返信で全然関係ないものが返って来て面白い。変な歌とか歌ってます。
藤本、焼き肉屋さんのメニュー。
と言うと、田中がメニューなんて撮るんですか?と質問、ミキティ冷たく、「撮るわけ無いじゃん…。」
田中はいや、だからボケなくていいんですよ。普通にトークしてくださいよ。と言うと、ミキティはじゃあ、ちゃんと突っ込んでよ。
と言って、ボケたら突っ込むことに。
最後の質問は、携帯の待ち受けはなんですか?
飯田、ずっと変わってないんだけど、パカッと開くと文字で「カオリン」って出てくるやつ。
新垣、この前、愛ちゃんとツーショットで撮った写真。
藤本、辛子明太子。
…ミキティがボケたのに、田中のツッコミがありません。「突っ込めません。福岡だから明太子とか普通だし…」
という落ちでした。
ここでミキティはやりにくいので帰らせていただきますと言って引っ込んでしまいました。
そこで、田中がわたし司会に向いてないですか?と聞くと、「飯田が司会には愛が必要なのよ、愛が…」
・Mr.Moonlight〜愛のビックバンド〜
と、前のMCから繋ぐ形で高橋が出てきて♪愛をくださーいーと歌い始めました。
・Hey! 未来
・Memory 〜青春の光〜
・恋愛レボリューション21
・シャボン玉

メドレー風に短めで一気に繋いでいきます。恋レボの最後は、田中、高橋が早めに消えて、衣装替えをして、シャボン玉のスタートに繋ぎます。♪愛する人はれいなだけぇはかなり声が揃っていたような気がします。
フルコーラスでじっくり歌ってくれる方が嬉しいですがさっきのMC前といい、めまぐるしく変わる構成はがんばっていたと思います。
ラスト2曲いくよーと言ってアンコール前最後の2曲へ。
・浪漫〜MY DEAR BOY〜
・Go Girl 〜恋のヴィクトリー〜

さすがにここは客席もかなり盛り上がりました。浪漫はミキティ、よっすぃー、石川メインでメンバーが減った減ったことは感じませんね。
そしてGo Girlはやはり今、一番盛り上がる曲ですね。
アンコール
・涙が止まらない放課後
スクリーンに夕方の空が映されます。それを見て、これは新曲来たな!と思ったら案の定、来ました新曲。
ミドルテンポのとってもアイドルらしい感じの曲です。なんとメインは紺野、道重、そして石川、藤本です。
こんなに長く歌う紺野を初めて見ました。
まさかここで紺野と道重という歌に関しては不安なメンバーがセンターだとは意外です。確かにふたりとも初めに比べればかなり良くなったとは思いますけどね。
MC
そして最後の挨拶です。よっすぃーから始まります。
秋と言えばスポーツの秋、スポーツと言えばフットサルと言ってお台場で勝った話とスポフェスもがんばりますというようなことを話してくれました。メンバーひとりひとりがひと言ずつ言っていき、最後に飯田が、「では最後の曲です。愛あらば…」というと客席も声を合わせて「IT'S ALL RIGHT」
・愛あらば IT'S ALL RIGHT
そしてラストはこの曲で締めました。ラストに向いてる曲という感じはします。
♪愛あらばIT'S ALL RIGHT 太陽はすべてお見通しさ のところは、客席みんなの振りもかなりそろってました。
最後は出てきた時と同じようにステージ上の扉にひとりひとり消えていきました。

ということで2時間弱のステージは終了しました。
ステージで見せてくれた娘。たちのパフォーマンスはこれまでと比べて別段劣ることは無かったと思うのですが、お客さんの入り、ノリもあって、何とも言えない寂しい気持ちになってしまいました。隣の席の人と寂しかったですねと言いながら駅に向かいました。
不完全燃焼でした。
メンバーが入れ替わりながらメドレー風に繋いだり、懐かしい曲、カップリング曲を歌ったり曲の部分もがんばっていたのですが、MCが長すぎる感はうけました。
レポを書いていてもMCのことばかりになってしまいました。(それは曲のことに関して気の利いたことが書けない私の責任もありますが。)
先週のあややコンがあくまでも曲が中心でMCは繋ぎと感じられたので余計にそう感じました。
ネタのMCは1つにして、あとはフリートーク風で軽くメンバー数人で話すくらいが良いのではないでしょうか。
あと、よっすぃー、やぐち、高橋の出番がかなり多かったように感じました。飯田、石川の卒業を見越した構成だったのでしょう。
よっすぃーは天才的にかわいい娘の部分を見せてくれたと思います。やぐちもリーダーとして引っ張って行く姿勢が感じられたと思います。
しかし、今回のお客さんの少なさはショックでした。日曜の夜の部はDVD撮影もあったせいかスタンド席までうまりかなり盛り上がったそうなので良かったですが、以前は土曜日だって十分、埋まっていたはずです。
今年はなっちが抜け、辻加護が抜けてたいへんだと思います。事実、何か物足りない物を感じてしまいます。
卒業したメンバーがそれぞれツアーを組めば当然、ハロプロファン内でお客さんを取り合ってしまう形になります。
今回歌ってくれた懐かしめの曲もなっちコンでの3人の方が説得力があったのは事実です。
でもモーニング娘。の曲なんですから古い曲から最新曲まできっちり歌いこなして欲しいです。
ホールのコンサートの方が楽しいし、無理にアリーナで無くても、パシフィコや国際フォーラムなどの4,5000人規模の会場でやるのも良いかも知れないとも思いましたが、やはり娘。はアリーナを埋めるだけの力を持っていて欲しいです。
もちろん、私は今後も応援していきますよ。

戻る