2005年1月30日 ハロー!プロジェクト Hello!Project2005 Winter オールスター大乱舞 〜A HAPPY NEW POWER! 飯田圭織卒業スペシャル〜 横浜アリーナ

チケット

1月30日はモーニング娘。最後のオリジナルメンバー飯田圭織が卒業するハロプロコンサート「ハロー!プロジェクト Hello!Project2005 Winter オールスター大乱舞 〜A HAPPY NEW POWER! 飯田圭織卒業スペシャル〜」(タイトル長すぎ)を見に横浜アリーナまで行ってきました。
開場時間のちょっと前くらいに着くように4:30過ぎに新横浜の駅を降りました。するとこれから横アリに向かいそうな人々が多く、駅前にはパチモングッズのお店も多く出ています。
横アリに近づくとダフ屋もかなりいました。去年秋の娘。コンでは感じられなかった感じです。
そんな中を通り入場列へ。今回は会場内で会場内限定のライブ写真の販売があるので規制入場になっていました。
そのため、開場時間になってもゆっくりしか列が進みませんでしたが、それほど待つことも無く入場できました。
せっかくだから限定ライブ写真(50枚5000円!)を買い、席に行ってみました。
今回のステージ構成はかなり変わっていて、メインステージからセンター席を取り囲む様に花道があり、後方にあるサブステージと繋がっていました。
で、私の席はアリーナBで、ここはサブステージ後ろのPA席(機材があるところ)の後ろでした。2列目なのでサブステージから遠くは無いですが、PA席とその前に席が少しあるので、何とも微妙な距離と見え方です。
この構成だと、サブステージとPA席の間にある席の人と、アリーナA,Dの前の方の人が最高の席だったかも知れません。
開演時間が近づき、エコモニのビデオが流れ、アナウンスが流れ終わると、みんな立ち上がってかおりんコールをはじめました。
そのまま、ちょっと時間が経ち暗くなっていよいよスタートです。
曲目は基本的に正月コンと同じで、紅白両方のメンバーで歌う感じです。だいたいメインステージとサブステージに別れて歌っていました。
サブステージに誰かいるとそちらしか見てなかったのでメインで何が起こっているのか良くわからないという状況でした。
・でっかい宇宙に愛がある
まずは全員で花道にも広がって、この曲からスタートでした。ちょうど正面の花道にやぐが来てくれてました。
・ザ☆ピ〜ス
ここはみんな動きながらなので誰が誰だかもうって感じでした。
・Yeah!めっちゃホリディ
で、そのまま、みんなメインステージに集まって、ここまで歌って一区切りです。
・THE マンパワー!!!/モーニング娘。
今回はアンコールではなくここでマンパワーでした。
・ロボキッス(W)
これはサブステージで歌ってくれたので、結構近くて良かったです。
・カッチョイイゼ!JAPAN(美勇伝)
美勇伝の新曲です。カッチョイイゼ!を連呼してました。衣装が結構すごいです。というか岡田の胸が…
・晴れ 雨 のち スキ
これは主にお姉さんチームがサブステージ側で歌ってくれました。
・恋をしちゃいました!
メインのみでした。
・ミニモニ。ジャンケンぴょん!
これは全体にキッズ(エッグ?)が広がって歌ってました。れいなとガキさんが出てきたのですが、意外なことに(?)れいながミニモニ。の衣装が似合っていてかわいかったです。
・愛の園〜Touch My Heart!〜
サブステージ側ではよっすぃーがちょうど見えるところでした。
・赤い日記帳
これはサブステージでした。重さんがいたのは確認しました。というかそれだけ確認しましたw
・桃色片想い
紺野と雅がメインで歌っていて途中から石川、稲葉がサブステージに出てきました。
・恋のテレフォン GOAL
これは加護と亀井がメインステージで歌いました。亀井が髪を切ってショートにしていたのですが、これがとても似合っていて良いです。ファンの中でもかなり好評な感じです。
・原色GAL 派手に行くべ!
これはごっちんがばっちり盛り上げてくれました。
・渡良瀬橋
あやや&ごっちんです。前回聞いて、ごっちんバージョンいいなぁと思ってしまったせいもあってか、歌終わったあとにメインスクリーンに映ったあややの表情がなにか微妙だったように感じてしまいました。
・モーニングコーヒー
裕ちゃん、かおりんがいるモーコーです。最後、メインスクリーンに2人が映ったのですが、裕ちゃんはうるうる来てました。そうですよねぇ。
でも、なんでこの曲を流れの中に普通に入れてるのか疑問ですね。
・FIRST KISS
あやや、辻、前田というなんとも不思議な取り合わせでした。結構良い曲だったのかもと思い始めました。
・ちょこっとLOVE
メインステージで大人数だったので誰がいたのか良く覚えてません。
・幸せですか?
メイン、サブ共に使っていました。
・チュッ!夏パ〜ティ
これも両方で赤のメンバーがサブステージでした。重さんがいたので他は誰がいたのか良くわかりませんw
・壊れない愛が欲しいの
シャッフルの曲ってこういう時に歌わないともう歌われないですからね。
・恋愛レボリューション21
ここからはラストに向けてノリの良い曲が続きます。
サブステージには重さんとまたも気合い入りまくりの裕ちゃんがいました。そして、♪この星は美しい”ごっちん”の声援はばっちりでした。
・ピリリと行こう!
隣の席の人がベリ工推しのようで、とてもはしゃいでました。
・LOVEマシーン
・ここにいるぜぇ!

ここら辺の曲はみんなグルグルメンバーが動いていったので、誰が前にいたのか良く覚えてません。
でも、今回のような構成だとその当時のメンバーが歌えるというのは良いですね。
・手を握って歩きたい
そしてラストです。「♪ありがとう、素敵な想い出、出会ったみんなありがとう。」のところはかおりんがメインスクリーンに映って歌いました。確かにぴったりの歌詞です。
そしてみんな一度退場します。
アンコール
ここで事前にネットで言われていたとおり、みんな黄色のサイリウムを準備しはじめました。徐々に会場全体が黄色い光に包まれ、かおりコールが響いていきます。
卒業コンサートでは定番になったサイリウム企画ですが、やっぱり一色に染まる様子は感動的です。
特に初めてのサイリウム企画、タンポポ祭りと同じ黄色ですから。最近は主催者側もそれを当てにしているような節がある(というかしてますね、絶対)のはちょっと気になりますが、気持ちの問題ですからね。
そして、そのタンポポ畑の中に白いドレスに身を包んだ飯田圭織が入場してきました。
しばらくは、かおりコールの中、笑顔で会場を見渡していました。メインスクリーンにはその表情と客席がオーバーラップして映し出されています。
その後、ゆっくりと挨拶をはじめました。
「1月28日でモーニング娘。は7周年を迎えました。そして今日、1月30日、私、飯田圭織はモーニング娘。を無事、卒業できそうです。
7年間、いろいろな人に支えられ愛されてきて、今、こんなに素敵なモーニング娘。がいます。
モーニングコーヒーのイベントではじめてここ横浜アリーナのステージに立ち、7年後にこうして、皆さんと歌えるとは当時は思いも寄りませんでした。
初期メンバーから6期メンバー、卒業メンバー、掛け替えのない仲間です。みんなに出会えたのは、応援してくれる皆さんのおかげだと思います。本当に感謝しています。
そして、今日がまた私にとって最高の想い出の一日になりました。どうもありがとう。」
そして、会場がかおりコールに包まれる中、メンバーが入場してきます。
まず、やぐがバラの花束を渡し、「みんなからのメッセージを受け取って下さい。」と言ってひとりひとりメッセージを伝えます。
まずは重さんからです。涙をこらえながら話します。
「入ったばかりで緊張していた頃、”さゆ、おいで”っていつもかわいがってくれて嬉しかったです。飯田さん、今日も美人です。」と言うとかおりんが「うさちゃんピースは?」と聞いたので、涙声で「うさちゃんピース」と言ってうさちゃんピースをしました。
かおりんは本当に重さんのことをかわいがっていたんですね。この涙のうさちゃんピースにはかなり来ました。
そして、次はれいなです。はじめから、もう涙ボロボロ流してます。れいながこんなに泣くと思ってなかったので少し驚きました。
なかなか話せませんでしたが、なんとか声を出します。
「はじめは恐くて話しかけられるかなとか考えてたけど、いっぱい話が出来て、嬉しかったです。」
と言っていました。れいなも強いようでも、そうだったんですね。
亀井は「絵里ははじめいつも何をすればいいかわからなかったり、声が小さかったりしたときに飯田さんがもっとがんばれってことを教えてくれて、自分から出来るようになりました。」というような事を言ってました。
この一番若い3人にとってはほんとに良い先輩でありお姉さん的存在だったんですね。
そしてミキティです。「飯田さんには入った頃、反抗したりして迷惑や心配をかけましたけど、年上のメンバーのなかではじめに”美貴ちゃん”って言ってくれたのが嬉しかったです。」と言って最後は涙声になってました。
ソロから娘。に入れられて、むかつく部分もあっただろうし、でも疎外感みたいなものをあって寂しさも感じていたであろうミキティの気持ちが感じられて感動しました。
次は5期メンです。5期メンもみんなボロボロ泣いてます。まずは紺野からです。
「はじめいろんなことで怒られて、もしかして飯田さんに嫌われているんじゃないかと思ったことをあったけど、それは私がモーニング娘。としてがんばっていく中で必要なことだったんだと今はすごく分かります。」
と言いました。なっちの時は出られなかったけど、今度は気持ちを伝えられて良かったですね。
つぎはガキさんです。「はじめ何も分からなかった頃、歌やダンスを一から教えてくれて怒ってくれて、あの時怒ってもらえなかったら今も何も出来ないままの自分だったと思うのでとても感謝しています。」
と言っていました。
小川は「いつも飯田さんはいつも周りのみんなを見ていて、去年の末も、何か悩んでることない?って電話してくれて嬉しかったです。卒業しても相談にのって下さいね。」
と言いましたが、卒業しても相談にのって下さいっていうのは、ちょっと他の3人比べたら情けないと思ってしまいました。送り出すんだから少なくとも強がらなくっちゃ。
高橋は「笑顔で見送るって決めたんですけど…」と泣いていましたが「これからはライバルとしてがんばりましょうね。これからもモーニング娘。を愛し続けて下さい。」と言いました。
次からは4期メンです。まずはよっすぃーです。さすがよっすぃー、涙はないです。
しばらく間があり、「かおりんがいなくなっても、モーニング娘。、かおりんの分までがんばるから、かおりんもがんばってね。私はサブちゃんだけど、がんばるよ。」と言った後、「バラ似合ってるよ。」と言いました。
かおりんも「ありがとう、まかせたよサブリーダー」と答えました。
石川は「かおたんは今までリーダーとして、モーニング娘。を支えてくれたけど、かおたんがいなくなっても11人でモーニング娘。を愛し続けるから、これからも見守って下さい。」と涙を見せながらも比較的淡々と話しました。
そして、最後はやぐです。
「かおりんとはほんとに長い間一緒にいて想い出もいっぱいあるけど、こうしてまた一緒にタンポポが咲いたの見られて、今の気持ちをひと言で言うと、ほんとに胸がいっぱいです。
これからはかおりんに負けないようにリーダーとしてがんばるから見守っていてね。でも、かおりんが築き上げたモーニング娘。は大切にしていくから任せてね。」と言い、かおりんは「リーダーよろしくね。」と応えて次の曲に行きました。
ここでみんなのサイリウムは白になり、会場中のタンポポは綿毛へと変わります。
やぐのメッセージの途中でもかなり白に変わりつつあったのですが、タンポポという言葉が出てきたのでみんなもう一度黄色を振ってました。
・夢の中
ファーストアルバムに収録されている曲です。なかなか良い選曲だと思います。かおりんがメインで歌い、みんな順に抱き合っていきました。
最後、やぐが、「かおりん7年間ほんとにお疲れ様でした。卒業おめでとう。」と言い、かおりんが「みんな、本当にどうもありがとう。モーニング娘。でした!」と言いました。その後は全員で「どうもありがとう。」と言って退場していきました。
その後は司会のまことと稲葉貴子が出てきたんですが、泣いていました。ずっとハロプロで一緒にやってきて、やっぱり胸を打つものがあったんでしょうね。
・ALL FOR ONE & ONE FOR ALL
そして、ラストはこの曲でした。裕ちゃんも、圭ちゃんも笑顔に涙って感じでした。最後にこの曲というのは去年のなっち卒コンラストの曲に比べると、良かったかなと思うと同時にそこになっちがいないことが残念でなりませんでした。
こうして、約2時間のコンサートが終わりました。やはりハロプロコンでなく娘。コンでラストをという気持ちは残りました。
それにコンサート自体も花道やサブステージがあって、多くの人が近くで見られるというのは良いですが、その分、前に誰がいるかというところに気が行ってしまって、全体としての印象が薄くなってしまうのはいまいちだと思います。(やっぱり推しメンが側にいるとそこばかり気にしちゃいますよね?)
サイリウム企画は途中で色が変わるというものでしたが、成功だったと思います。すっかり、卒コンではやらなくてはいけないことって感じになってしまってますけど、ファンの感謝の伝える方法としては良いと思いますからね。
この企画ではネットの力を感じます。なければ無理でしょうからね。やはりモーニング娘。はネット時代のアイドルなのでしょうね。
そして、かおりんに対するメンバーのメッセージを聞いて感じたことは立派なリーダーだったんだなということです。
みんな怒られているんですよね。でも先輩として後輩を叱るのってすごく難しいと思います。
反抗されるかも知れないし、嫌われるかも知れないと思うとなかなか叱れないものだと思います。
芸能界というのは一般の会社とは違うでしょうけど、それでもきちんと叱れてそれを理解してもらえたんですから、とても立派なことだと思います。
まだ23歳、会社員ならまだ新入社員の年齢なのにやっぱり人間、年齢じゃないです。立場が人を作るんですね。勉強させられました。
これからはやぐがモーニング娘。を引っ張っていかなくてはなりません。切れ者ですから大丈夫だと思いますけど、娘。を取り巻く環境は厳しいと思います。
でも、本人もそれを自覚していますし、新しいモーニング娘。を見せてくれると思います。新リーダーに期待してこれからも応援していきます。

戻る