2005年2月13日 安倍なつみ レビュー&コンサート「むらたさ〜ん、ごきっ?」 日本青年館

チケット

2月13日は安倍なつみレビュー&コンサート「むらたさ〜ん、ごきっ?」を見に日本青年館に行ってきました。
なっちは詩の盗作問題で活動自粛の後一発目のコンサートになります。
元々、この「むらたさ〜ん、ごきっ?」はメロン記念日のレビュー&コンサートのタイトルだったと思うのですが、なっち、メロンともにレビュー部分は同じでコンサート部分が違うという構成になったようです。
なっちの活動自粛により内容が変更されたのでしょう。
4時40分くらいに会場前に着きました。ちょっと早すぎましたがやがて入り口前の階段に入場列が作られそこに並びました。
ほぼ開場時間通りに開場、入場すると、お詫びの書かれた写真を一枚もらいました。入り口とグッズ売り場の横にはなっちと事務所の社長からのお詫び文が貼られていました。
そのままグッズ売り場に向かったのですが、すでにかなりの商品が売り切れでした。頼まれていたし自分でも買おうと思っていた写真A,B,Cセットもありませんでした。
仕方ないのでDVDだけ買っておきました。開場してすぐに行ったのに無しなんて、しかもAセットは会場限定なのにどうやって買えっていうんだ!
全体的にこぢんまりとした会場で、席に着いてみると8列目で結構近く、前が通路なので見やすそうでした。
時間と共に席が埋まっていきます。年季の入ったファンが多そうです。女の人はほとんどいません。
そして、6時をちょっと過ぎ、会場が暗くなると、一気になっちコールです。
いよいよ幕があがりました。まずはレビューパートからです。
5人はダンスで有名になることを目指してスクールで練習に励む仲間であり、ライバルです。
というようなナレーションが流れて、聞き覚えのある曲で5人が踊っています。
一瞬、なんだ?と思ったら森高千里の「私がオバさんになっても」でした。なんだか良くわからない選曲ですが、懐かしかったです。
で、その後、メロンの4人が雑談をしているとなっちが大ニュースを持ってきます。
来月にはダンスの世界的な大会があり、その日本代表を決める大会にそのスクールからも1チーム出られることになり、その代表を決めるオーディションが開かれます。
それの課題は1つ目はチームで衣装を考え課題曲の「私がオバさんになっても」を踊る。2つ目は何の曲が流れるか分からないが最後まで踊りきることというものです。
衣装を決めようと言うことになりますが、メロンの4人はなっちの言うことを真剣に考えず、なっちがテーマはエコロジーが良いと思うと言ったら「それ、いいねぇ」と言ってさっさとランチを食べに行ってしまいました。
いざ、課題曲開始で、5人が登場すると衣装はバラバラです。
なっちはエコロジーは自然との共存ということで森の妖精をイメージした緑のかわいらしい衣装、大谷はエコロジーは節約と言って衣装代をケチって普段着。
柴田はアンミラ風のウェイトレスの衣装。ウェイトレスと何回か言ってるうちに無理矢理エコロジーに変えてましたけど無理ありすぎです。
しかし、この柴っちゃんの衣装はかな〜りかわいかったです。
エコをエロにしてしまった斉藤はスリットの深く入ったチャイナ服、村田はエコといえば愛・地球博でしょうと言って、愛・地球博のTシャツと緑と黄緑のボンボン(これはイメージキャラクタを意識したらしい)でした。
そのあまりのバラバラぶりになっちは怒ってしまいました。ですが4人も反省して、あやまり2つめの課題になります。
この時はハロプロの曲がランダムで細切れで流されるのでそれに合わせて踊ります。
Do it! Now、CRAZY ABOUT YOU、壊れない愛が欲しいの、あなた色、色っぽい女〜SEXY BABY〜、あとはメロンの曲も流れたと思うのですが覚えられませんでした。(間違ってるかも)
これは本人たちも何が流されるのか分かっていないとのことで必死に合わせてました。
で、最後にどうですか?審査員のみなさん。と言って客席からは拍手が送られて幕でした。
流れを書いてみてもさっぱり伝わりませんね。難しいです。
レビューとは歌、踊りが中心の喜劇ということなので全編笑いが多かったです。メロンが(特に村田が)ボケてなっちがつっこむって感じでした。
途中、なっちが台詞を間違えたり、村田がずっこけたりすることもあり、それも笑いを誘ってました。
タイトルの「むらたさ〜ん、ごきっ?」ですが、挨拶の時にご機嫌いかが?の意味で「ごきっ?」とやってるだけでした。
途中、なっちが歌う「私がオバさんになっても」のスローなバージョンはなかなか良い感じでした。アルバムにでも入れてくるかな?
レビュー部分は30分くらいでした。その後、5分ちょいの休憩の後、コンサートになりました。

なっちが登場すると改めてすごいなっちコールです。おかえりという声も飛んでます。
・ふるさと
オレンジ色のドレスで登場したなっちがこの曲から歌ってくれました。
やはり、なっちといえば外せない名曲ですからね。
・せんこう花火
そして、そのままこの曲。なんか聞いてるうちに「22歳の私」発売記念イベントを思い出しました。
MC
お待たせしました安倍なつみでーす。と挨拶です。
今回はみなさんにご心配とご迷惑をお掛けしまして申し訳ありませんでした。改めてファンの方の大切さを感じました。というような内容で今回の騒動に対するお詫びでした。
そこで、よしっと気持ちを入れ替えて、ここからはコンサートの時間です。楽しんでいって下さいね。次の曲は「晴れ雨のちスキ」…と言って次に繋ぎました。
・晴れ雨のちスキ
すっかりなっちの持ち歌ですね。PPPHもすごい音量ですw、さびのところは比較的あわせやすい振りなので客席もかなり揃ってます。
・恋にジェラシー申し上げます
「だって生きていかなくちゃ」は無くてカップリング曲を歌いました。結構好きな曲だからOKです。
・トウモロコシと空と風
そして次は元気いっぱいのこの曲です。間奏はクロールと背泳ぎでステージを走り回ります。
♪ブルースカイ〜のところはなっちがみんな一緒にと誘って客席もみんな歌ってました。
MC
MCです。レビューって何だろう?って思ったので辞書を引いてみたら…と言ったら、会場からオーと感嘆の声、なっちは、いや、なっちも辞書くらい引くってという感じの反応でした。
で、レビューとは歌や踊りを中心とした喜劇だそうです。
「むらたさ〜ん、ごきっ?」の”ごきっ?”もスタッフさんに聞くまで意味が分かりませんでした。
なんていう感じの内容でした。
・涙が止まらない放課後
違う曲のような感じがしました。なっちバージョンも良いですね。
・…ひとりぼっち…
1stアルバムのタイトル曲です。きっちり歌い上げてくれました。
MC
23歳になってかなり経つんですが、この前までカモノハシをカモノシカって覚えてました。スタッフさんに爆笑されました。
そんな安倍なつみがお送りしているわけですが。まだまだコンサートは続きます。
という感じのMCでした。しかしどこからカモノハシの話が出てきたんでしょう?
・Memory 青春の光
去年のあなた色プレミアムでは裕ちゃん、圭ちゃんと3人で歌ってくれたので一人だとちょっと寂しいです。
また、なっちのソロコンにゲストで2人が来てくれたりすると良いんですけどね。夏以降に期待ですかね。
・ウソつきあんた
一瞬、あれ?この曲なんだっけ?と思ってしまいました。ちょっと意外な選曲でした。
・何も言わずにI LOVE YOU
娘。のアルバム「4thいきまっしょい!」からです。
ベストショットDVDでなっちのソロバージョンも聞いてましたが、久しぶりに聞いて、改めて良い曲だと思いました。
「♪何にも言わずにこれからも大切にしてね」っていうのは今聞くと特別な意味を感じてしまいますね。
・恋のテレフォンGOAL
正月のハロプロコンで聞いたあいぼんバージョンも良かったですが、やっぱり本家ですねw
会場もすごい盛り上がりです。やっぱり、なっちはかわいいやって素直に思いました。
でも、前が通路だった所為で係員が散々目の前を通ってかなりうざかったです。すごく気分を削がれますよね。
・あなた色
そのままの勢いでこれも盛り上がる曲です。照明は真っ赤になり、ステージの横にはたいまつのように6本くらいの火が灯されていました。
MC
次はラストの曲です。というと当然、会場中から”え〜っ”という声が。
それをしばらく笑顔で聞いた後、記念すべきソロデビュー曲です。と言って次の曲にいきました。
・22歳の私
以前はもっと振りが大きかったと思うのですが今日はほとんど振りは無しでした。でもその分、歌に気持ちがこもっていたように感じました。
白い光に包まれてこの曲を聞いてからもう一年経ってしまったんですね。
で、ここでいったん退場です。
アンコール
退場して会場が暗くなるとすぐになっちコールが起きて、それはなっちが再び登場するまで声が小さくなることはありませんでした。
MC
アンコールありがとう!と言って満面の笑みでなっちが現れました。
今日はカメラの撮影で…ってカメラの撮影で変だね。DVDの撮影でカメラがたくさん入っているので、初日とは違う緊張がありました。
マイクを持っていても手が震えるし、汗ですべるので舞台の袖で何度もこうやって拭いてました。と言って衣装で手を拭いてました。
やっぱりライブはいいなぁって思いました。歌っていて感動するし、それもみんな、皆さんのおかげです。
というような内容のMCでした。
今日一緒に盛り上げてくれたメロン記念日です。と言ってメロンの4人が登場しました。
大谷が、「裏でライブを見ながら、みんなを昆虫に例えると何かなぁって考えてた。」と切り出すと、なっちは「いっつもそんなこと考えてるの?メロンって面白いねぇ」と返しました。
「楽屋でも会話を聞いてへぇって思ってた。」となっちが言うと斉藤が「でも楽しいでしょ?」と聞くと「うん、テンション上がるね。」と応えてました。
で、昆虫に例えると何かを大谷から言っていきました。
大谷は「私はカマキリかなぁ」と言うと、なっちは「頭がシャッシャッとしてるから?衣装が緑だから?」とか言ってました。でも、みんな何となく納得した感じです。
次は柴田がアリということになりました。なっちはやけにウケてました。斉藤はハチということになり、「女王バチ?」と聞くと会場からは拍手が起きて、斉藤は「拍手もらっちゃった。」と嬉しそうでした。
村田は、自分で「蚊かな、私みたいのが大群でブーンって飛んでる感じしない?」と言ってました。
最後、なっちは…と言ったところで客席から「てんとう虫」と言う声が聞こえて、それが当たりだったようで、メロンの4人に指さされてました。
村田が「小さくて、かわいらしい感じで、四つ葉のクローバーにとまってるてんとう虫って感じかな。」と綺麗にまとめてくれました。会場からは当然拍手です。
「またこの5人で何かやりたいね。では5人で、腕組んで帰りたい」と言ってラストの曲になりました。
・腕組んで帰りたい(メロンも一緒)
やはりラストはこの曲ですね。5人で楽しそうに途中腕を組みながら歌ってくれました。
最後、「メロン記念日にもう一度大きな拍手を、そして安倍なつみでした。」と言って幕が下りていきました。
そのあとは、もちろん、客席ではなっちコール→なっち最高!→万歳、の定番パターンでした。

こうして約2時間のレビュー&コンサートが終了しました。
初の試みであるレビューは時間が短かったせいか、準備期間が短かったこともあるのかちょっと中途半端という感は否めませんでしたが、かなり笑わせてもらいましたし、楽しかったです。
コンサートは以前と変わらないパフォーマンスを見せてくれて安心しました。
見に行く前は、前と同じように出来るのかなというのと、見る私の気持ちが以前と同じように応援できるかなという不安がややありました。
でも、会場の凄まじいなっちコールや、それに包まれたステージ上でのなっちの笑顔を見ていたらそんな不安は消えました。やっぱり”なっち”は”なっち”でした。
今回の騒動はかなりの問題だと思いますけど、活動を再会すればこうやって多くのファンが見に来てくれるわけで、なっちにはその幸せを感じてこれから改めてがんばっていって欲しいと思います。
また、メロン記念日はさすがだなと感じました。自分たちの持ち味を十分に見せつつ、共演者を光らせることができる素晴らしい4人だと思います。メロンの公演も見に行きたかったです。
とにかく、なっちが無事に復帰できて良かったです。「おかえり、なっち」っていう気持ちでした。
一年前に「おかえり」というミュージカルをやって、まさか一年後自分が「おかえり」という言われる立場になるとはなっちも思っていなかったでしょうね。

戻る