2005年5月21日 ハロ☆プロパーティ〜!2005 〜松浦亜弥キャプテン公演〜 草加市文化会館

チケット

5月21日は「ハロ☆プロパーティ〜!2005 〜松浦亜弥キャプテン公演〜」を見に、草加市文化会館まで行ってきました。
FCから案内が来たときに何か不思議な組み合わせでコンサートをするんだなぁと思いつつ、場所を見ると中野サンプラザや厚生年金会館などの見慣れた場所は無く、一番近そうなところがここでした。
最近は便利になったもので、施設の名前をググればその施設のサイトが見つかって、最寄り駅がわかり、そこから駅すぱあとを見れば行き方がわかります。
見てみると意外に近そうだったので、申し込みました。会場が小さいので当たるかどうか不安でしたが無事に当選しました。
で、実際に行ってみると、会場は汚くないですが、結構年季が入った感じで、2階席は無く定員は1200名で、会場内ではグッズ販売が出来ないくらいの大きさでした。
外のグッズ売り場でいつも通りのグッズを買って(だからビジュアルブック1500円は高いって!)席に。16列目ですが、席の前後の間が狭いので結構近いし見やすい場所でした。
だんだん開演時間が近づき席が埋まっていくと、それぞれTシャツを着替えたり、サイリウムを用意したりするので、あややファン、Wファン、メロンファンの分布が見えてきます。
印象としてはほぼ均等にいて、やや加護ファンが多いかなという感じでした。(とは言え自分を含めてDDが多いのでしょうけど。)
開演時間を10分近く過ぎた辺りで、”威風堂々”が流れはじめ、会場が暗くなり、男の人の声でナレーションが流れます。ちょっといつもと違う感じのオープニングです。
幕が上がり、まずはメロン記念日がメロン記念日のテーマに乗って、格闘技で入場シーンに使うようなガウンを羽織って登場してきます。ステージ上に揃うとガウンを脱ぎ捨てます。
次にWがWのテーマに乗って同じようにガウンを着て登場です。格闘技よろしくステージ上ではメロンとにらみ合ってます。
そして最後に、あややがめちゃホリのアレンジバージョンに乗って登場です。
それぞれ入場してくるときのアナウンスはPRIDEで(最近はいいともでも)おなじみの独特の言い方のあの女の人だったのでちょっと笑いそうになりました。
という感じで格闘技風の入場シーンでした。
・Yeah!めっちゃホリディ(全員)
そのまま、アレンジバージョンから普通のめちゃホリになって全員で歌います。つかみには良い曲ですよね。
客席のノリも出だしから良い感じです。客層はやや濃いめな雰囲気です。メロンの所為か?
・ザ☆ピ〜ス!(全員)
続いて、この曲でした。まさか娘。の曲で来ると思わなかったので、客席もちょっと驚いていました。
台詞のところがあややでした。Wのふたりのちょっかいの出し方がおしりを叩いたりして、結構強烈でした。
MC
挨拶の簡単なMCです。この公演もMCはちょっとしたものだけでネタっぽいものはありませんでした。
Wはいつも通り、「リーダーの辻希美と」「サブリーダーの加護亜依です。」「二人合わせてダブルユーで〜す。」とやってました。客もそれにあわせてサイリウムを突きだしてました。
・ロボキッス(W、松浦)
Wにあややも加えて3人です。Wが衣装を着替えて出て来た後、あややはその場でWの二人に引っ張られて衣装を取るとその下にWと同じ白地に青の衣装を着ていました。
初めのねじを回す振りのところはあややがWの2人に背中のねじを回されてました。客席もオーとややどよめいてました。最後の方の頭の上に指を当ててくるくると回されるところはあややが2人を回してました。
3人とも楽しそうな雰囲気で良かったのではないでしょうか。
・愛の意味を教えて!
ここであややは下がって、W2人で新曲です。この曲はやっと普通に聞けてWに合ってるかなと思えるオリジナル曲だと思います。
・デコボコセブンティーン
聞いたことあるような気がするけど何だっけ?と思ってしまいました。2ndアルバムからでした。そういえば、ろくに聞いてませんでしたよ、2ndアルバム…
周りの人たちはみんな、おー来たかって感じの反応でした。さすがだ。
・抱いて HOLD ON ME!(松浦・辻・斉藤・村田)
ここで一度、はけます。珍しい4人でこの曲でした。最近、あちこちでこの曲良く歌ってますよね。せっかく、古めの娘。の曲なら「真夏の光線」を歌って欲しいなぁ。「ねぇ笑って」は村田でした。
・ブギートレイン'03(加護)
その4人が下がって、ステージ上段に青のキラキラ、フリフリの衣装を纏ったあいぼんが現れました。はて?何を歌うんだろう?と思ったら、流れてきたイントロはミキティの「ブギートレイン'03」でした。
これは意外な選曲、客席もどよめきます。いきなり出だしをちょっとしくじりましたが、この時のあいぼんはえらい可愛かったです。♪愛しいチュッチューのところも良い感じです。
出だしの失敗が響いたのか、なんか全体的に微妙に自信無さげな感じはしました。プロとしてはどうよ?って感じもしましたが、むしろその雰囲気が可愛かったので”あり”でしょう。
MC
ここで短めのMCです。あややはあいぼんのブギートレインを可愛かったと評してました。ボスは「抱いて〜」でラップ部分をみんなが歌ってくれるんだと驚いてました。村田は「ねぇ笑って」のところは目力が必要だと思った、こうすれば良かったと言って眼鏡を持ってちょっと前に出してました。
・肉体は正直なエロス(メロン記念日、松浦)
ここからはメロンの番です。まずはこの曲をあややも一緒に歌います。
この曲は歌詞もそうですが、振りがかな〜りエロいです。あややも一緒になって、開脚で腰を落としたり、腰を振ったりしてます。まずくないッスか?ハッスルのインリンも真っ青な開脚ではないかと…
その腰を落とすところは元々客席からはオーと感嘆の声が上がるのですが、今回はさらに大きかったように思います。
・赤いフリージア
あややは下がって、メロン4人でこの曲です。あややコンの時はあややが歌っていたので、柴っちゃんが歌うのは久しぶりに聞く気がします。この曲は良いですねぇ。
・This is 運命
そして、次は運命でした。もちろん、今日一番か?というくらい開場のテンションも上がります。メロンファンに限らず盛り上がれますからね、この曲は。
でも、この前のあややコンでも聞いたので今回は「さあ恋人になろうよ!」が聞きたかったかなとは思います。
ここでメロンは退場です。
・ね〜え?(辻)
辻がピンクの衣装でひとりで登場です。あややの曲を歌ったのは意外でした。
声援が「あややが好きだからよ〜」になるところは当然「のぞみが好きだからよ〜」に変わりました。
間奏のところでは客席とジャンケンしてました。ミニモニ。の思い出が…
・あなたなしでは生きてゆけない(加護、大谷、柴田)
次はまた変わった取り合わせでした。曲が流れてきて、何だっけ?と思ったのですが、サビまで行ってわかりました。
ベリ工の1stでした。ピリリ以降は持ってたりするんですが。(^_^;
でも、こうやって聞くとこの曲も悪くないですねぇ。
MC
ちょっと長めのMCです。あややがパーティーと聞くと何を思い浮かべる?と質問しました。
辻はパイ投げと答えてました。すると、柴っちゃんはやったことあるよ。と言ってました。
メロンの面々は柴っちゃんはハロウィン、大谷はダンスパーティー、その時しか会えない人がいたりとか特別な感じがするよね。とか言ってました。
すると、あややが記念日って感じだねとまとめてました。
で、あややが”パーティー”について説明してくれました。このパーティーは一座とかそういう意味のパーティーで、私がその座長です。ということでした。
なるほど、RPGとかでいうパーティーなんですね。初めは先にみんなが言っていたようなパーティーだと思ってました。
・ずっと好きでいいですか
そして、ここからはあややの時間です。この曲を聞くのも、今月3回目です。
良い曲なんで何回聞いても良いですけどね。
・LOVE涙色
ステージ上段中央に立って♪LOVEなみだいろ〜です。もちろん、客席の振りもピッタリ揃ってます。
・桃色片想い(松浦、W)
ここでWも出てきました。二人とも楽しそうです。♪こんちわ、即、さよなら〜とところは、あややがあいぼんに、こんちわ、さよならとやってました。(うまく書けない…)
・The 美学(松浦、メロン記念日)
今度はWに替わってメロンが出てきて、この曲でした。NUNコンやソロコンでは歌わなかったので、聞くのは久しぶりです。
結構、激しいダンスなのでメロンに向いてますね。
・浮気なハニーパイ(全員)
ここからは全員、一緒に歌います。まずはカントリーのハニーパイでした。これもかなり意外でした。クロールみたいなところや、手足をくるくる回す独特の振りが楽しいですけど、なんでこの曲なんでしょう?
・LOVEマシーン(全員)
もうすっかり、ハロプロ全体の曲になってきたラブマです。盛り上がるには盛り上がるんですが…、やはり一般に対する知名度を意識してってことでしょうか?
微妙にアレンジを変えてあったりはしましたけど。
・笑顔に涙〜THANK YOU! DEAR MY FRIENDS〜(全員)
アンコール前ラストはこの曲でした。ソロコンでは聞けなかったので嬉しいです。
間奏の時、ステージ左右にあるバスケットゴールに向けてシュートしてました。
この曲を歌ってしまったので。アンコールは無しなのではないだろうかと思ってしまいました。
アンコール
アンコールの声は無難に”アンコール”でした。
・ALL FOR ONE & ONE FOR ALL(全員)
最後は、何を歌うのだろうと思ったら、この曲でした。なるほど、ハロ☆プロパーティー!というならこの曲も納得です。
最後の方で、みんながタオルを持ってグルグル回してました。まるで巨人の応援の様です。
それに合わせて客席のみんなもタオルを回します。
放っておいても、振りは揃うので、別に変わったことはしなくて良いんじゃないかなと思いました。
幕が下りて終わりかなと思ったら、もう一度上がり、最後にみんなで横に並び、手を繋いで万歳をして、挨拶をしていってくれました。

ということで約100分のコンサートが終了しました。予想よりもさらに楽しいコンサートでした。
いつもはセットリストを見てから行くのですが、今回は初日だったのでそれも出来ず、でも、それがかえって新鮮な気持ちで楽しめました。客席全体の反応もそうですし、初日は楽しいですね。
選曲で言えば、やはり、あややのソロコンがベースになっているという感じはしました。
今月、3種類のあややコンを見ましたが、曲を使い回しつつもその中で違うものを見せてくれたとは思います。どこにも「トロ恋」や「恋してごめんね」が無かったのはちょっと残念でした。
この3回を見て感じたのはやはり、あややが居るときははあややがメインであるべきだということですね。
見る側の勝手な思い込みなのかもしれませんけど、後浦なつみのときはどことなくやりにくそうに感じてしまったので。
あとは、最近、テレビで見ていて何となく、あいぼんが輝きが落ちているというか元気がないような印象を受けていたのですが、実際に見たら全然そんなことは無いと思えました。
ブギートレインが良かったなぁ〜、そう言えば正月のピロリンも良かったんですよね。
今後は、こうやっていくつかのユニットが合同でやるコンサートが増えるのでしょうか?
全部が全部、春、秋と単独コンをやったら、こちらとしてもついて行けないっていうのもありますけどね。
私は基本的にDDなので、どんな組み合わせでもOKですよ。とは言え単独コンが良いと思いますが。

戻る