2006年3月19日 ハロー!プロジェクト スポーツフェスティバル2006 さいたまスーパーアリーナ

チケット

3月19日は「ハロプロスポーツフェスティバル2006」を見にさいたまスーパーアリーナに行って来ました。天気予報では雨が降りそうでしたが、降られずに済みました。
10時開場だったので9時半過ぎに会場に着けるようにまるで平日のような時間に起きて家を出ました。
さいたま新都心の駅につくとホームからの階段を上ったところで連番するIさんにばったり会いました。
とりあえず会場に向かい、今までのSSAではグッズ売り場だったところに行って見るも無し。
あれ?と思ったらなんか限られた場所で時間を区切って売るというよく分からない販売方法のため長蛇の列になってました。山口の友人に会った後、仕事で来られそうにないと言っていた大阪の友人が来ていてグッズ列に並んだもののあきらめたということで、中に入ってからグッズを買うことにして早めに入場しました。
それもあって、ゆうきさんにお会いできませんでした。すいません。m(_ _)m
で、中のグッズ列もかなりの列です。前は結構すんなり買えたように記憶してるんですが。
とりあえず写真(全部は無理)、DVDと運試しでキーホルダー、クリアファイルを2つずつ買ってみました。それとメトロラビッツの写真(これの三つ編みお下げのさゆが良い感じなんですが、このセット写真、全体的に白飛びしちゃってるような感じなんですよね。)とリストバンドです。
キーホルダーは開けた瞬間、はて?誰でしょう?と思ってしまいました。矢島舞美と梅田えりかでした。
クリアファイルは一枚は有原栞菜だったのですが、もう一枚は、なんと!さゆキタ━━━从*・ 。.・)━━━ !!!!! 見事、さゆを引き当てました。44種類もあるのに2枚だけ買って良く当たったものです。
さゆは嬉しかったですけど、残りは℃-uteっていうのは勘弁でした…
自分の席の方の扉に行くと「SEXY BOY〜そよ風に寄り添って〜」のCDを売ってました。抽選で直筆サイン入りポスターがあたります。ダメでもポスターはもらえます。
お一人様5枚までと書いてあって、そんなに買う奴いるのか?って思ったら、みんな平気で複数枚買ってます。CD何枚もどうするんでしょう?
とか良いながらすでに初回版を買ったくせに一枚買ってしまいました。そして外れました…当然ですね。
で、すっかり交友関係が広がった元となったKさんと会ったのち、席に向かいました。
200レベル27列だったのでかなり遠いです。前回と違い、両チームの応援席と実況席が同じ側にあり、私の席はグリーンアスパラの応援席の上の方でした。実況席には矢口が座ってます。今回フジテレビのアナウンサーはいませんでした。
さて、時間になり、まずは全員が入場して開会式からです。レッドトマトキャプテン中澤裕子、副キャプテン安倍なつみ、グリーンアスパラキャプテン稲葉貴子、副キャプテン飯田圭織の4人で選手宣誓をしました。
今回は前回のなっちのようにあいぼんについての謝罪みたいなものはありませんでした。前回は直近でしたからね。無くて良かったです。

・いちおう100m走
まずは定番の徒競走からです。前回のタイムを参考にチーム分け、ハンデキャップつけをされているのでそれぞれなかなかきわどい争いになりました。特にハンデのある人は後ろから+外側のレーンだったのでかなり辛そうでした。でも、速い人はほんとに速く遅い人は遅いです…
キッズの中での速い子たちとガッタス組が目立ってました。最年少萩原舞、最年長中澤裕子のレースもなかなか見物でした。裕ちゃんは(年の割に?)結構速いですよね。
さゆはもちろん一番前からスタートです。クラウチングスタート風にはなってるものの手を置く位置は後ろ過ぎるし足が近すぎてきちんとお尻は上がってないのでとてもゆっくりしたスタートでした。走り出しても腕を横に振る走り方なのでとっても遅いです。
足が速い遅いはそれぞれ人によって違いますけど、フォームくらい教えてあげて欲しいです。

順位は優勝、矢島舞美、2位、有原栞菜、3位、徳永千奈美 ということでキッズ勢が上位を独占でした。
なんかキッズって運動神経の良い子が多いですね。なんででしょう?

・キックベース
さて、今大会の第一の目玉競技キックベースです。楽天を応援しているだけにサッカー絡みだけでなく野球もやっていかないといけないということなのでしょう。
メトロラビッツH.P.は娘。と美勇伝のガッタス以外のメンバーから構成されています。キャプテンに高橋愛、メンバーは小川麻琴、新垣里沙、亀井絵里、道重さゆみ、田中れいな、久住小春、三好絵梨香、岡田唯です。
監督は元日ハム、ドカベン二世といわれた矢作です。
ユニフォームは楽天ゴールデンイーグルスにそっくりです。当然ですかね。帽子を被るので誰が誰だかとてもわかりにくいです。
ところでチーム名の由来ってどこかで説明してましたっけ?ガッタスが猫だから、こちらはうさぎなんでしょうか?でも、うさぎだなんて、さゆのためにありがとうございますって感じですね。(え?違う?)
相手は宮城県大会を勝ち抜いた小学生チーム、船小リトルシップです。
元ヤクルトの水上の元、練習に励む姿が娘DOKYU!で何度か放送されていましたが、それを見る限りかなり苦しい戦いになるであろうことは予想されていました。
いざ始まってみると、まあパカパカ打たれました。まさにつるべ打ちです。それにひとつアウトをとると喜んでしまっていて、その間に進塁されたり、ランナーがいるときにヒットを打たれて、ピッチャーがホームベースにカバーに行かずにボールを追ってしまったりして、余裕でホーム帰られるなど、基本的な動きが出来てないシーンが連発でした。
小学生に空気読めなんて言えるわけもなく容赦なく得点していきます。
攻撃でもうまく打てないのは仕方ないですけど、フライが上がったのにタッチアップせずにそのまま走ってしまってアウトになるなど、やはりルールを把握してないなぁという感じでした。
結局なんとか3点を取ったものの24−3の大差で敗れました。
試合後のコメントではみんな負けたけど楽しかったです的なことを言ってました。さゆもラビッツピースなんてやってました。
今回はほんとは悔しいという気持ちを出さなかったのもあるかもしれませんし、別にそれで良いと思います。
でも、もしこれからもこのチームが続いていくのなら、まずルールをきちんと把握して基本的な動きから学んで欲しいです。
私たちは野球は親しみのあるスポーツで基本的なルールは当たり前のように思ってますが、女の子は全然知らなくても不思議ではないですし、結構ややこしいスポーツだと思いますから。
ただガッタスは相当な本気度で臨んでいるので、こちらは今みたいに楽しそうに一つアウト取ったら喜んでるようでも良いようにも思います。
無理に対外試合にしないて、レッドとグリーンでチームを作って普通にチーム同士の勝負の一部にしても良かったのではないかと思いました。
・サバイバルレース
初登場の競技です。これは競技ごとに速い人が何人か抜けていき、最後に残る一番遅い人を決めるレースです。
まず、卓球のラケットにボールを乗せて走り、次に地面に立てたバットに頭をつけて10周まわり走りハシゴをくぐります。次はクイズの書かれた紙を拾い、ケンケンで出題者のところに持って行き正解したら勝ち抜け。最後はここまでで3人に絞られ腹筋を10回して、麻袋に足を入れてジャンプしてゴールします。
2回に分けて行われました。1回目は意外なことにあややがビリになってしまいました。
笑わしてもらったのは嗣永桃子でした。クイズのところで”時事問題です。”と言われたときに”時事問題ってなんですか?”と聞き、”日本は円、韓国はウォン、アメリカは?”という質問に悩んだあげく、”ハワイ”とすっとぼけた答えを出してました…
2回目は、なっちとさゆがいたので、どっちかだろうなぁと思いましたが、さゆはまわるところですでに倒れてしまったりしてかなりやばそうです。
クイズのところで、なっちが”都道府県をアイウエオ順にした時一番初めに来るのは?”という質問に”愛知県”と見事に正解して勝ち抜けました。案の定さゆは最後に残ってしまいました。ののも残ってしまいました。
このクイズに負け残ったときにインタビューされてさゆは持っていた封筒の問題を読み上げて、逆にインタビューワーに質問してました。さゆって結構こういう時の対応とかうまいですよね。
で、結局さいごも袋に足を入れてジャンプしてるときに転んだりしてやはりびりになってしまいました。
”ほんとに申し訳ない気持ちでいっぱいです。なんでさゆみは運動音痴に生まれちゃったんだろう”と言ってました。でもそれ以上にかわいく生まれてきたから良いじゃないですかw
負け残った2人でお互いの頭の上の風船を空気入れで膨らませて割るという罰ゲームをやらされました。もちろんここであややに勝てるわけはなく、さゆが負けました…
この時の2人のやりとりはなかなか面白かったです。きっちり目立ってるあややもさすがだなとw
・1500m走
前回、矢島舞美が勝ち惜しくも敗れたこんこんが勝てるのかが注目でした。スタートからこんこん、矢島、むらっちの3人が飛び出し、そのまま良いペースで走っていきます。
こんこんがそのままリードを保ち、最後までトップのままゴールして前回の雪辱を果たしました。いいぞ、こんこん。
・跳び箱
恒例の跳び箱です。桃子が小さい割にがんばったり、大谷の相変わらずの頭からのツッコミなどもありながら、予想通りのメンバーが残っていきますが、あややとミキティが12段で脱落し、最後に残ったのは、グリーンアスパラのよっすぃーとレッドトマトの三好でした。
最後はよっすぃーが大会記録の14段を跳び見事に優勝でした。
インタビューで記録は破るためにあるので、自分で破ります。と言い切ったよっすぃーは格好良かったです。
・11人12脚
2人3脚の11人バージョンです。転んだりするのかな?と思いましたが、スタートと同時に両チームとも着実に、はやあしで進んでいく、えらく地味な展開でした。じわじわと差がつき、レッドトマトの勝利でした。
客席も黙って見守っていたのでほんとじみぃ〜な競技でした。
・フットサル リトルガッタス vs ファンタジスタ
Berryz工房と℃-ute+エッグから成るガッタスのユースチーム、リトルガッタスとスフィアリーグにも出ているファンタジスタの対戦です。
エッグの背番号16,17はこのために入った子のようで、かなりうまそうな感じでした。
ですが、さすがにファンタジスタに勝てるわけもなく、2−0で負けました。
しかし、逆にファンタジスタはガッタスと戦わなくてはいけないのにここで2−0で良いのか?と思ってしまいました。
・フットサル Gatas Britlantes H.P. vs 十条FC
2年半前のスポフェスでボロ負けした一般チームが相手です。2年半のガッタスの成長がどの程度なのかを見ることの出来る試合です。
ガッタスはまずゴレイロ紺野で、吉澤、是永、藤本、里田でスタートです。途中、石川、あさみがメンバー交代で入りました。後半はゴレイロが辻に代わり、今日が最後の試合になる斎藤も最後少しでしたが出場しました。
試合は得点を上げられず、4−0で敗れてしまいましたが、ガッタスメンバーはいつにも増して良い動きを見せてくれたように思います。ミキティも良い動きでしたし、よっすぃーもかなり気合いが入ってるように見えました。こんこんもののもファインセーブを連発してました。
前回に比べてかなり成長したということをすごく感じられました。相手もスライディングで反則を取られるなど、以前よりずっと本気度は上がっていたと思います。
しかし、やはりまだまだ一般チームとの差を感じました。ガッタスはスフィアリーグの中ではパス回しのうまいチームですが、やはり十条はさらに上でした。
人がいるところにボールを蹴り出すのでなく、ボールを蹴り出したところに受け取る側が出てきます。
それにボールを受け取ってから次に動き出すのではなく、その先を考えてからボールを受け取り次のプレーに繋ぎます。もちろんトラップもうまいのでボールが転がったりしません。だから展開が速いです。
外からボールを持って入ってゴール前に蹴り出す、そこに走り込んで得点という綺麗な形が出来てます。そのスピードが速いです。ドリブルなどの個人のレベルも違います。
でも、見ていてすごく面白い試合だったと思います。12分ハーフがあっという間でした。さらにフットサル、ガッタスにはまれそうですw
終わった後、北澤監督に応援が少ないと叱られてしまいましたが、客席が広くてまとまりがないので応援し難いんですよ。駒沢の時みたいにきっちり応援したかったですけどね。
試合後は今日でガッタスを引退する斎藤瞳選手の引退セレモニーがありました。空のゴールに向けてのラストシュートをして、花束を受け取って、挨拶がありました。
辛いこともたくさんあったけどフットサルをやってきて良かった。今まで支えてくれたメンバー、監督、コーチ、スタッフ、サポーターのみなさんに感謝します。フットサルが大好きです。というような内容でした。
「スピリッツオブガッタス」で斎藤さんの苦労は読んでいたし、この前の駒沢での表情を見たりしていたので、引退セレモニーには感動して目頭が熱くなりました。本当にお疲れ様でした。
・大リレー
運動会の最後といえばコレ。大リレーでした。各チームを2チームずつにして、4チームで2回争います。
第1レース、第2レースともにグリーンアスパラが勝ちました。印象的だったのは里田まいとあさみの走りでしょうか。
リレーって見てるとなんか走りたくて体がうずうずしてきますw
で、この結果、総合優勝はグリーンアスパラでした。
競技の後、表彰式があったわけですが、表彰式までの間、メンバーがグラウンドに並んだまま、ちょっと待ち時間がありました。私はその隙にちょっとトイレに行ったのですが、戻ってくると何か客席がちょっと沸いてました。
何かと思ったらBGMにメロン記念日の「肉体は正直なエロス」が流れ始め、レッドトマトの柴ちゃんとむらっちが曲に合わせて振りをしてました。それに気付いたグリーンアスパラの斎藤さんとまさおも始めました。
段々、客席も沸いてきます。最後にはののまで一緒になってやってました。ついに客席から”メロン”コールが起きました。
結局、曲が終わるまで待ってから表彰式が始まるという状態になってしましました。これには受けました。いやぁ〜さすがメロン記念日ですw
表彰式で発表された各賞は以下のようになってます。

MVP 紺野あさ美
MIP 矢島舞美、三好絵梨香
審査員特別賞 斉藤瞳、嗣永桃子、石川梨華、吉澤ひとみ

で、表彰式も終わり、しばらく休憩時間があって第2部のライブになりました。

・好きすぎてバカみたい(DEF.DIVA)
まずはDEF.DIVAです。楽天の応援歌も歌うと言うことでまだ続くみたいですね。
この曲に”L・O・V・E〜ラブリ〜”はあわないと思います。
・わっきゃない(Z)(℃-ute)
なぜかすでに何回も聞いてるこの曲でした。曲はのりやすくて嫌いじゃないので良いですが。
・桜の花が咲く頃(飯田圭織)
かおりんの新曲です。良い曲なんですけど印象に残らない感じです…
・東京キリギリス(前田有紀)
久しぶりにゆきどんの曲を聞きました。キリギリスのところの振りも忘れてました。
・さぁ!恋人になろう(メロン記念日)
さっきの盛り上がりもあったのでwよっしゃーと思いましたが、ショートバージョンで不完全燃焼でした。
・浮気なハニーパイ(カントリー娘。、稲葉貴子、アヤカ、辻希美)
ののはここで一緒に歌ってました。なんかかわいいそうですね…
・東京美人(中澤裕子)
これまた久しぶりです。この曲に”L・O・V・E〜ラブリ〜ゆうこ”はありだと思いますw
・紫陽花アイ愛物語(美勇伝)
この曲も良いですけど「愛〜スイートルーム〜」が良かったかなと。
・ジリリキテル(Berryz工房)
新曲だったのですが、歌い始めてすぐに音がとぎれるハプニングが、そして一応歌い終わって挨拶をしようとしたところで明かりが消えてしまいました。
おいおい、ということで客席からは”もう一回”コールがおきます。明かりも点灯し直してもう一回初めから歌ってくれました。
ベリ工らしい曲調でなかなか良いと思います。
・砂を噛むように…NAMIDA(松浦亜弥)
しっとり歌い上げます。良い曲だと思うんですけどね。もっと売れて欲しかったなぁ。
・今にきっと…In My LIFE(後藤真希)
オンステージはお休みだったので久しぶりにごっちんの曲を聞けました。
・スイートホリック(安倍なつみ)
まだ来ないかと思ったら新曲を歌ってくれました。第一印象は悪くはないけどなんかちょっととらえにくそうな曲だなという感じです。
・SEXY BOY〜そよ風に寄り添って〜(モーニング娘。)
・色っぽいじれったい
娘。は2曲でした。SEXY BOYは毎日、Gyaoのダンスショットバージョンを見てたので結構覚えてました。
楽しいですね、この曲は。
・ここにいるぜぇ!(全員)
最後は全員でこの曲で飛びまくりでした。

ということで全部で7時間半にも及ぶ長丁場のイベントは終了しました。終わった後はKさんの友人の富山から来たという3人の方と合流して一杯飲んでから帰りました。
今回はキックベースにフットサル2試合とグリーンアスパラvsレッドトマトの勝負に関係無い部分が多く、前々回の騎馬戦みたいな勝負にこだわる感じも無かったので、どっちが勝つかという緊張感は弱かったと思います。
跳び箱で何段までいけるか、1500mでこんこんが勝てるかとか個人の方に興味が行ったというのもあるかもしれません。
私も何が一番見たかったと言えば、ガッタスvs十条FCでしたから。
実況とかがいまいちだったかなというもあります。キックベースやフットサルで声援がいまいち盛り上がらなかったのもそれの影響はあると思います。稲葉に対してイナバウワーを連発してたのもつまらなかったですね。
矢口はうまくやってたと思いますけど。あと、矢口は次回は選手でみたいなことを言ってました。ハロプロから抜けたわけでないのなら普通に選手で良いと思います。
あと、応援席の様子を見るのも面白いですね。フットサルとか見てるときには、さゆとまこっちゃんが仲良さそうにしてました。裕ちゃん、なっち、小春ちゃんの3人で話している時もあり、年齢の幅の広い3人で何を話しているのか気になりました。
今回、あややはミキティと別チームで寂しいのではないかなと思ってましたが、最後グラウンドを一周して退場していくときは手を繋いでいたので、あぁやっぱりねwと思いました。
そんなこんなで、スポフェスは安めの料金で長いのでお得感がありますね。見てる距離はすごーく遠いですけど。

戻る