2006年7月22・23日 ハロー!プロジェクト コンサートツアー2006夏〜ワンダフルハーツランド〜 代々木第一体育館

チケット

7月22日、23日は「ハロー!プロジェクト2006夏 ワンダフルハーツランド」を見に代々木第一体育館まで行ってきました。
FCでチケットを取るときはこんこんの卒業発表前だったので22日の1公演しか取りませんでした。そうしたら、こんこん、まこっちゃんの卒業が発表されたのでそうなったらやはりラストに参加したいので1週間前くらいになってヤフ○クで落としました。結構な出費になっちゃいました…
こういうのは勘弁して欲しいです。先に発表したら23日の夜しか売れないのは間違いないでしょうけど、今回みたいにされても転○屋が儲かるばっかりですよ。
席は22日がアリーナBの後ろの方、23日は北スタンド2階Cでした。
今回はステージが会場の真ん中に”田”の字に作られてました。センターステージがあってそれを取り囲むように花道がある感じです。
南側がメインだったの南スタンド1階、BOX席(関係者席)、親子席がかなり美味しい席でした。
アリーナは東西に少しずつ設けられていましたが、一番手前の花道くらいしか見えないので全体がさっぱり把握できず、ひどい乾されっぷりでした。みんな後ろ向いてにそこにあるスクリーンを見てることもありましたから。
最近の大会場でのハロコンは親子席が安泰ですかね?とりあえずチケットが届いてもステージを見るまで良席かわからないというのはやめて欲しいです。
誰が近くに来るかばっかり気になってしまうと楽しさも半減してしまいます。22日は前半は比較的さゆが近い側の花道に来てくれて、後半はこんこんも来てくれたのは救いでしたけど…
22日はIさんと連番で23日はKさんと連番でした。
グッズはこんこん卒業DVDは事前に大阪のSさんに買ってもらってあったので、2L写真やビジュアルブック等を買いました。今回のビジュアルブックは良いですよ。最後のページにやぐが写っているのが何とも言えない気分になりましたが…
運試しに買ったクリアファイル計4枚は、のの、雅、桃子、愛理という結果に。なんで娘。が0枚ですか…

23日はさすがに始まる前から雰囲気が違いました。ピンクサイを配ろうとしてる人たちもいたりして、あぁ卒コンだぁって感じにテンションも高まってきました。
両日とも定刻をやや過ぎて放送が流れスタートでした。どうせなら司会のやぐが注意事項を読むくらいのサービスはあっても良いんじゃないですかね?

・ALL FOR ONE & ONE FOR ALL !(全員)
まずはエッグも含めた全員が入場してきてこの曲からでした。
・SEXY BOY〜そよ風に寄りそって〜(全員)
そして、セクシーウエウエです。22日は隣の席が空いていたので、肘を横に出せて踊りやすかったです。スタンドで上から見ると客席がみんな揃っている様が面白いです。特に♪Fall in love〜のところでみんなしてクルクルやってるのがw

ここで司会のやぐとまことが登場です。毎回書いてますが司会はいらないでしょう。特にまこと。
・大きな愛でもてなして(℃-ute)
・即 抱きしめて
℃-uteも最近はかなりヲタ内人気が上がっているようで、相当数の人がきちんと振りをやって盛り上がってました。
相変わらず村上愛は必死だなぁと思って見てました。
・初めてのハッピーバースディ!(新垣、亀井)
最近この2人って絶叫!CMを見ていても、すごく仲が良さそうで良いですよね。良い組み合わせだと思います。
さっき℃-uteで盛り上がってすぐにカン梨華のこの曲でも盛り上がれるとはみなさん幅が広いです。とはいえ結構戸惑ってる感もありましたが。
・恋☆カナ(久住)(バックダンサー:新垣、亀井)
小春ちゃんソロです。他にソロで歌ったのはミキティしかいないわけで大したものです。
楽しい曲で結構好きです。秋コンまでに振りを覚えておきますか?
・好きすぎて バカみたい(田中、夏焼、村上、矢島)
DEF.DIVAの曲をこのメンバーはどうかな?って思ってしまいますね。れいな以外。
・ブギートレイン'03(藤本)
久しぶりにブギートレインの衣装で歌うミキティが見られて嬉しかったです。花道をあちこち駆け回って大変そうでした。
・サマーれげぇ!レインボー(道重、岡田、嗣永、萩原)
わーい、さゆだ。とは思ったもののこの曲なんてほんと何年ぶりに聞いただろう?って感じでした。
・さぁ!恋人になろう(石川、辻、清水、梅田、鈴木、熊井)
ここはある意味自分の中で一番盛り上がりました。タオルとか舞ってましたし全体的にも良い感じでした。
正月は「This is 運命」を使って今度はこれですからね。
・すき焼き(全員)
・ピリリと行こう!(全員)
沖縄風の曲を並べるというコテコテな感じでしたが楽しい曲なのでありでしょう。
・GOOD BYE 夏男(高橋、鈴木、菅谷)
ここもかなり盛り上がっておきました。この場にいない人の曲の方が盛り上がるという何とも言えない感じでした…
・おおきに。道端から…(全員)
何やらつんく♂の作った曲らしいです。キラキラ光るお好み焼きを焼くコテみたいな鳴子という楽器を使ってました。
みんなハッピみたいなのを着てましたが、その下は肩が出ている白い衣装でした。
ミキティだけはそのハッピ風衣装をはだけていたので、白い衣装がまるでさらしを巻いているように見えて、えらい男前でした。姐さんって感じでした。さすがミキティです。
・スッペシャル ジェネレ〜ション(吉澤、石川、辻)
始めと終わりの”ス・ペ・スペシャルジェネレーション!”だけ思い切り叫んでおきました。
MC
ここでガキさん、梨沙子、萩原舞の3人と司会2人でした。まずまことが光る鳴子の説明をしたのち、夏について3人が話しました。
ガキさんは18になるので、大人っぽくということで美しい日本語をきちんと使いたいとかネイルのオシャレをしたいというようなことを言ってました。
梨沙子は小学生の最後の夏なので…と言ったので自分を含めみんなして何かショックを受けてましたw
萩原舞はなぜか常にサングラスをしていてそれをネタにして何かやってましたが、まあ何というか、ねぇ…
・印象派 ルノアールのように(吉澤、三好、熊井、矢島)
エレジーズの曲でした。振り付けも大胆でかなり好きな曲ですが、うーん、元の4人がいいなぁとか。
・うわさのSEXY GUY(辻) /NATURE IS GOOD! (吉澤、田中)
22日はののがごっちんの曲を歌ったのですが、23日は怪我で出られなかったために急遽変更になりました。
春コンでやっていた曲ですが、急な変更で良く2人とも出来たなと感心しました。まるで応援団のような振りが楽しいです。
・笑っちゃおうよ BOY FRIEND(Berryz工房)
ベリーズの新曲でした。関西弁も使ってます。何だかんだでCDを買ってしまいそうな予感が…
・一切合切 あなたに唐・げ・る♪(美勇伝)
・唇から愛をちょうだい
美勇伝はアラビアンナイトって感じの金色の大胆な衣装でした。唇から愛をちょうだいとかちょっとエロ過ぎません?この内容はワンダフルじゃなくてエルダーですよ。
梨華ちゃんのショートカットはどうなんでしょうね。悪くはないけど微妙って言えば微妙かなと感じちゃいました。
・Ambitious! 野心的でいいじゃん(モーニング娘。)
いよいよ本命の娘。登場です。肝心なところの振りが速くてどうもうまくいきませんでした。まだ盛り上がり方も確立されていない感じでした。でも楽しいし、この曲はかなり好きです。
この曲、さゆのはっきりとわかるパートって”ぎしき”しか無いですよね…orz
23日はこの曲の時点でこんこんとまこっちゃんの衣装は特別なドレスになってました。
卒業セレモニーその1 2人の手紙
ここで卒業セレモニーでした。こんこん卒コンはピンクサイというのがネットに流れていたわけですが、スタンドマイクがセッティングされているのを見て、みんな、ん?ここか?と思ったようでピンクのサイリウムが客席に増え始めました。
サイリウムを折るペキペキという音が辺りを包みました。見る見る会場がピンクに染まっていきました。
卒業セレモニーはまず。こんこんとまこっちゃんだけがステージに立ち、手紙を読みました。
まずはまこっちゃんからでした。
まこっちゃんの手紙は、まずはメンバー、スタッフ、ファンへの感謝の言葉から始まり、こんこんへの言葉になりました。「2人ともよく食べたね。会話の8割は食べ物の話でした。出身地の違う2人がこんなに仲良くなれたことが嬉しかったよ。5年間で培った2人の仲は誰にも邪魔されないね。これからは頻繁に会えなくなるけど、ずっとラブラブだよ。」というような感じでした。
最後に「あと一ヶ月あるので格好良く卒業できるようにがんばります。ミュージカル成功させます。最後に数え切れないほどのすてきな思い出ありがとうございました。モーニング娘。5期メンバー小川麻琴でした。」と言ってこんこんに繋ぎました。
こんこんはすでに感極まっている様子でなかなか話し出せません。客席からはこんこんコールが起きました。
やはり、まずはメンバー、つんく♂、スタッフ、ファンへの感謝の言葉からでした。「楽しかった思い出、感動した思い出、勇気をもらった皆さんの声援…この5年間でいろいろな思い出が私の中に焼き付きました。それはモーニング娘。を卒業した後も消えることの無い一生ものだと思います。今の私があるのもこれから前を向いて歩いていけるのもみなさんのおかげだと思います。紺野あさ美、元気に卒業したいと思います。2006年7月23日モーニング娘。5期メンバー紺野あさ美!」と途中涙でとぎれとぎれになりながら一生懸命手紙を読みました。
・好きな先輩(紺野、小川)(途中から高橋、新垣参加)
卒業する2人とって先輩はもうよっすぃーしかいないですけど、加入当時のことを思い起こさせてくる良い選曲だと思います。5期の曲という印象が強いですからね。はじめはこんこんとまこっちゃんで途中から愛ちゃんとガキさんが来るというのも泣かせます。
23日はもちろん涙ながらに見ていたわけですが、22日もこの曲を聞いていたら泣けそうになりました。
卒業セレモニーその2 メンバーからの餞の言葉
よっすぃー、ミキティから2人に花束が渡されメンバーからのメッセージでした。
まずは亀ちゃんからでした。かなり泣いていてやっと言葉を絞り出しました。「まこっちゃんはいつも明るくてみんなに愛されて、そんな人に私もなれるようにがんばります。」「こんちゃんはご飯を食べるのがすごいゆっくりで、私はすぐにいっぱいいっぱいになるクセがあるんですけど、その時にこんちゃんをみると安心しました。これから勉強とかいっぱいいっぱいになったらメールでも電話でもしてください。卒業おめでとうございます。」と言いました。
次は小春ちゃんでした。初のメンバーの卒業ということもあるのでしょう、大泣きでした。
「いっぱいいっぱいいろんな事を教えてもらって、ずっと教わったことを忘れません。卒業おめでとうございます。」と言うのが精一杯でした。
さゆはほとんど泣いてませんでした。「まこっちゃんはいつも笑顔でさゆみがいやなこととかあっても安心して心強い存在でした。」「紺野さんはこれでもかってくらいマイペースで6期のさゆみから見ても大丈夫?ってくらいマイペースなんですけど、さゆみはそんな紺野さんが大好きです。それとひとつ言いたいんですけど、石川さんが卒業して紺野さんが受け継いだピンク大好きキャラ、さゆみが責任持って受け継ぎます!」と言うとこんこんは「大事にしてね。」と答えました。
このさゆのメッセージには会場も沸きました。さゆGJ!です。
こんこんとは仲が良さそうだったのでもっと泣いてしまうかと思ったのですが、きっちりと話してました。ホントこの娘は天然なんだかすごいしっかりしてるんだか、つかめないです。どっちにしても美味しいところはきちんと持って行くのはすごいなとw さゆみん恐るべし(^_^;
れいなもかなり泣いてました。「まこっちゃんは誰も見てないのに変な顔とか変な動きとかしてて、れいなはそれをこっそり見てて癒されてました。」と言って泣きながらも笑いを取ってました。
「こんちゃんは食べるときが何よりも幸せそうな顔をしていてその幸せそうな顔が大好きでした。これから勉強とかでいっぱいいっぱいになってもいっぱい食べて幸せな顔をしてください。」と言いました。
いよいよ、5期メンバーです。まずは愛ちゃんからです。
「どうしよう?…おめでとう。ずっと一緒にいたから何言ったら良いかわかんないんだよね。」と始まりました。
「年下だけど頼りになったし、オーディションのころからライバルとして意識していて、仲間意識もあるけどライバルという意識もあってお互い成長して来られた。 リボンの騎士成功させましょう!」とまこっちゃんに言いました。
こんこんにはいきなり抱きついてしまいました。「こんこんは鉄のように固い頑固者だけどさぁ、ピンク大好きで…、みなさんもわかってくれてる、ほらピンクのサイリウムをさぁ」と言って会場のピンクのサイリウムにふれてくれました。
そのあとも何かまとまらずに(まあ愛ちゃんらしいわけですが…)喋っていると、ガキさんが後ろから「愛ちゃん、まとまってないから」とツッコミに入りました。これには会場中大盛り上がりです。
「まとまってるじゃんか、まとめてるからさぁ」「とりあえず、おめでとうってことが言いたかったんだよ!」と言って再びこんこんに抱きつきました。
さっきはツッコミを見せてくれたガキさんですが、自分の番になったら大泣きです。
「ホントに卒業しちゃうの?何か実感が湧かなくてね…」「ずっと一緒にいたから何を言っていいかわからないよ…」と言って言葉に詰まってました。「悩んでる時もずっと一緒にいてくれたりとか…」と消え入りそうな声で一生懸命話してくれました。最後は「モーニング娘。に入ってこんなに大切な仲間が出来たのはじめてだったから、卒業しても仲間でいてね。」と言いました。ガキさんもほんと成長しましたよね。今では5期メンはガキさんを中心にまとまってるって感じでしたもの。
ミキティはしっかりと話してくれました。「まこと、こんこん卒業おめでとう。」「まことはよく分からないことを言ってるイメージがあるんだけど、パンダのようなまことに癒されました。この前一緒にご飯を食べにはじめて行ったりとかして…」と言ったので、会場からは”えぇ〜?”と言う声が上がりざわめきました。
ミキティが「行ったよ。はじめて」と客席に向かって言いました。「すごく嬉しかったし、まあだいたい私は家にいるので連絡下さい。」と言うと会場からも笑いが起きました。ミキティ正直に話過ぎですw
「こんこんはフットサルのイメージが強くて、おっとりしてるんだけど、フットサルでは速く動くこんこんが見られて嬉しかったです。勉強たいへんだと思うけど、フットサルだったりモーニング娘。だったり仲間がいるので安心して夢に向かってがんばってください。」と言いました。後半はやや涙声になってる感じでした。やはりフットサルの思い出が強いんでしょうね。
最後はリーダーのよっすぃーです。
「こんこん、まこと、卒業おめでとう。」「まことはホントに辞めるの?」「はい」「辞めちゃうんだ。そうか…2人でお笑いコンビで弾けたのにな。」「ハイ先輩。」「でも弾けただけじゃなくていろんな話もしたな、辛いこととか悲しいこととかいっぱいあったしこれからもあると思うけど、その明るいキャラで乗り越えてください。…あと一月あるから、頼んだぞナイロン」「はい大臣」という感じであぁよっすぃーとまこっちゃんだなって感じでした。
こんこんには「こんこんはほんとイライラするくらい遅いけど…なんでたこ焼き4分割にして食べんだよ。」というと会場は笑い声が聞こえます。「イライラしたときもあったけど、こんこんはすごく優しくて、はじめてリーダーになって不安な時にそっとメールをくれて支えてくれたんだよね…」と言ったところで泣きそうになってしまったようで客席に向かって「あのねぇ。コレやばいッスわ、後輩の卒業ヤバいッスわ。」と照れ隠しをしてました。客席からは拍手とよっすぃーコールです。
「こんこんとはフットサルで繋がれたなって思います。こんこんの負けず嫌いに火をつけたフットサル。格好いいキーパー姿は目に焼き付いてます。ガッタスはこれからもがんばっていくからいつでもストレス発散に来てください。それからモーニング娘。はこれからもず〜っと、格好いい歌を歌って踊っていくから、何かったら仲間を思い出して連絡してください。卒業おめでとう!」
と、とてもリーダーらしくきちんと締めてくれました。よっすぃーはほんと良いリーダーですね。

・本気で熱いテーマソング
そして4thアルバムからこの曲でした。この曲も「好きな先輩」も私にとっては2002年春のさいたまスーパーアリーナでのコンサートの印象がすごく強いです。あのコンサートは今でも娘。コンの中で1,2位を争う良いコンサートだったと思ってます。
ただ周りを見ていると意外と知らない人が多そうでノリがいまいちかなという印象を受けました。たしかに結構前の曲ですからね。
最後の”モーニング娘。!”はもっともっと大音量でビシッと会場全体が揃って欲しかったです。
当時はきちんと揃えるのになっちの煽りがうまかったんですよね。
・恋愛レボリューション21
これもアルバムとして4thに収録ですね。♪この星は(れいな)美しい(まこと)はすごい大きな声で会場中から聞こえました。 そうせなら今回はれいなのパートをこんこんに歌ってもらえば良かったのにとも思いました。
最後、「モーニング娘。でした!ありがとうございました。」と言って一端退場していきました。
この最後の「モーニング娘。でした!」という言葉は卒コンだと、このメンバーでのモーニング娘。はこれで最後なんだなと思ってすごく心に響くんですよね。今回はもうちょっと余韻が欲しかったです。
・Go Girl〜恋のヴィクトリー〜(℃-ute、Berryz工房)
娘。は引っ込んでしまいましたがそのままの勢いでこの曲でした。
・メドレー
SEXY BOYとザ☆ピースを合わせたようなメドレーだったのですが、ピース!と行きたいところで、セクシーウエウエだったりとかして、思い切り乗れない中途半端な代物でした。はっきり言っていらなかったです。というか邪魔でした。
これだったら、こんこんラストで「涙が止まらない放課後」を歌うとかして欲しかったです。
MC
メンバー全員を紹介する最後のMCでした。23日はやぐが「こんこんとまこっちゃんのたくさん愛の詰まったすてきな卒業式になったと思います。みなさんにお願いがあります。これから2人はそれぞれの道を進みますがかわいい後輩をこれからも応援して上げてください。」と言いました。当然、やぐの中にもいろいろな思いがあったでしょうからね。
・SHIP!TO THE FUTURE(全員)
こんこんとまこっちゃんの卒業を祝してのこの曲だったのでしょう。決して悪いとは思いませんが、どちらかというと「愛あらばIT'S ALL RIGHT」を歌って欲しかったです。
最後は「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL !」にのせて全員が花道を一周して退場していきました。23日は娘。5期メンだけが残り、愛ちゃんとガキさんが2人おめでとう!と言い、こんこんとまこっちゃんはどうもありがとう!と言って最後に退場していきました。

ということで22日は1時間40分程度、23日は卒業セレモニーがかなり時間がかかったので2時間半近い公演が終わりました。
今回のハロコンはこんこんの卒業というテーマが無ければ内容的にはかなりダメダメだったように思います。(特にメドレーが)ですが、卒業セレモニーは素晴らしかったと思います。今まで、ごっちん、圭ちゃん、なっち、かおりんと卒コンに参加しましたが、一番泣けました。
亀ちゃんや小春、れいなの涙を堪えながらのメッセージ、さゆのピンクキャラ継承、話がグダグダな愛ちゃんにガキさんのツッコミ、ミキティのぶっちゃけ話、そしてよっすぃーの照れ隠しの「後輩の卒業ヤバいっすわ」どれも、みんなのメッセージがすごく素直に自分の言葉で話している感じが良かったです。
もちろん泣けましたけど、そんな中でも笑いもあって、見ているこちらもすごく優しい暖かい気持ちになれました。本当に笑顔に涙って感じの素晴らしい卒業式になったと思います。
私がはじめて娘。コンを見たのが5期加入後の2001年11月の横アリで、その時は娘。だけで普通のステージ構成でも2階スタンドまでいっぱいに埋まってました。
そんな人気絶頂の娘。に入ってきた5期メン4人はこの5年間いろいろと辛いことたいへんなこともあったと思います。今回の卒業式では改めてそんな5期メンの結束を感じましたし、自分は5期メンをずっと見てきてたのかぁとしみじみ感じもしました。
モーニング娘。全体もリーダーよっすぃーを中心にして素晴らしくまとまっていると思いました。よっすぃー、ミキティ、こんこんの関係を見ているとガッタスの存在もすごく大きかったんだなというのも感じました。
ガッタスでのこんこんはすごくがんばっていたのでその点でも今回の卒業は残念ですね。
今後、2人がどんな道に進むか分かりませんが、自分の目指すものに向かってがんばってくれると思います。
卒業おめでとう!
自分はいい加減アイドルヲタとかやってる場合じゃないのは分かっているんですが、こうやって卒コンとか見てしまうとさらに感情が入ってしまってやめられなくなっちゃうんですよねぇ…(^_^;

戻る