2006年9月10日 松浦亜弥 コンサートツアー2006秋 進化ノ季節 松戸森のホール21

チケット

9月10日は松浦亜弥コンサート「進化ノ季節」を見に、松戸森のホール21に行ってきました。今回は夜公演だけの参戦です。
4時半開場だったので、4時に新八柱の駅で連番するIさんと待ち合わせて会場に向かいました。ちょうど昼の部が終わったところのようでそれっぽい人がたくさん歩いてくるので迷わずに会場まで行けました。
外でグッズを売ってるかと思ったら売ってなかったので、開場時間になって中に入ってからグッズ売り場に行きました。
日替わりの2L写真、リストバンド共に無くなってました。夜公演にも残しておいて下さいよ…
それとまだ買っていなかった春コン「Otona no Namida」のDVDを買って、「砂を噛むように…NAMIDA」のポスターをもらいました。
そして開演までは時間があったのでロビーで時間を潰して、水分補給のために自販機で午後ティーを買って席に向かいました。
今回席は13列目の真ん中付近でなかなか良い席でした。しかも前の人が来なかったのでよく見えました。森のホールって綺麗で席も広いんですが、前の方は傾斜がなだらかなので前に高い人が来るとつらいです。
ステージは奥が一段高くなっていてそこからなだらかな階段が中央、左右についてました。
開演時間から10分近く押してやっと客席が暗くなりスタートしました。
・ずっと好きでいいですか
まずはあややが姿を見せる前に音が流れ始め、歌いながら、白いドレスを着たあややがステージ上段から現れました。
・渡良瀬橋
そして、そのまま2曲目まで歌いました。定番曲をきっちり歌ってくれました。
MC
挨拶程度のMCでした。今回は昼夜で構成を変えたり新しいことをやっているので最後まで楽しんで下さいというような内容でした。
・気がつけばあなた
はじめのころは手拍子程度で静かに聴くか客席にも迷いがあったこの曲ですが、すっかり、あややコールもPPPHもパターンになってしまいました。
ここで一端あややは退場しました。
演奏(サックス・トランペット・トロンボーン)
前の席の人たちが後ろを向き始めるのでなんだろう?と思ったら客席の通路に、サックス、トランペット、トロンボーンを持った3人が立っていて演奏をはじめました。
・The 美学
その演奏の最後からそのままこの曲のイントロに繋ぎ、オケも流れはじめ、ステージにはあややが登場しました。ブラスの3人はそのままステージへ上がりました。
・GOOD BYE 夏男
・ナビが壊れた王子様 (LOVE CHANCE)
・宇宙でLa Ta Ta
「The美学」から「宇宙でLa Ta Ta」まではブラス3人も演奏したり客席を煽ったりしてました。あややのコンサートの中でも盛り上がれる曲が続いて会場の熱気もかなり高まってきました。
「ナビが壊れた王子様 」のLOVE CHANCEのところの手を挙げるところや、宇宙でLa Ta Taのサビで左右に手を振るところは会場全体がそろってすごく気持ちいいです。
・Thanks!
13日に発売のGAMの新曲をあややひとりで歌いました。ステージには4つのモニターが上から降りてきてそこにPVが流されていました。
やっぱりひとりで歌うといまいち締まらないですね。ミキティが現れるサプライズとかあれば最高なのにw
「スケバン刑事」予告映像
そのままの流れで映画「スケバン刑事」の予告映像が流されました。なかなか良い雰囲気に仕上がってるようです。ミニスカートは納得行かないですが。
MC
その後、背中がガバッと開いて、スリットがズバッと入った紫の色っぽいドレスであややが登場しました。
長くなるから座って言ってみんなを座らせてMCでした。実際かなり長めでした。
内容としてはだいたいこんな感じでした。
スケバン刑事はすでに5回ほど見たそうです。一度はシアタールームで見て、あとはDVDに刷ってもらって見たとのことでした。DVDを”刷る”って表現をするとはw私は”焼く”と言っちゃいますが。
それで、今までの映画だと自分の演技を気にしながら見たけど、自分と麻宮サキがあまりに違うので客観的に見られた。完成してから見たかったので撮影中のモニタチェックもしなかったそうです。
お母さん役だったけど撮影が別々だった初代スケバン刑事、斉藤由貴と対談する機会があり、撮影がすごく寒かったり時間がきつかったりして逃げ出したいと思ったという話をしたら、私もそうだったと言われ、しかもスタッフさんに散々言ったし泣いてた。と話してくれたので自分だけじゃないんだと安心したそうです。
そして、話はGAMのことになりました。ミキティと一緒に何かやらせてもらいたいと前から言っていたら今回話が来たのでこのタイミングで?と驚いた。気をつけてるけど、仕事に行っても遊んでしまって、仕事な感じがしないそうです。
でも解散の危機があったそうです。それはPV撮影の時に合間にコメント録りがあってその間に食事もしなくちゃいけなくて、あやや、2人、ミキティの順番にコメントを取るはずだった。
なのに全然ミキティが来ないので怒って見に行ったら、きんぴらゴボウを食べてた。しかもまだ残ってるしとか言って、なかなか来ないのでキレて、これだから末っ子は嫌。と言ったそうです。
でも、こういうのを面と向かって言ってるので全然平気。A型とB型なので占いではうまくいかないけど、ミキティとはうまくいってると言ってました。
途中、スケバン刑事の話の時に以前のスケバン刑事を知ってる人?とあややが質問すると半分以上、手を挙げてました。(もちろん自分も)
そこであややが少なくとも私よりは年上ね。というと客席からは、えぇ〜という声がw
GAMの話の時もミキティの方が2つ年上なんだけど、というと客席からはまた、えぇ〜というさっきより大きい声がw
もう年齢ネタはあややの定番ギャグということで良いのでしょうか。(^_^;
・可能性の道
・ハピネス
MCの後、ギターの人が登場して、この2曲はギター1本で座って歌いました。これはかなり良かったです。
可能性の道は元々好きな曲でしたしハピネスはあまり聴いてませんでしたが、いいなぁと思いながら聴いていました。
あややは緊張したけど3公演目で今まで一番良かったと言ってました。うまいなぁ。
演奏(サックス・トランペット・トロンボーン・キーボード・ギター)
ここで先ほどのブラス3人+キーボードも出てきて、上記の構成になりました。どうせなら後はドラムもつけて完全に生バンドにしてくれればいいのになぁとも思いましたが。
・YOKOHAMA SING A SONG
「草原の人」のカップリングでしたが、今回聴いて、あれ?こんなに良い曲だったのかと感じました。
・オリジナル人生
そして、これ!、この選曲はめちゃくちゃ嬉しかったです。3rdアルバムを聴いて、この「オリジナル人生」と「恋してごめんね」は生演奏で歌ってくれたら格好いいだろうなとずっと思っていたので感動しました。
今回これをやってくれたということは同じように思って希望したファンが多かったとか、あやや本人やスタッフもやりたいと思ってたということなんでしょうね。

あややは一度退場して、その間をバンドの演奏で繋ぎました。ルパンのテーマをやってくれたり有名な曲を繋いでました。(有名とか書くわりに曲名はわかりませんが…)
以前ならVTRなどで時間を潰すところでしょうけど、それがこういう形になるのは良いです。
・好きすぎて バカみたい
・桃色片想い
・ね〜え?
・SHALL WE LOVE?
・LOVE涙色
・Yeah!めっちゃホリディ
ここの6曲はメドレーっぽく繋いで歌いました。ちょっとアレンジが変わっていてテンポが違ったのですが、桃色片想いで飛ぶところや、ね〜え?の”あややが好きだからよ〜”などの定番はみんなきっちりおさえてました。
めちゃホリの時はモニタに歌詞が表示されて、お客もみんなで歌いました。
・デート日和
”よし!デート日和”という台詞から始まります。2ndアルバムから、これも盛り上がる曲です。
・恋してごめんね
そして、これもすごく聴きたかった曲なので嬉しかったです。嬉しくてニヤニヤしながら聴いてました。間奏も良いんですよね。個人的にこの曲ではPPPHはしたくないなとw
あややってアイドル全開の曲も良いですけど、こういう曲うまいですよね。
・I know
アンコール前の締めはこの曲でした。これはもう文句なしに盛り上がるし楽しいです。昼の部では「絶対解ける問題」だったらしいのでどちらも聴きたくなりますね!
アンコール
・夢
「ずっと好きでいいですか」のカップリングでCDはあまり聴いてなかったです。歌い上げるあややは格好良かったです。これはもうただのアイドルじゃないでしょう。
途中ピタッと止まって静かになるシーンがあるのですが、私が見たこの回は本当にシーンとして変な声を発する人とかいなくてすごく良かったです。
MC
思い切り歌わせていただきました。というあややは気持ちよく歌いきったという感じがしてました。
そして、改めて”べっちょないバンド”のメンバー紹介をしました。
”べっちょないバンド”というのは私が考えてみんな同意でつけたんですが…とあややが言うと後ろでバンマスのトロンボーンの人がずっこけたので客席からはえぇ〜という声があがりました。
そこで”べっちょない”の説明をしてくれました。”べっちょない”というのはあややの出身、兵庫の方言で”大丈夫”という意味だそうです。心配ないよとか言うときに”べっちょない、べっちょない”とかいうように使うそうです。このバンドメンバーがいれば安心して大丈夫だと思えるからつけたそうです。
・女の友情問題
最後は「ね〜え?」のカップリングのこの曲でした。
なんで今この曲何だろう?と思ったのですが、今回のバンドがいっしょに演るという形式だとすごく楽しくて盛り上がりました。

ということで1時間50分くらいのステージが終了しました。終わった後はもちろん、あややサイコー→バンザイという流れでした。
今回のコンサートは私にとっては今までで最高に楽しかったです。春コンの完成度も素晴らしいものがあったと思いますが、今回の方がより感激しました。(6月25日に参戦してればまた違った感想だったかも知れませんけど。)
ブラスなどのバンドが一緒になって3rdアルバムの曲を歌ってくれるという、無いだろうなぁと思っていた希望を叶えてくれたので嬉しかったです。
ギターだけでみんなを座らせて歌うシーンではバッチリ聴かせてくれて、その後はバンドも一緒に楽しむというのはメリハリがあって良かったです。
あややもバンドのメンバーもすごく楽しそうにしてくれていたので、こちらも自然と笑顔になってしまいましたし、気持ちよさそうに歌い上げるあややを見てると、ほんとに歌うことが好きなんだなと思えました。
CDで聴くと別に好きでも無かった曲が今回ライブで聴くことで新しい魅力を発見できたのも良かったです。やはり生で聴いてこそですね。
”進化ノ季節”というツアータイトル通り、”歌手 松浦亜弥”の進化を感じられたと思います。
もう次は完全に生バンドしかないですね!

戻る