2006年10月15日 後藤真希 コンサートツアー2006秋 G-Emotion 市川市文化会館

チケット

10月15日は市川市文化会館で行われた後藤真希コンサートツアー秋「G-Emotion」を見に行ってきました。
今回は昼の部だけの参戦です。ハロモニ。の途中で家を出て会場には開場時間のちょっと前、1時20分くらいに着きました。
そこで連番するIさんと会って、買うもの無いかなと思いつつ、一応グッズ売り場に行きました。で結局、生写真Bと会場限定日替わり写真を買っておきました。
生写真付きボクサーパンツなんてグッズがあって、しかも売り切れてましたw
外にいても仕方ないので会場内に入り、FCの更新をして(去年もごっちんコンで更新したなぁ)来年のカレンダーを見たりしてました。
Berryz工房だけ本日分は終了ですとなってました。なんでごっちんコンでベリだけ売り切れ?
11月で切れるFCの更新をしました。去年もごっちんコンで更新したんですよね。
今回、席は20列目だったので、まあまあです。この会場は結構見やすい方ですしね。結局、前の席が2つ空いていたのでステージ全体がとても見やすかったです。
ステージはいつも通り、真ん中奥が高くなっていて、その上にさらにせり上がる台があったりしてかなり豪勢な作りでした。イリュージョン用の仕掛けもありましたし。
2時半をまわり、ほぼ定刻に暗くなりスタートしました。
・SOME BOYS! TOUCH
まずは最新曲からでした。いきなり男性ダンサーとの絡みもあり、ちょっとエロい感じです。
・LOVE LIKE CRAZY
・LOVE缶コーヒー
そのままの路線です。なんとも盛り上がりにくいんですよね。
・横浜蜃気楼
ここでは客席全体が、来た!って感じで一気に盛り上がりました。
・ステーション
・デート注意報
で、またクールダウンです。曲としてはステーションとか結構好きなんですけど、ちょっと肩すかしを食らった感はあります。
MC
ここまで6曲一気に歌って(踊って)きて、挨拶のMCです。ソロコンサートは1年ぶりなので嬉しいです。お待たせしました。というようなことを言ってました。
・スッピンと涙。
ここで一気に雰囲気が変わってこの曲でした。最後は伴奏が消えてアカペラでした。
やっぱりこの曲は良いですね。ごっちんはこういうじっくり聴かせる曲も結構あるんだからピアノとかギターで生演奏パートとかあると嬉しいんですけどね。
MC
ここで一番長いMCでした。と言っても大した長さではなかったですが。
9月9日に韓国でデビューしたという話でした。
韓国では日本でも出しているベストアルバムに韓国語バージョンを2曲追加して発売してます。向こうに行ったときにCDショップを三軒ほどまわったら、自分のCDが並んでいてポスターや等身大ポップがあってテンションが上がったそうです。
そこでお店の人に言ってポスターにサインをしていたら、周りにいた人が自分のポスターを何度も見比べて、それからサインをねだってきたなんて話をしてくれました。
・もしも終わりがあるのなら
「スッピンと涙。」のカップリング曲です。なかなか良い曲ですよね。
・溢れちゃう...BE IN LOVE
ステージ中央上にベッドが設置されて、そこにごっちんが寝ころび、女性ダンサーと絡みながら歌うという結構えっちぃ感じの演出でした。
で、シーツというか布を被せられたごっちんがそのまま宙に浮き上がるというイリュージョンもありました。
・LOVE。BELIEVE IT
2ndアルバムの曲です。この曲の後はごっちんは退場してダンサーが残り、タップダンスなどダンスパフォーマンスを見せてくれました。
あややコンではブラスの演奏だったところになるのでしょう。以前みたいに微妙な内容のVTRで繋ぐよりはこういうパフォーマンスの方が良いと思います。
・ペイントイットゴールド
ここでもイリュージョンがありました。あぐらをかくように座ったごっちんが片手だけで棒を掴んで宙に浮かび上がっていきました。
この曲は普通に歌ってくれても十分に良い曲だと思うんですけど…
・LIKE A GAME
ここでダンサー4人の紹介がありました。ツアー後半になるとみんな覚えて声援が大きくなるんでしょうねw
・ALL OF US
ごっちんが金色のゴージャスなドレスを着てステージ中央上から登場しました。この曲は最新曲のカップリングです。こっちの方が良い曲ですよね。というか私は好きです。
MC
「ALL OF US」はアニメ「銀河鉄道物語〜永遠への分岐点〜」で使われていて、発表会でアニメを見ながらこの曲を聞いたら感動して、ウルッと来そうになった。みんなも大事な人や家族を思い浮かべながら聴いて欲しいと話してくれました。
・うわさのSEXY GUY
金色のドレスを脱いで赤いセパレートの衣装になって、後半戦行くよー!と言い、ここからは盛り上がる系の曲でした。
・エキゾなDISCO
・抱いてよ!PLEASE GO ON
やっぱり、この曲は楽しいですね。でも、なんか客席全体的に大人しめだったのは昼公演だったからでしょうか。特に私の周りは前の人はいないし、静かでした。
MC
次がラストと言おうとして、ごっちんが次が…というと、いつも通り、えぇ〜の大合唱でした。しかも今回はかなりしつこく続けてました。
ラストに私の好きな曲を持ってきました。と言ってアンコール前ラストでした。
・ガラスのパンプス
悪くはないんですが、締めにはどうよ?って感じがしました。
アンコール
・盛り上がるしかないでしょ!
アンコールはまずこの曲からでした。久しぶりに(2004年の秋コン以来)コンサートで聞けました。この曲は外して欲しくないです。でも、微妙に全体的に盛り上がり方が足りなかった気がします。夜の部なら違ったのかな?
MC
最後のMCです。ここ市川で良い思い出が出来たと思います。今回のツアー、ここの5人(ごっちん+ダンサー4人)とそしていつも応援してくれるみんなと始められたことを幸せに思います。と言うと、ごっちんコールが起きました。イエーイとピースをしてごっちんがそのコールを納めて、みんないい人だなぁと言ってくれましたw
最後はみんなで一緒に歌える曲を用意しましたと言ってラストでした。
・スクランブル
やっぱりごっちんコンの締めはこの曲しかないですよね!はじめてCDで聴いたときはこんなにみんなで盛り上がれる曲になるとは思いませんでした。

ということで約2時間の公演が終わり、やはり、ごっちんサイコーからバンザイでした。
今回のコンサートは正直なところ私としては微妙な感じでした。後半の盛り上がる曲、特に久しぶりの「盛り上がるしかないでしょ!」とラストの「スクランブル」があったので良かったですが、それまではどうにもノリにくく、かといってじっくり聴くって感じでもないのでテンションが上がりませんでした。
イリュージョンも手は込んでると思うし、いろいろやろうとしてるんだなとは思いますが、その時間があるなら曲数を増やして欲しいと思ってしまいます。
自分の中ではハロプロコンの中でもそれぞれ求めてるものが異なるように感じてます。娘。、あややなんかは終わったときに、あぁ楽しかったと思いますし、なっちなら癒されたって感じです。メロンは燃え尽きた…って感じたいです。ごっちんコンもメロンに近いものを感じたいと思っているので、そういう意味では今回の構成はどうも煮え切らない感じでした。
そうでないなら、あやや、なっちなどは生演奏を入れてきてるのでごっちんもその流れにしてくれても良かったかなと。
あちらが生演奏だから、ごっちんはその分ダンサーを入れて差別化を図ろうとしてるんだとは思いますけどね。
ああいうダンスとモーヲタって結構離れた位置にいるような気もしますし(^_^;
あくまでも私の感じ方なので今回のような構成で良かった!という人ももちろんいるとは思いますけど。
ちなみに今までのごっちんコンで一番良いかなと思うのは「あぁ真希の調べ」ですかね。

戻る