2007年10月13日 松浦亜弥 コンサートツアー2007秋〜ダブルレインボウ〜 ハーモニーホール座間

チケット

10月13日は「松浦亜弥コンサートツアー 2007秋〜ダブルレインボウ〜」初日を見に、ハーモニーホール座間に行ってきました。
あやや単独コンは去年の秋以来でニューアルバム「ダブルレインボウ」を引っさげてのツアーということでどんな内容なのか楽しみでした。
Aさんと連番することになっていて、私は電車でAさんが車で最寄り駅の相武台前駅に行くことになってましたが、Aさんから早く着きそうだという連絡が入ったので相模大野まで来てもらうことになりました。
で、Aさんの車に乗せてもらって、会場に行きました。会場は相武台駅からちょっと距離があり、かなり寂しい感じのところにありました。
市役所と併設されていて施設はすごく綺麗でした。座間市はお金持ちなんですかね?
ラッキーなタイミングで、そばの駐車場に車を入れられました。隣の車のナンバーは625でしたw
開場時間だというのに、入場列は少ししか人が居なくて、会場の周りに人はいるもののあまり活気が無く、大丈夫?って感じがしてました。
とりあえず、入場しましょうということで、建物中にはいると外から買えるグッズ売り場に列が若干出来てました。さくっと入場すると、中のグッズ列はガラガラですぐに買えました。
DVD、日替わりスタンド付き写真、日替わりリストバンドを買いました。並ばずに買えたのは良いのですが、初日でこんなで大丈夫なのかと不安になりました。荷物を席に置いてFCの半年継続をした後しばらくロビーにいました。
ずっと人が入場し続けていて、グッズ売り場も列は出来ないけど常に誰か買ってるというような雰囲気のまま時間が過ぎました。ロビー内に人は増えましたが、あまり活気はありません。
みんなベテランばかりで別に焦らなくて良いでしょっていう感じでした。ほんとにきっちり埋まってちゃんと盛り上がるのかな?という不安を残しつつ席に戻り開始を待ちました。
2階席はちょこちょこ空きがありました。7〜8割は埋まってるかなという感じです。左右が空いていて動きやすかったのは良かったですけど、初日で満席にならないのは寂しいです。
ステージはかなり奥まったところにアーチがあり、そこから幕が下りていました。ツアータイトルが映し出されていました。
開演時間5分前には注意事項の放送が流れ、ほぼ定刻通りにはじまりました。
・笑顔
会場が暗くなりステージ上に作られたアーチと幕に虹色の様々な模様が映されました。その後、幕が上がり、桃色っぽい色のドレスを着たあややが登場しました。
そして、最新シングルからでした。良い曲ですね。いきなり聞かせてくれます。
・ドッキドキ!LOVEメール
次は意外や意外、デビュー曲でした。おぉ〜というどよめきが客席から起こりました。予想外の選曲ですがいきなり盛り上がりました。
MC
まずは挨拶のMCでした。1年ぶりのソロコンサートです。1年は長いね。お待たせしました。みたいなことを言ってました。
これの前に暗い中でスタッフがごそごそやっていて何かなと思ったら、あややの両肩にひも(テグスみたいな)が付いていて、まさか、あやや空中浮遊?とか思いました。
・LOVE涙色
この曲がイントロが流れたところで、両側からひもが引っ張られてドレスがバッと2つに別れて白のノースリーブと黒いミニスカート姿に早替わりしました。なるほど、そういう演出だったんですね。
これまた懐かしい曲で、もちろん、♪LOVE涙色のところの振りは客席中ばっちり揃います。
・灯台
一転してニューアルバムからスローな曲でした。すごく良く声が延びてました。
・宇宙でLaTaTa
次は、これまたガラッと変わって、女性ダンサーが2人登場してこの曲でした。サビのところはみんな左右にブンブン腕を振ります。
途中、ダンサー2人とあややで踊るところがあるのですが、あややはダンスはいまいちかなと思っちゃいました。ごっちんコンを見た後だったりすると特にね(^_^;
あややは衣装替えのために退場して、ダンサー2人が「GET UP ラッパー」で間を繋ぎました。
・100回のKISS
あややが階段に寝そべった状態でステージ奥の壇上に下からせり上がってきました。真っ白でフード、ファーが付いたコートみたいなドレス(?)を着ていました。
久しぶりに聞きましたけど、良い曲ですね、やっぱり。
・引っ越せない気持ち
フードは脱ぎ、アルバムからこの曲を歌いました。サビの部分では力強く拳でリズムを取ります。CDで聞くよりコンサートで聞いたら気に入りました、この曲。
・女 Day by Day
ここで白い衣装は脱いで、黄緑(?)っぽい色の動きやすそうな衣装に変わりました。そしてアルバム曲の中でも明るくアップテンポであややのことを歌ってる感じのこの曲でした。
♪強くなれ”Me”、では自分を指さし、♪ありのまま”You”、で前を指さします。♪気になる”未来”、道は”長い”は膝をちょっと折って、斜め上を指さします。
客席もあっという間に覚えて、夜はもうビシッと揃ってましたw ♪がんばれB型、もあややは自分を指さします。
歌詞で、”22歳の現実”となってるところは”21歳”としてました。この曲はすごく楽しくて良いです!
・ナビが壊れた王子様
で客席も暖まった感じのところに、この曲でした。イントロが流れ出したら、おぉ〜とどよめきが起きました。みんなこの曲は好きなんですね。もちろん私も大好きです。
昼も夜も左右に余裕があったので、♪白馬に乗ってる王子様〜も、♪急がば回れ〜も思い切り出来ました。
MC
ここでのMCは昼は初日で緊張してあまり寝られなかったとか、アルバムもすごく好きなので早くみんなに届けたかったという話をしてくれました。
夜はみんな仕事とか家庭とかいろいろストレスとかあると思うけど、それをここで解消していってくれれば良いと思うというようなことを言った後、あややは家庭でストレスがたまってるという話をしました。
家族がしょっちゅう遊びに来ていて、掃除とかしてくれるし、それはそれで良いんだけど、歌詞を覚えてると後ろで歌われたり、番組を見ていちいちダメ出しされるのが嫌だと言ってました。
母親がそうなので、それを見てる妹も会話でいちいちそれで良いの?とか言ってきて、いつも新喜劇みたいだそうです。
なので、あややもここでストレスを解消していくと言ってました。

ここで一度退場しました。そしてステージ奥の幕が上がるとバンドが現れました。始まるときに生バンドじゃ無いのかと残念だったのですが、ここで登場してくれました。
ドラム、パーカッション、キーボード、ベース、ギターとばっちり揃ってます。
・blue bird
曲にあった青いドレスで登場したあややが歌いました。
・今はレットイットビー
この曲のレットイットビーに似たメロディーの流れるところは微妙に違うだけに何か引っかかっちゃいますw全体としては良い曲だと思いますけど。
・砂を噛むように…NAMIDA
この曲は生バンドだと良い感じですね。ここら辺数曲ははステージの後ろに川の風景が映し出されていたりして雰囲気がありました。
・HAPPY TO GO!
アルバムからアップテンポな曲です。ちょっとした振りがあるのですが、客席はあっという間にあややの動きにあわせていきます。さすが学習能力が高いw
MC
あややが赤と黒のブリブリなアイドル衣装で登場しました。おぉ〜と会場もどよめきます。男の人はもっとスカートの丈が短ければとか露出が多ければとか言うんでしょ?男の人って単純。と言ってました。
で、メンズは良いから、レディースに感想が聞きたいなぁというと数カ所から”カワイイ!”という声が上がりました。最近は女の子が増えてます。なっちもごっちんもそうですからね。
あややは”この声新鮮!”と感激してました。誰か男がカワイイ!と言ったら”オッサンは言わない。”と言って笑いを取ってました。(そう言ってましたよね?)
あとは、ニューアルバムについての話でした。14歳でデビューしたころは歌詞の内容とか実感は無く、想像とかで歌っていたけど、7年経っていろんな経験を積んで色んな人と出会ったりしてきて、今回のアルバムは自分の言葉、気持ちで歌えるので、すごく気に入っている。というようなことを話してくれました。
確かに今回のアルバムはあややくらいか、もう少し上年上な女性を歌ったものばかりですからね。ソロのみなさんはそういう方向性みたいです。私はこの感じは好きです。
で、昼はいつものように年齢ネタで盛り上がりました。14歳でデビュー…の時点で”えぇ〜”の大合唱です。みんな早いって。あややは良く飽きないね?私はもう飽きた。と言って流してました。
夜はジャケットの話で、良い感じに撮れたと言ったときに一部からちょっと”えぇ〜”という声が起きて、これはあややも想定外だったようで一瞬マジで驚いて凹んでる感じでした。なんでも”えぇ〜”って言えばいいってものではないでしょうに…
・トロピカ〜ル恋して〜る
アイドル衣装で出てきたからにはここら辺の曲を歌わないわけにはいかないですよね。あややの煽りにあわせて、みんなで、イェーイ!、フッフーです。
台詞のところも沸きます。なんか懐かしかったです。
・桃色片想い
そして、この曲です。夏ハロでさゆの歌うこの曲は聞きましたが(アレはアレで私にとっては素晴らしいぃものでしたがw)、まさか本物が聞けるとは思ってませんでした。あぁ本物だぁって思えてちょっと感動でした。
夜はすごいことが起きました。最前列の人がアヤンキーの人形を持っていて差し出すと、なんとあややがそれを受け取りキスをして返してました。思わずAさんと顔を見合わせて、あれはあり得ないだろう!ズルイ!と言ってました。(女の子だったみたいですが。)
・絶対解ける問題X=(ハート)
あややコンで盛り上がる曲の筆頭はやはりこの曲でしょうか。すでに定番中の定番ですけど、やっぱり楽しいですね。夜は豪快に歌詞飛ばしをして”忘れた〜”とか言ってました。
・Yeah!めっちゃホリデー
そして、アンコール前ラストはこれでした。横が空いていたので、スラッシュも、ズバッとも心おきなくできました。「すけだち」のカーテンコールで歌った”めちゃホリ”を思い出しました。
この4曲はめちゃくちゃ盛り上がりました。始まる前は、あまり汗をかくつもりは無かったのですが、もう汗ダクダクでした。席が後ろだったので飛びまくりでしたしねw
アンコール
・ダブルレインボウ
短いインターバルで、あややが黒い大人っぽい衣装で現れました。アンコール1曲目はアルバムタイトルにもなっているこの曲でした。
素晴らしい迫力で歌い上げてくれました。思わず聞き入り、魅入ってしまいました。いやぁ〜良いですね、この曲は。そしてあややの歌唱力も見事です。
最後はステージ上のアーチ2つが虹の色に染まり、ダブルレインボウでした。
MC
ここは最後のMCでバンドメンバー&ダンサーの紹介をしました。あややは”歌うのは最高に気持ちいい!”と言ってました。ダブルレインボウは本当に気持ちよさそうに”入って”歌ってる感じでしたからね。
アンコールもあと1曲となりました。と言ったところで、もちろん”えぇ〜”の大合唱でした。
・I KNOW
最後はこれまた定番のこの曲でした。この曲で盛り上がらないわけが無いわけで、めちゃくちゃ盛り上がりました。でも、私はいつも書いてますが締めは「笑顔に涙」が良いなぁと。
歌い終えて、いつも通りみんなで手を繋いでバンザイした後退場していきました。

ということで、2時間弱のコンサートが終了しました。すごく楽しめました。行く前は今回はそんなに汗はかかない構成かなと思っていたのですが、全然そんなことは無く、しっかり汗がかけました。
アルバムメインで後はどう来るのかなと思っていたら、代表曲、定番曲ばかりでした。楽しいのですが、もうちょっとそう来るかぁみたいな感じが欲しかったというのもあります。
最近のあややの傾向が脱アイドルな感じなので、それで離れていってしまってるファンもいて観客の動員が弱くなっているのも事実なので、そういう層やちょっと前のシングルは知ってるというくらいのライトなファンに来て、楽しんでもらいたいという構成なのかなと感じました。
その一方で生演奏を求めるファンも居るしということで、今回のようなちょっと中途半端な感じもしてしまう部分もあったのかと思います。
バンドはせっかくあんなにメンバーを揃えたのならずっと居て欲しかったです。特に「笑顔」は生演奏で聞きたかったですし、「引っ越せない気持ち」の間奏なんかも生なら格好いいのにとAさんと話してました。
と、まあちょこちょこ言いたいこともありますが、楽しかったですし、「ダブルレインボウ」などではあややの歌のうまさにも感動できました。それにMCも自然体で話すあややが面白かったです。
十分に楽しめるコンサートですし、やっぱり、あややはコンサートで歌ってる姿が一番魅力的ですから、多くの人に見てもらいたいです。

戻る