2007年11月18日 安倍なつみ Special Live 2007秋 〜Acousticなっち〜 東京厚生年金会館

11月18日は東京厚生年金会館で行われた「安倍なつみ Special Live 2007 秋 〜Acousticなっち〜」を見に行ってきました。
6日にSHIBUYA-AXで見ていますが、今回はスペシャルゲストも来ると言うことで変化がありそうでそこも楽しみでした。
昼夜参戦だったので、開場時間の1時くらいに会場に到着しました。いつものように連番するIさんと、Aさん、Oさんはすでに来てました。で、しばらくその場で話していて30分前くらいになったのでそろそろ入りますか、ということで入場しようと思ったら入場列が続いてます。
この時間で何で?と思いつつ列にならび入場しました。開場時間が押していたのでしょうか、それともみんなの行動がのんびりし過ぎ?
Tシャツは買おうと思っていたのでグッズ列に並びに行ったら、やたらと長く列が出来ていて最後尾を目指したら最上階(6階)まで行ってしまいました。今までここまでの長さは無かったです。
無理かなと思いつつもしばらく並んでいたのですが、微妙な時間になったので、諦めてトイレに向かいました。Iさんだけは並んでいました。
そのまま席に着いてしばらく経ってもIさんが来ません。開演時間をちょっと過ぎたくらいにIさんがやってきました。何とか買えたようで、私の分のTシャツも買ってきていただきました。ありがとうございました。m(_ _)m
開演もちょっと押していたので助かった感じです。
席は最後列右側でDVD撮影のために入っているカメラの近くでした。カメラさんに対してインカムに入ってくる指示が良く聞こえました。これがねぇ…
夜はAさんが取ってくれた6列目4連番の席で見せてもらったのでかなり幸せでしたw
今回、ステージ上には4本の木が置いてあって、ステージ奥にはカーテンがあり、その奥の壁はライトの色に染まるようになってました。また岩崎さんのところにはキーボードだけでなくピアノもありました。

変わったところや印象に残ったところを軽く書いていきます。
・くちびるで止めて
・東京みちくさ
MC
挨拶&バンドメンバー紹介MCでした。なっちは会場が広い、お客さんがいっぱいと感激している感じでしたが、このツアーはそれまでがライブハウスメインだったからですかね?
ASAMIちゃんには、こんなに広い会場で多くのお客さんの前はどう?とか聞いてました。ASAMIちゃんはみんながキラキラしてるのを付けてて綺麗、こんなキラキラしたところでやるのは初めて、みたいなことを言ってました。
・愛しき悪友へ
・夢ならば
MC
・夕暮れ作戦会議
・オギヨディオラ
MC
オギヨディオラの説明で昼は相変わらず、”どんぶらこ”と言ってましたが、夜は修正してきて、ゆらーりと言ってました。
そして、ここでいよいよスペシャルゲストの登場でした。
ある程度予想はしていたものの、誰かな?と思っていたのですが、登場するであろう、ほんの1,2分前にカメラさんに飛んでくる指示ではっきりと”保田さん”と聞こえてしまいました。思わずIさんと苦笑いでしたよ。
その瞬間、うわっ分かっちゃったよ…orz 予想通りだけど、ちゃんとなっちの口から聞きたかったと思いました。指示する方は周りに聞こえるなんて思ってないんですかねぇ…
ステージ上ではなっちが、”サックスプレイヤー保田圭!”と言ってサックスを持った圭ちゃんを招き入れました。もちろん大歓声です。
聞いたとおりそのまま圭ちゃんだったわけですが、サックスを持ってくるというのは予想外でした。
ここで2人で少し話すのですが、まあ、素晴らしいグダグダっぷりでした。ただでさえグダグダな、なっちのMCですが、圭ちゃんが来てくれたものだからすっかり気がゆるんでしまったかのような雰囲気でした。
この2人らしくて良いんですけど、これをDVDにするの?って感じでしたね。
昼は渋谷の時も話をしていた一緒に食事に言った話をしてました。幹事の圭ちゃんはかなり飲んでいたそうです。夜は圭ちゃんのサックスの先生は川野さんだという話をしてました。
それと昼も夜も圭ちゃんは”なちけめ”を結成したいと言ってましたが、なっちは微妙に、はぐらかしてるような感じでした。(というかそれを楽しんでる?)
・好きでx5
・Memory 青春の光
そして、娘。初期の2曲を歌ってくれました。イントロ、間奏では圭ちゃんがサックスの腕前を披露してくれました。サックスって格好良いですよね。
これは良かったです。感動しました。演奏も無難にこなしていましたが、何と言ってもハモりが素晴らしかったです。
当時のメンバーにあって、今の娘。に足りないものがここにあります。
MC
緊張したとか、楽しいねぇなんて、ちょっと2人で話してから、圭ちゃんは退場していきました。
で、その後はさらにスペシャルゲストとしてギターリストの徳武弘文さんが登場しました。なっちが春の25ツアーでお世話になりました。赤いリボンがオシャレですねと紹介しました。
本を出されたんですよね。と言って徳武さんが最近出された本の軽い宣伝をしてました。
・今一番のありがとう
そして、徳武さんが91年にCMソングとして作られた曲をなっちが歌いました。とってもフォークソングって感じのなかなか良い曲でした。
・トウモロコシと空と風
ここはいつも通りの振り付けの練習です。なっちが”まずは人差し指を伸ばして、グルッと回して、手をパーにしてブンブン、そうしたら、タテ波”と言って、最後は”ヨコ波です。”となるわけですが、
最後の”ヨコ波です。”は客席みんなで一緒に言ったので昼はなっちも驚いている風でした。夜ではそれも楽しみつつ、なっちは指示してました。
みんな分かってるけど、楽しいですね、これは。
MC
ここは新曲の説明のMCです。
・息を重ねましょう
・小説の中の二人
小説の中の二人の前にバイオリンを持った人が登場したので、もしや?と思ったらやはり春ツアーで演奏していた藤田弥生さんでした。
バイオリンの音が加わることによって、この曲がさらに良くなりました。聴いていて鳥肌が立ってきました。こういう曲にストリングスの音は必須ですね。
MC
素敵ですねぇと弥生さんの紹介をしてました。
・恋の花
・OLの事情
・大人へのエレベーター
今回は昼夜ともに歌詞は間違えなかったのですが、夜公演ではちょっと振りが間違ってて最後の”♪強くなること”で拳を上げるはずが、”♪ひとり知ること”と同じく人差し指を上げてました。
思わず、Aさんと顔を見あせて首をひねっちゃいましたw
MC
いつも通りの次が最後の…で”えぇ〜”の大合唱でした。昼はなっちが煽って伸ばした割に中途半端に切ったので綺麗に止まりませんでいした。
・Too far Away〜女のこころ〜
この曲もバイオリンが加わることによって、素晴らしく良くなりました。
アンコール
・ふるさと
ふるさともバイオリンが加わったのはすごく良かったのですが、せっかくなら圭ちゃんに出てきてもらって、ハモって欲しかったですね。
MC
やはりツアーTを着てきました。岩崎さんと弥生さんは第2弾の鍵盤の方で他のメンバーはギターでした。夜はなっちが”おそろいの人〜”と言ったので、ハーイと手を挙げておきましたw
鍵盤の柄のタオルも宣伝してました。商売上手ですねぇ。
MCの内容は前と同じ感じで、長い人の歴史の中で今、生きていて、こうやって出逢えたこと、同じ空間で楽しんだり感動したりできることに感謝してますというような内容でした。
しかし、夜は何かすごくグダグダでしたw、途中で”みんな、なっちのこと好き?”なんて聞くものだから客席はもちろん大歓声です。好きだから今ここに来てるんだって。(^_^;
・愛しき人

ということで、約2時間のコンサートでした。
基本的な内容は渋谷で見たものと変わりませんでしたが、スペシャルゲスト”サックスプレイヤー保田圭”の登場ですごく盛り上がりましたし、なっちも圭ちゃんも楽しそうで良かったです。
ハモりが素晴らしかったですね。今の娘。はこういう聞かせる要素が実に弱いのでもっと頑張って欲しいですし、楽曲の作りもみんなが順番に歌う今のパート割りではなくて、例えば、ほぼ全編愛ちゃんが歌って、それ以外はハモりとかいうのもアリだと思うんですけどね。
あと、ゲストが圭ちゃんだけでなく、徳武弘文さん、藤田弥生さんが来てくれたことによって演奏に厚みが増して素晴らしかったです。
今年のなっちコンは春秋共に本当に良い内容だったと思います。楽曲も良かったですしね。来年以降も期待できそうです。

戻る