2008年1月27日 Hello!Project 2008 Winter 決定!ハロ☆プロ アワード'08 横浜アリーナ

チケット

1月27日は横浜アリーナで行われた、ハロー!プロジェクトコンサート「Hello!Project 2008Winter 決定!ハロ☆プロ アワード'08」を見に行ってきました。
昼の部が早くて12時半開場だったので、12時10分過ぎくらいに新横浜の駅に着くと、駅前の本屋ではハロー!関係の本が店頭で売られ、いつも通り非公認の出店も出てました。
会場に着くと、すでにいつものみんなが揃ってました。しばらく話したあと、寒いので早めに会場に入りました。
恒例の運試しは、昼公演後に、メッセージ入り写真でやりました。6枚買った内、3枚だけみんなでシャッフルしてみました。
結果は、一枚目を開けたらいきなり、さゆ! もうこれで後はどうでも良くなりました。あとは亀ちゃんが出たのは良かったのですが、それ以外は…まあねぇ。1111さんが色々と売りに出していたので、友理奈を買い取っておきましたw
あと、夜公演前はトイレに行こうと思ったらあまりの長蛇の列でビビリました。横アリって男便所の数が全然足りません。女便所は空いてるっぽいんですが。
今回の席は昼がファミリー席のスタンド、夜はアリーナB16列ということで、ちょっと悲しい席でした。
ステージ構成は、最近の横アリのパターン通りで、全体を横に使い、北にメインステージ、外周を花道が取り囲んで左右と正面にサブステージがありました。
アリーナ10列目以降は前の花道に誰かが通っても全然見えないのですごく悲しいことになってました。
去年の転落事故の影響で、スタンド席は全部ファミリー席で立ち上がれず、それ以外にアリーナの正面サブステージ前は奥まで、それ以外のアリーナは前3列がファミリー席になっていました。
普通ではあり得ないくらいファミリー席が多かったです。これは私たちのように花道に近い席でガッつきたいという輩が多かったから、その罰ゲームでスタンドもファミリー席だったのかと言いたくなるくらいでした。
馬面さんとヴォランチさんは奇蹟のアリーナ最前に陣取ってましたが…orz
さて、昼夜共に10分ほど遅れてのスタートでした。
MC
まずは司会のまこととやぐちが現れました。今回はちょっと趣向が異なり、ハロ☆プロ アワードということで、いろいろな賞を発表して、そのあとに歌うという形になっていました。
最初に発表されたのは ハロプロエッグ 「あったまってきたで賞」でした。
・LOVEマシーン(エッグ→全員)
エッグがメインステージに現れ、千手観音をやって歌い始めました。途中から全員が両サブステージから登場しました。
・青空がいつまでも続くような未来であれ(℃-ute以外全員)
そして、全員でこの曲でした。良い曲なんですけど、最初よりも最後の方に持ってきて欲しい曲です。トレインもやりたいですしね。
MC
ここで一度全員退場して、メンバー紹介のVTRが流されました。
そして、まこと、やぐちが出てきて賞の発表でした。
℃-ute 「日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞したで賞」
Berryz工房 「最年少記録でさいたまスーパーアリーナのコンサートを成功させたで賞」
美勇伝 「だいぶハミ出してセクシーダンスで賞」
℃-uteの最優秀新人賞が言いたかっただけじゃないかという気もしますけど。
・LALALA幸せの歌 (℃-ute)
この曲は℃-uteがシングルで出すんですね。何かカップリングくらいで十分ではないかと思うのですが。
・付き合ってるのに片思い(Berryz工房)
左右サブステージから登場して、正面サブステージに移動だったと思います。ショートバージョンだったので、”桃子に片思い”は無かったですw
・じゃじゃ馬パラダイス(美勇伝)
メインステージから正面サブステージ、左サブステージに移動だったかな? この曲はどうにもノリにくい上に移動しながらで振りもちゃんとできないのでさらに微妙だったかと。
MC(美勇伝)
ここで美勇伝の解散に関するMCでした。
見に行った27日はすでに知っていたのでショックとかは無かったですが、初めて知ったときはショックでしたし、自分たちでつんく♂と相談して決めました。というコメントも納得いかないです。
2007年春のコンサートに行って、ユニットとしてすごくまとまりを感じたし、人形劇は面白いし、楽しいコンサートで今後は絶対参加だと思っていたので、今の時点で解散はして欲しくなかったです。
ベストアルバムが出た時点でちょっとイヤな予感がしたのは事実ですけど。

そのあとは賞の発表の続きでした。
前田有紀 「シニアグラフィティでも頑張ったし演歌界でも盛り上げていくで賞」
安倍なつみ 「モーニング娘。をちゃんと記念したで賞」
矢島舞美 「ナイス汗ほとばしるで賞」
メロン記念日 「めっちゃええライブで賞」
音楽ガッタス 「最多メンバーで賞」
・相愛太鼓(前田有紀)
ドンドコドン、ゆきどん!コールが楽しいですね。誰が考えたんでしょう?w
・16歳の恋なんて(安倍なつみ&矢島舞美(℃-ute))
ある意味、今日のメインでした。次に生で聴ける機会はなかなか無さそうですから。メインステージで歌ってました。良いですね、このユニット。次もお願いします。
1番のPPPHは”まいみ”で2番は”なっち”でした。両方とも叫んで跳んでおきましたが、やはり2番の方が大きかったですかね。
・お願い魅惑のターゲット(メロン記念日、バック:モーニング娘。)
ここは今日一番というくらいに盛り上がります。さすがに何回もやってますからみんな覚えているんでしょうね。
でも、こんなに盛り上がれるなら、みんなメロン紺行こうよ。と言いたくなります。
・やったろうぜ!(音楽ガッタス、バック:ハロプロエッグ)
メインステージから三方に広がっていきました。こっちはだいたい振りは覚えました。
MC(吉澤、里田)
そのまま、よっすぃーとまいちゃんが残ってMCでした。
よっすぃーには「明らかにフットサルに貢献してるで賞」、まいちゃんには「ベストブレイク賞」が送られてました。
確かにこれは納得ですね。まいちゃんは今やハロプロ内で知名度はトップクラスですよね。
まいちゃんは音楽ガッタス内のエッグの子達に慕われていて、精神的ケアをしてると話してましたが、会場はえぇ〜って感じでした。
よっすぃーは、春のツアーは、音楽ガッタスは体力があるので、ハロプロで一番運動量の多いコンサートにしたい、アルバムが2月6日に出てコンサートまで7,8,9と3日間あるので、一夜漬けで覚えてきて欲しいと言ってました。
そして、また賞の発表です。
月島きらり 「ベストきらりん賞」
アテナ&ロビケロッツ 「ベストキャラクター賞」
あやや 「ベストCM女王賞、舞台 すけだち奮闘賞」
・チャンス!(月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)、バック:ハロプロエッグ)
この一曲だけになってしまいました。ワンダフルハーツのコンサートの時より、”きらりとね”などのかけ声は大きくなってました。
・青春!LOVEランチ(アテナ&ロビケロッツ)
”ハイハイハイハイ”のところが何気に楽しい曲です。
・I Know(松浦亜弥、バック:高橋、亀井、道重、田中、ジュンジュン、リンリン、三好、岡田、メロン記念日)
さすが、あややという感じの余裕すら感じる雰囲気でした。もう散々使われた曲なので飽きたといえば飽きましたが、やはりあの会場の人数で”Oh! Yeah”の振りが揃うのは見ていて気持ちいいです。
バックではさゆがロボキッスの時の衣装で踊ってました。
MC(松浦)
ここでは、あややのMCでした。
昼:CMで森光子さんとお仕事をさせてもらって、とてもパワフルな人で驚いた、今でも一日に150回(だったかな?)のスクワットをしていると言うことで、やって見せてもらった。お弁当も全部食べていた。
夜:「すけだち」では松浦亜弥ではない子を演じて、泣きそうな場面なんだけど泣かないという演技が出来た。涙が似合わない強い子なので泣かない方がよいと思った。
というような感じの内容でした。

次に発表されたのはこの3組でした。
中澤裕子 「最年長賞」
安倍なつみ 「ベストフォトジェニック賞」
モーニング娘。 「グローバル化したで賞」
そして、娘。の中ではさゆだけひとりで「小悪魔写真集で賞」をもらってました。
やぐちが裕ちゃんのところだけ、やけに楽しそうに最年長を強調するかのように話していたのがちょっと面白かったです。
・だんな様(中澤裕子)
アリーナ最前辺りに、すごく必死にサイリウムを振っていたメタボな感じの人がいましたw
・息を重ねましょう(安倍なつみ)
良い曲ですが、なっちがこれ一曲だけはちょっと寂しい感じもしました。
・みかん(モーニング娘。)
メインステージから正面サブステージに移動しながら歌ってました。移動すると振りも微妙になっちゃうんですよね。

MC(安倍)
そして、なっちのMCでした。
10年記念隊のコンサートは盛り上がって、お客さんとの一体感がすごくて、今でも覚えていてこれからも思い出すと思う。
と、記念隊のコンサートの感想を語ってました。言い過ぎじゃないの?って感じもしましたが、ごっちんと一緒にやった最後のコンサートですしね…
あと、フォトジェニックに関しては、まことにつんく♂さんがどのページのどの写真をみて、安倍がフォトジェニックやなって言ったのか聞いておいて欲しいと言ってました。

最後の4組の発表でした。
Buono! 「ベストイェイイェイ!賞」
アヤカ 「ベストスマイル賞」
稲葉貴子 「舞台作品最多出演賞」
保田圭 「舞台&ディナーショーに貢献したで賞」
矢口真里 ハロプロ名司会者賞

・恋愛ライダー(Buono!)
イェイイェイ賞なら「ホントのじぶん」を歌ってくれって話ですよ。この曲も良いんですけどね。やはり、振りマネか、のるか微妙な感じでした。次回までには。
・印象派ルノアールのように(稲葉、アヤカ、里田、前田)
アヤカのベストスマイル賞って取って付けた感がし過ぎます。仕方ないんですけど。オリジナルのメンバーがいるのに他のメンバーで歌うのはちょっと納得行きません。曲は好きなんですが。
・乙女の心理学(保田、矢口)
2期コンビがメインステージで歌いました。この曲は楽しいしこの2人というのも良いですね。
・友情〜心のブスにはならねぇ!〜(ワンダフルハーツ)
出だしは、さゆのもっとも長いパートで見せ場です。夜は席に近い側のサブステージで歌い始めだったのですが、後ろ向きだし、頭くらいしか見えないしで残念でした。
とりあえず、オイ!オイ!騒いでおきました。
MC(モーニング娘。)
ここでは娘。のMCだったのですが、何かいまいちでした。まことが愛ちゃんに”先輩達に気を遣ったりする?”と聞くと愛ちゃんが”全然そんなことないですよ。中澤さんの膝の上でウッキーってやってます。”と猿のマネをしました。
会場は何となく、え?何やってるの?と軽く引いた感じになりました。やぐちがどうしたの?みたいなことを言うと、また”ウッキー”、今度はやぐちも”ウッキー”とやって何か2人で通じ合ったような感じに。
うーん、これはよく分かりませんでしたね。何でここでふざけたネタMCをやる必要があるのかが。
ガキさんは、ジュンジュン、リンリンの日本語が上手くなってきたのに、リーダーの福井弁が抜けないと言ってました。
その後は春ツアーの告知で、れいなが今までのシングルを全部歌います。と言って、さゆが3月21日からです。と日程を説明しました。
シングル全部歌うってマジですかね?36曲になると思うので、どうやっても無理ですよね?変なメドレー連発とかにならなければ良いんですが…
どうせならファンにアンケートを取って人気の曲とかやってくれれば良いんですけどね。

ここからは後半戦でノリの良い曲が続きました。騒いでおきました。
・都会っ子 純情(℃-ute)
・スッペシャルジェネレ〜ション(Berryz工房)
好きですけど、使いすぎではないですかね。
・鳴り始めた恋のBell(音楽ガッタス バック:Berryz工房、℃-ute)
サビのところの振りが出来そうで微妙に間違えちゃうんですよね。
・Yeah!めっちゃホリディ(松浦亜弥 バック:音楽ガッタス、Berryz工房、℃-ute)
あややのお客の煽り方は手慣れたもので、さすがだなぁと感じました。でも、あややって手を抜いてるとは言いませんけど、ハロコンとソロコンで何か違いますよね。
・ラヴ&ピィ〜ス!HEROがやって来たっ。(モーニング娘。)
・ボン キュッ! ボン キュッ! BOMB GIRL(モーニング娘。 バック:Berryz工房、℃-ute)
これは歌わなくて良いんじゃ無いかと思うのですが?
・恋するエンジェルハート(美勇伝、ワンダフルハーツ、ハロプロエッグ→全員)
美勇伝解散と聞くと何かこの曲も感慨深いものがありました。せっかくこんな楽しい曲も出来たのに解散なんてねぇ…
・恋愛レボリューション21(全員)
この星は(なっち)、美しい(あやや)はエルダーと同じでした。でも、もう誰がどこにいるのかさっぱり分かりませんでした。
MC
全員で挨拶のMCでした。
夜の部では、裕ちゃんが、明日(28日)でモーニング娘。がデビューして満10年になります。そんな日にこういう素晴らしいライブが出来ることを幸せに思います。それもこうやって支えてくださるファンの皆さんのおかげでです。
というようなことを話して、なっちの方を見ると、なっちは口の両端が下がって、うぅ〜と泣きそうな顔になってました。裕ちゃんが”泣くなよ〜。”と言いましたが、なっちは泣いてしまって、客席からは、大なっちコールが起きました。
これは見ていて、うるっと来ました。
やぐちの挨拶のピチピチフレッシュな25歳は誰も拾ってくれず、ちょっと悲しい感じでした。

・ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!(全員)
そして、最後のこの曲になりました。
裕ちゃん、なっち、やぐち、圭ちゃんと映ると、やっぱりこのオリメン、2期メンの絆は固いんだなと感じました。この曲を歌ってるとき、そして歌い終わったあとの裕ちゃんの何とも言えない、この10年間の想い出を噛みしめるような表情が印象的でした。
この曲を聞いていて、決して当時のフルメンバーが揃うことがないんだなぁと時の流れを感じました。

ということで、約2時間のステージが終了しました。
昼夜ともにあまり席も良くなく、特に夜は手前が全然見えなくて残念でした。内容的には〜アワードと言って紹介していくのも年に1回くらいならこんなやり方もありかなとは思いました。
それにしても、横アリでこのステージ構成だと、みんな忙しそうでたいへんです。時には全力疾走してますからね。あれじゃ口パクにするしかないですよ。
見ていても誰がどこに居るんだかよく分からないですし、もうちょっと落ち着いて歌ってくれても良いと思います。
全員でのハロコンはこんなものだよなという感じはします。ただ、今年は一昨年の、プッチモニ、去年のさくら組、おとめ組みたいなサプライズが無かったのが残念でした。
しかし、夜公演でのなっちの涙と裕ちゃんの表情で全部OKという気分になりました。結局、最後はなっちが全部持って行くんだなと感心すると同時に、この10年はなっちの10年だったのかなと、改めてなっちあってのハローだと思いました。
美勇伝の解散については前の日に聞いていたので、その場での驚きは無かったですが、ショックです。今後3人がどういう活動をしていくのか気になります。梨華ちゃんはガッタスや娘。OGというネームリューなどあります。唯ちゃんはまだ、バラエティはありかなと思えます。三好ちゃんはどうするのかなと…
何か新たな展開を考えてのこのなら良いんですけどね。

※セットリスト、賞はセンチュリーランドを参考にさせていただきました。

戻る