2008年6月25日 松浦亜弥 コンサートツアー2008春 〜AYA The Witch〜 東京厚生年金会館

6月25日はあややの誕生日ということで、東京厚生年金会館で行われた「松浦亜弥 コンサートツアー2008春 AYA The Witch」にお祝いをしに行ってきました。
平日なので、もちろん会社だったのですが、半休を使って参戦しました。”私用のため”ということでw
会社を出るのがちょっと遅くなってしまったので、会場に着いたのは開場時間を過ぎてからでしたが、一緒に参戦する、なち亀さん、三色の船乗りさん、ヴォランチさんとお会いしました。
コンサート内容自体はこれまでと変わりはありませんでした。生誕祭らしかったところを簡単に書いておきます。
・From That Sky〜替え玉は硬メンで〜
・絶対解ける問題 X=(ハート)
MC
最初のMCで22歳になりました。と報告がありましたが、21歳から22歳になっても特に何もありません。みたいなことを言ったので、もちろん、えぇ〜の大合唱です。
でも、みなさん私より年上の方がほとんどだと思いますが、思い出してみて何かあった?と言われちゃいました。まあ、そうなんですけどね。
また、早く30歳になって、貫禄が欲しいと言ってました。これからの20代、山あり谷ありでいろいろ経験していきたいと言ってました。
22歳にしては貫禄あると思うんですよね。年齢詐称疑惑が出るくらいですからw
・ソウルメイト
・オシャレ!
・女 Day by Day
もちろん、”22歳の現実”と歌ってくれたので、おぉ〜と歓声があがりました。
・ひとり
MC
誕生日を迎えて、おめでとうメールは初めに家族から欲しかったという話でした。12時0分くらいにメールが来て、誰かと思ったら愛ちゃんだったそうです。しかも”亜弥ちゃんお誕生日おめでとう。”という素っ気ない内容だったそうです。
一応気を遣って、5分くらいはメールしないようにしてくれれば良いのにと言ってました。結局、家族からは昼頃になってやっと来たそうです。
愛ちゃんとのツーショットが想像できないでしょう?とか、付き合い方までとやかく言われたくないとか、コンサートで言ってしまう、今のあややはすごく良いですw
・ドッキドキ!LOVEメール
・デート日和
・初めて唇を重ねた夜
・夕暮れ
寸劇?「AYA The Witch」
鏡のネタですが、1,2回目は初回と同じ感じで特にひねりはありませんでした。3回目は、世界一番、ピッチピチで…と言ったところで、えぇ〜、優しくて…、えぇ〜となったので、あややは咳払いでした。
最後は、ビシッと”あやや〜”の声が揃いましたけど。
あややは出てきて調子に乗りすぎました。と言ってましたw。
MC
きずなに関しては今まで通りの内容でした。
・きずな
・ダブルレインボウ
MC
ここでも今まで通り、のびをしたり声出しをしたりして、ラストスパートへの準備でした。
・恋してごめんね
・奇跡の香りダンス。
・The美学
・Yeah!めっちゃホリディ
アンコール
今回は青サイ祭りを計画されている人たちがいて、入り口で青いサイリウムを2本渡されました。毎回、企画してお金を出している人はたいへんだと思います。ありがとうございます。
一昨年は白にして、今はピンクという感じでもないから青にしたということですが、まあ無難なところかなと思いました。
あややコールの中、徐々に青い光が広がっていくさまはやはり良いものですね。
・LOVE涙色
みんな青サイを持って、曲の振り付けをしたので、気持ちよく揃ってました。
MC
で、MCになったのですが、何故かもう一度、LOVE涙色のイントロが流れ始めました。あややも客席も、ん?何?と思っていると、サプライズゲストとして、エアあややのはるな愛が登場しました。
歌はただのオッサン声なのでやめて欲しいです。
ぶっちゃけ、いらねぇと思いましたが、ここは盛り上げておかないと、あややに悪いし、こっちもつまらないなと思って盛り上がることにしました。
あややは、はるな愛は仕事で間に合わないから来ないと聞かされていたそうです。
三つ星パティシエが作ったというケーキが登場して、"HAPPY BIRTHDAY AYAYA"という看板?も降りてきました。ハッピーバースデーの大合唱です。これももちろん生演奏です。
で、ロウソクを吹き消した後は、なぜかお約束なってしまっている顔面ダイブです。ダイブしても見栄えのする生クリームだらけのケーキでも無いし、勿体ないと思うのですが…
続いてはるな愛もやらされてました。ゴンッと音がしてました。赤いケーキだったので、2人して真っ赤な顔をしてました。
その後は、はるな愛が生演奏、歌も本物の生歌でエアあややというとんでもなく贅沢なことをしてました。これってこいつが一番得してないか?って思いました。
ちゃんと見たのは初めてだったんですが、振りはミラーだし笑いを取る場所以外のところは適当だし、なんだこんなもんなのかと思いました。
でも、ちゃんと普段通りに盛り上がっている客席を見て、みんな優しいなぁと思いましたw
ま、あややの名前をテレビで出してくれるという点においてはがんばってくれとは思います。
・YOUR SONG〜青春宣誓
あややは真っ赤な顔のまま、次の曲に行きました。この曲を聞いて救われた感じがしました。すごく良かったです。
・笑顔に涙 〜THANK YOU! DEAR MY FRIENDS〜
そして、最後の曲でした。最初は普通に歌ってましたが、途中で泣いてしまって、詰まってしまいました。
こちらもそれに釣られて泣けてきました。もうあややも客席も、まさに”笑顔に涙”でした。
あぁ〜、今日来て良かったとつくづく思いました。
最後、退場前に挨拶をしてくれて、スッとマイクを外して生声で”どうもありがとう”と言ってくれました。この瞬間、一瞬で客席がシーンとしたのには感動しました。
全員がちゃんとあややに注目していたから出来たんでしょうね。

ということで、あやや22歳の誕生日コンサートは感動の中、終了しました。
最近のあややは変に飾らず、素直に自然体で居てくれるように感じます。アイドルらしい曲も歌い上げる曲もどっちも無理なく自然に聞かせてくれて、メリハリがあって楽しいです。
やっぱりあややコンが最高だと、そう思える生誕祭でした。参戦できて良かったです。

戻る