2008年8月16日 ℃-ute コンサートツアー2008夏 忘れたくない夏 松戸森のホール21

チケット

8月16日は「℃-uteコンサートツアー2008夏〜忘れたくない夏〜」を見に松戸森のホール21に行ってきました。
ハロコンや合同コンなどでは何回も見てますし、ファンイベも行きましたが、単独コンは初めてです。ほとんど予習はせず、シングルしかよく分からない状態で参戦しました。
なち亀さんと一緒に、車で来た三色の船乗りさんに新八柱の駅で拾ってもらって会場に向かいました。はや〜く行けば、まのえりと握手できる可能性もありましたが、諦めました。
外のグッズ列は混んでいたので、素直に入場列に並び、すんなりグッズ売り場に行けました。あまりグッズを買う気は無かったので、まのえり、舞美の日替わりと全員写真を一種類、ピンナップポスターを2枚だけ買いました。
ピンナップポスターは舞美と梅さんでした。屋外で撮っていて良い写真だと思います。
席は昼が11列でそれなりに近く、夜は2階2列目でした。夜の席はその前が座っているので、かなり見やすく、遠いけどステージ全体がよく見えたので、これはこれでありだなと思えました。
ステージは左右に階段があり奥が高くなっていて中央上にスクリーンがあるというオーソドックスな作りでした。
普段も始まる前に音楽が流れていますが、なぜか今回はマツケンサンバが流れました。何で、コレ?と会場がちょっとどよめきましたが、しまいには手拍子したりかけ声したり、ロマンス打つやつがいたりと何となくのってました。
アホで良いですねw

さて、今回は℃-uteの前座として、まのえりが一曲歌いました。3年前は℃-uteが前座で出ていたわけで時の流れを感じます。
・マノピアノ
ステージの真ん中にピアノが用意されていました。この日も堂々と弾いて歌ってくれました。声援もかなり飛んでました。
いつかこんなステージでコンサートやりたいというようなことを言ってました。出来るでしょうね、きっと。
で、まのえりが退場してちょっと間が空きました。

そして、今度は℃-uteが登場です。一度静かになった会場も一気に盛り上がります。
・江戸の手毬唄II
微妙な曲かなと思ってましたけど、聞いてるうちにだんだん良いかもと思い始めました。振り付けもちょっと分かってきましたし。
・涙の色
この曲は良いです。クラップも楽しいですし。
ここで一度退場です。
紹介VTR(ドドンガドン音頭)
ドドンガドン音頭にのせてまるで”笑点”のような紹介VTRでした。
MC
みんな出てきて挨拶のMCです。
・ほめられ伸び子のテーマ曲
・スイーーツ→→→ライブ(岡井、有原)
・イメージカラー(矢島、鈴木)
ここの3曲はアルバム曲なので私は良く知りませんでしたので、適当に雰囲気でのっておきました。
ほめられ伸び子は人差し指をツンツンしたりして楽しいです。
MC(英語寸劇「Good Morning」)(岡井、萩原、有原)
岡井ちゃん、まいまい、栞菜3人での英語寸劇でした。みんな結構やるじゃんと思いながら見てました。特に岡井ちゃんは長い台詞もバッチリこなして会場から、おぉ〜と声が上がってました。
ツアーが進んでいくと客席が合わせて声を出すようになるんじゃないかと思います。”ノリツッコミー”とかw
・桜チラリ
この曲はハロコンのひな壇を見て覚えました(失礼な話ですが)。手拍子が楽しいです。
・乙女COCORO
・最高級のエンジョイGIRLS
愛理と舞美が間奏にタップダンスを披露しました。格好良かったです。会場も沸いてました。夜は上からよく見えたのでさらに良かったです。
MC
愛理がひとりでMCでした。ネタものじゃないMCはここだけです。
昼はオリンピックにちなんだ話でした。オリンピックを見ていたら、愛理のお母さんもゴルフをやっていてアジア大会(だったかな?)の代表選手になったことがあってその時の選手村も美容室があったりお店があったり大きくてすごかったという話をしてくれたそうです。
が愛理はそれよりもそこに行った、お母さんがすごいと思ったと言ってました。会場からは拍手でした。
夜は、学級委員の話でした。去年のコンサートで学級委員になったという話をしていたみたいです。それで今年もやろうと思ったら、やりたい人〜と言われて、みんなが手を挙げたので諦めたそうです。
去年は誰もいなかったので、”ハイ”と手を挙げて決まったそうです。で、今年は同じような状況で文化委員になったと言ってました。でも文化委員の仕事は文化祭の準備や片付けだからまだ何も仕事はしてないとのことでした。
・通学ベクトル(鈴木)
そのまま愛理がソロでこの曲でした。会場のテンションもガンッと上がりました。さすが愛理は人気ありますね。
すごく盛り上がって楽しい曲です。
・晴れのプラチナ通り(萩原、中島)
これも3rdアルバムの曲ですね。やはり、買っておくべきでしたね。
・めぐる恋の季節
・LALALA 幸せの歌
この2曲は良く知っていて、しかも楽しい曲でした。めぐる恋の季節の時の舞美は必死な笑顔だなぁと思います。
LALALAは最後の方の手を振り続けるところがちょっとしんどいですけど、こんなに楽しかったっけ?と思えました。
MC(寸劇)(矢島、中島)
舞美とナッキーで”忘れたくない夏”にちなんだ寸劇でした。ソフトボール部レギュラーの舞美と2軍のナッキーが最後の大会を振り返るという内容でした。
舞美がかなり天然でグサグサと人を傷つけることを言うあたりや、いきなりスクワット(しかもヲタが数えるw)を始めるあたりが笑いどころでした。
℃-uteってこういうところでキャラ付けをはっきりしていく方針なんでしょうか?
・忘れたくない夏
そして、手毬唄のカップリングでツアータイトルにもなってる曲でした。ミドルテンポでなかなか良い曲だと思います。
・ダイアリー(矢島)
舞美があややの曲を歌いました。イントロが流れたときに、ん?なんでこの曲が流れるんだ?と思ってしまいました。
舞美が小学校高学年の時に好きで学園祭ってどんななんだろう?と思いながら聞いていた曲だと説明してました。(でも昼は小学校6年生、夜は5年生って言ってたんですよね。どっちが正解?)
歌うこと自体は良いのですが、途中の台詞やコーラスがあややの声のままだったり、無理矢理ショートバージョンだったところは気に入りませんでした。
この曲は歌詞からしても全部歌わないと意味がないし、台詞もその場で言うか舞美が録りなおすかして欲しかったです。
・夏(梅田、萩原、中島、有原、岡井)
続いて、メロン記念日の曲を5人で歌いました。夏にちなんでというところですが、また微妙にマイナーなところを持ってきたものだなと。本家が歌ったのを聞いたのはいつだったか…
・大きな愛でもてなして
・わっきゃない(Z)
初期の曲が2曲続きました。℃-ute単独コンは初でもかなり何回も聞いてる曲です。OhYeah!のところとか振り付けも楽しくて良いです。
・JUMP
ここら辺はかなり死ねる曲の連チャンでした。この曲は文句なく楽しいです。
その上、会場みんなで合唱するところがあり、ちょっと感動的でした。良い曲ですね。
・都会っ子純情
そして、アンコール前はやはりこの曲でした。”Are you ready”の大合唱で始まりますw
この曲はすごく℃-uteらしい振り付けだと思います。動きにキレがありますよね。
アンコール
アンコールの声は”℃-ute、℃-ute”でした。そういうものなんですね?
MC(テンションあげ子)
アンコールでメンバーが出てきますが、梅さんがいません。あぁ、なるほどそういうことかとw
ナッキーが”テンションが高くて…”と言ってしまったので、ド派手な衣装のテンション上げ子が登場しました。
”あーた、今、テンション高いって言わなかった?言わなかった?”とか”使ったタオル、使ったタオル”、”ついついうっかり、ついついうっかり”など定番と思われるやりとりが行われました。
会場の一体感もすごく良い感じです。きっと毎回参戦してる人にはマンネリなんでしょうけど、盛り上がりますね。
・That's the POWER
そして、この曲でした。みんなして”使ったタオル”でタオルをグルグル回しました。
MC
最後の挨拶のMCでした。
・まっさらブルージーンズ
最後はこの曲で盛り上がって終了です。ある程度振り付けを覚えていって正解でした。楽しかったです。

ということで、約1時間50分のコンサートは終了しました。
℃-uteは楽しく盛り上がれる曲が多く、会場が暑かったのもあり、めちゃくちゃ汗をかきました。かなり満足感のあるコンサートだったと思います。
MCらしいMCはほとんど無く、寸劇みたいな感じだったりしますが、何それ?というようなものではなく、楽しめるものだったと思います。さすがにツアーで同じものを何回も見せられると辛いかも知れませんが。
まだ、それほど曲数が多いわけでないからという部分もあると思いますが、毎回セットリストにそれほど大きな変化は無く、メロン記念日のようにファンが盛り上がりたいと思う曲を並べるような構成になっているのかなと思いました。
メンバー内の人気ではやはり、愛理、舞美が抜けていて、その次にナッキーが来るのかなと感じました。
あと、八王子も参戦予定ですが、楽しみにしておきます。

戻る