2009年4月29日 安倍なつみ 三文オペラ Bunkamuraシアターコクーン

4月29日はなっちが出演している舞台「三文オペラ」を見に、渋谷のBunkamuraシアターコクーンに行ってきました。
宮本亜門演出で有名な題材、出演者も三上博史、デーモン小暮閣下、松田美由紀、米良美一など有名な方々が出演する本格的な音楽劇で、上演時間3時間とかなり長丁場でした。
予備知識無しで見に行ったので、完全に内容を把握できたとは言い難かったです。
東京千秋楽ということで昼の部だけでしたので、12時半くらいに会場に着き、待っていたらチケットを取ってもらったなち亀さん、三色の船乗りさん、青赤のガス屋さん、1111さん、bnさんと意外に知り合いが多くなりました。
中に入ってみると、ステージから客席の真ん中にある小さなサブステージまで、ベニヤ板で出来ていて工事中という雰囲気でした。これはどういうことだろう?と思いましたが、劇中に結構な頻度で出演者がステージから客席の間を通ってサブステージや脇の出入り口と行き来していました。
席はそのサブステージのちょっと後ろだったので、そこそこ近くで閣下を見たりできました。
あらすじは以下です。(Bunkamuraのサイトより)

はじまりは歌。歌手(米良美一)が「メッキ・メッサーのモリタート」を歌っている。歌のモデルは色男の悪党、盗賊団の親分であるメッキ(三上博史)だ。
彼は乞食商会の社長ピーチャム(デーモン小暮閣下)の一人娘ポリー(安倍なつみ)をたらしこみ、親に内緒で結婚式を挙げてしまう。
メッキとは持ちつもたれつの警視総監ブラウン(田口トモロヲ)は二人を祝福するが、収まらないのはピーチャム夫妻(松田美由紀)。
大事な商品である娘をさらわれまいと、ポリーに別れるよう説得するが、娘は耳を貸さない。そこで夫妻は警察を利用し、メッキを逮捕させる計画を立てる。
危険を察知して身を隠すメッキ。だが、かつて情婦だった娼婦のジェニー(秋山菜津子)に裏切られ、逢えなくお縄に。
牢獄ではメッキの恋人の一人でブラウンの娘ルーシー(明星真由美)と、ポリーが鉢合わせして大喧嘩に。メッキは隙を突いて牢獄から逃亡するが…。

登場人物はみな奇抜な白塗りメイクと衣装で、閣下の素顔はむしろ自然という状態でした。
なっちは今までと全く異なる非常に俗っぽい雰囲気の役でした。歌を歌うとなっちの声だなと思いましたが、メイクもパッと見では最早誰だか分からないくらいでしたし、演技もこれまでのイメージとは異なり新しい部分を見ることが出来たと感じました。
なっちファンとして見に行って、なっちらしさが見たいと思うとあまりの違いに驚きますが、なっちのさらなる可能性を感じ、去年のトゥーランドットに続き、なっちすげぇと思いました。
話は全体としては難しくて展開が理解できないというわけではないのですが、何と言ったら良いのかよく分からないというのが素直な感想です。
特に最後は、え?何それ?という終わり方で、それも風刺が効いているということだと思いますし、だから「三文オペラ」ということだと思います。
ただ、演技、歌、舞台装置などどれも迫力があり、それに圧倒されているうちに終わったという感じがします。

戻る